ニュース
» 2008年11月17日 17時45分 UPDATE

Adobe、「AIR 1.5」「Flash Catalyst」など新製品発表

64ビットLinux版Flash Playerやスマートフォン向けFlash Player 10のプレビュー版も公開した。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月17日、米サンフランシスコで開催のAdobe MAX 2008でAdobe AIRなどの新製品を発表した。

 この日発表したのは、「Adobe Flash Catalyst」と次期版「Adobe Flex Builder(コードネーム:Gumbo)」のプレビュー版。Adobe AIR 1.5、64ビットLinux向けFlash Player 10のα版もリリースした。

 Flash Catalystはコードネームで「Thermo」と呼ばれていた製品で、コードを書かずにアプリケーションを設計できるツール。Creative Suite 4で作成した作品を忠実にインポートして、ボタンやスクロールバー、入力欄など動的なコンポーネントに素早く変換できるという。出来上がったものはFlash PlayerやAIRで利用できる。Flash Catalystのプレビュー版はMAX 2008来場者に配布され、2009年初めには公開β版がリリースされる。

 次期版Flex Builderはデータ中心の新しい開発機能を備え、Flash Catalystによるワークフローの改善、デバッガやプロファイラー、コードエディタなどのコア開発機能の向上などが盛り込まれる。プレビュー版はMAX 2008来場者に配布される。またAdobeのオープンソースサイトでは、オープンソースFlexの新しいプレビュー版も公開されている。

 Adobe AIR 1.5はWebKit HTMLエンジンを取り込み、WebKitの新しいJavaScriptエンジン「SquirrelFish」によるアプリケーションの高速化も可能になった。暗号化された新しいデータベースを備え、Flash Player 10で盛り込まれたカスタムのフィルターとエフェクトのサポートなど新機能も搭載する。Windows版とMac版のAdobe AIR 1.5は無料でダウンロードでき、Linux版は年内にリリースの見込み。

 また64ビットLinux版Flash Playerのプレビュー版をリリースしたほか、Flashをオープン化するOpen Screen Projectの一環として、スマートフォン向けFlash Player 10のプレビュー版も披露。サーバ製品「Flash Media Interactive Server 3.5」「Flash Media Streaming Server 3.5」も発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -