ニュース
» 2008年12月04日 21時21分 UPDATE

「線上のメリークリスマス」がエコ化した 太陽電池で「シリーズ最高の低燃費」

USBクリスマスツリー「線メリ」にもエコの波。08年版には太陽電池充電器が付属し、孤独なクリスマスを過ごすIT戦士を「グリーンIT戦士」にレベルアップしてくれそうだ。

[ITmedia]
photo 08年版の線メリだ

 イーレッツは、USBクリスマスツリーの「線上のメリークリスマスVIII」の予約受け付けを12月8日に始める。今年の「線メリ」には太陽電池充電器が付属。「USBのみの駆動と比べ、ハイブリッドで動作するため、シリーズ最高の低燃費になった」という。同社オンラインサイトで300台限定で販売する。6090円。

 USBネタグッズの先駆けともなった線メリだが、地球規模の課題がここにも波及。「今年は母なる地球に感謝し、エコについて考え、USB電源のあり方を見直しました」と反省し、USBなしでも動くように太陽電池を同梱することにした。

 付属の太陽電池充電器をにケーブルを差し込めば、例によってクリスマスソングとともにケース内に発泡スチロールの雪が舞い上がり、IT戦士の卓上を自動的にクリスマス化。「『線メリ』を動作するためだけにPCの電源を入れるといったことが少なくなり、省エネ・エコにつながります」という。ただ、「そもそも電源をつけないのが一番省エネでエコなのでは……といったツッコミはご遠慮ください」という。

photo サイトには「そ〜ら(ソーラー)見たか!」の文字が躍っているが、何に対して勝ち誇っているのかよく分からない

 太陽電池充電器には携帯電話用のアタッチメントが付属。ツリーの駆動だけではなく携帯電話の充電にも使えるお得感あふれるセット内容。今年も頑張った自分への良きごほうびになりそうだ。

 予約開始は8日から。申し込み多数の場合は抽選となる。出荷は10日からの予定。製品保証期間が「2008年12月26日まで」とごく短いので気をつけよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -