ニュース
» 2008年11月18日 11時46分 UPDATE

ジェリー・ヤン氏、米Yahoo!のCEOを退任

ヤン氏は以前の役職「Chief Yahoo!」に戻る。新しいCEOはまだ見つかっていない。

[ITmedia]

 米Yahoo!は11月17日、共同創設者ジェリー・ヤン氏(40)がCEOの座を退くと発表、後任探しを始めたことも明らかにした。

 ヤン氏は新CEOが任命され次第、以前の役職「Chief Yahoo!」に戻る。同社は取締役としてもとどまる。

 ヤン氏は2007年6月にCEOに就任オープンプラットフォーム戦略「Y! OS」などによる立て直しに取り組んできた。

 1月末にMicrosoftがYahoo!の買収を申し出たときには一貫してこれを拒否し、買収を避けるためにライバルのGoogleとの提携に踏み切った。だが独占禁止当局などの懸念を受けて、両社は提携を解消。Yahoo!の株価は、ヤン氏がCEOに就任した当時27〜29ドルだったが、現在は12ドル程度まで下落している。一部の株主は、ヤン氏がMicrosoftの買収案に応じなかったことを批判している。

 「Yahoo!に新しいオープンな道筋を付けたことで、CEOの座を新たなリーダーに譲るのにふさわしい時期になった。わたしは今後もグローバル戦略に注力し、Yahoo!がポテンシャルをフルに発揮できるよう手を尽くす」とヤン氏は述べている。

関連キーワード

CEO | Yahoo! | 買収 | ジェリー・ヤン | 辞任・退任


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -