ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年12月09日 08時25分 UPDATE

HPとアリゾナ州立大学、安価な電子ペーパーディスプレイを発表

HPの印刷技術により、低コストでの製造が可能になった。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)とアリゾナ州立大学のFlexible Display Center(FDC)は12月8日、手ごろな価格の電子ペーパーディスプレイを発表した。

 このディスプレイの素材はほぼ100%がプラスチックで、紙のように曲げることができ、割れないという。従来のディスプレイと比べ、軽量で消費電力も少ないとしている。

 HPとFDCは、HPがHP Labsで開発した「自動位置合わせインプリントリソグラフィ(SAIL)」技術を新ディスプレイに採用した。SAILは、基板上にパターン形成された情報の位置を、プロセスが誘起するひずみに左右されずに維持する技術。

 HPによると、SAIL技術により、柔軟性のあるプラスチック素材上に、TFT(薄膜トランジスタ)アレイをロール式に転写することが可能になった。シートに1枚ずつプリントする方式と比べ、ロール式は高速な連続印刷が可能なため、製造コストが抑えられるとしている。

 初の試作品には、DuPont Teijin Filmsが「Teonex Polyethylene Naphthalate(PEN)」基板を提供。SAIL技術とE Inkの「Vizplex」イメージングフィルムによって基板にパターンを形成、ディスプレイを完成させたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.