ニュース
» 2008年11月12日 08時21分 UPDATE

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」がリリース

Mac上でWindowsやLinuxなどのOSを動かすことを可能にする「Parallels Desktop for Mac」の最新バージョンがリリースされた。

[ITmedia]

 仮想化ベンダーの米Parallelsは11月11日、Mac上でWindowsやLinuxなどのOSとMac OS Xとを並行して実行できる「Parallels Desktop for Mac」のバージョン4.0をリリースした。

 新版は旧版と比べてOSの統合が改良され、処理速度も最高50%向上、セキュリティ機能も強化したという。

 Parallels Desktop 4.0 for Macは、新たにDirectX 9、DirectX Pixel Shader 2.0、OpenGL 2.0をサポートし、ビデオ性能が向上している。またAdaptive Hypervisorによりリソース割り当ての柔軟性がアップ。仮想化エンジンの最適化機能が向上し、旧版と比べリソース消費量が15%から30%減少しているという。

 また175ドルで、アンチウイルス、ファイアウォール、スキャン、リカバリ、フィルタ、ID保護を含むKasperskyの「Parallels Internet Security」や、バックアップと修復機能を提供する「Acronis True Image Home」「Acronis Disk Director Suite」を追加可能。

 現時点では英語版のみだが、日本語を含むローカライズ版が近く発売される予定。価格は79.99ドル。アップグレード版は49.99ドル。11月30日までのキャンペーン期間中は、アップグレード版が39.99ドルでダウンロードできる。

関連キーワード

Mac | Parallels | Linux | Mac OS X | 仮想化 | Windows | Kaspersky


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -