ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月13日 14時19分 UPDATE

シャープ、液晶カルテルで罰金120億円

液晶ディスプレイの価格カルテルをめぐり、シャープは罰金約120億円を支払うことで、米司法省と同意した。

[ITmedia]

 シャープは11月13日、液晶ディスプレイの価格カルテルをめぐり、1億2000万ドル(約120億円)の罰金を支払うことで米国司法省と合意したと発表した。

 罰金額は2008年10〜12月期に特別損失として計上するほか、社長と一部取締役が12月から3カ月間、報酬の10〜30%を自主返上することも決めた。

 シャープのほか、韓国LG Displayと台湾Chunghwa Picture Tubes(中華映管)も価格カルテルを結んでいたことを認め、LGが4億ドル(約400億円)、Chunghwaが6500万ドル(約65億円)の罰金を支払うことで合意している。

関連キーワード

シャープ | 米司法省 | 液晶パネル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.