ニュース
» 2008年11月18日 08時15分 UPDATE

Adobe、クラウドでWebアプリを開発する「Cocomo」β公開

Cocomoでは、既存のアプリにリアルタイムAV機能を加えたり、新しいソーシャルアプリを開発することができる。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月17日、クラウドコンピューティングを介してWebアプリケーションを開発できる“サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)”「Cocomo」を発表した。

 CocomoはFlexコンポーネント、ホスティング型サービスインフラ、開発モデルで構成される。開発者はCocomoとAdobe Flexを使って、既存のアプリケーションにリアルタイムオーディオ・ビデオ、チャットなどのコラボレーション機能を加えたり、Flash PlayerやAIRを使った新しいマルチプレイヤーゲームやソーシャルアプリケーションを短期間で作ることができる。

 AdobeはWebアプリケーションに追加できるソーシャル機能として、データメッセージング、VoIPオーディオ、Webカメラの動画、リアルタイムファイル共有、テキストチャットなどを挙げている。

 Adobe自身、Acrobat 9、Adobe Reader 9、Acrobat.comでCocomoを利用し、PDF文書のリアルタイムコラボレーション機能を提供しているという。またYahoo! MapsYouTubeとCocomoのマッシュアップも公開されている。

ah_cocomo.jpg YouTubeとCocomoのマッシュアップ。ビデオにペンで書き込むことなどができる

 Cocomoは現在β公開中。登録は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -