ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月04日 07時00分 UPDATE

KDDI、LTE採用を表明 日立がコアネットワーク機器ベンダーに

KDDIは、3.9Gの移動通信システムとしてLTEを採用すると正式に発表した。コアネットワーク機器ベンダーは日立。

[ITmedia]

 KDDIは12月3日、いわゆる「3.9G」の移動通信システムとして「Long Term Evolution」(LTE)を採用すると発表した。

 LTEは100Mbps超のデータ通信が可能な技術。3GPPが標準化を進めており、KDDIも2005年11月から3GPPに参加して技術提案してきた。3.9Gの採用に当たり、「コストと汎用性、国際動向、将来発展性などからLTE導入を決めた」としている。

 コアネットワーク機器ベンダーとして日立製作所を選定。日立はカナダNortel Networksと協力して開発に当たる。日立はシステム全体のインテグレーションを担当するほか、Nortelと協力し、基地局間のシームレスな移動のためのモビリティ管理を行う「MME」(Mobility Management Entity)を開発する。

 2008年度中に商用コアネットワークを発注する予定。基地局は09年に開発ベンダーを選定し、10年にコアネットワークと基地局の開発を完了する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.