ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年12月09日 18時02分 UPDATE

ショッピングシーズンに守るべき「セキュリティ5カ条」 シマンテックが発表

年末年始のショッピングシーズンに向け、一般ユーザーが守るべき「セキュリティ5カ条」をシマンテックが発表して注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 シマンテックは12月9日、年末年始のショッピングシーズンに向け、安全にオンラインショッピングを楽しむための「セキュリティ5カ条」を発表した。パスワードを複雑にすることなどを呼び掛けている。

 5カ条は以下の通り。

 (1)必ずセキュリティソフトウェアがインストールされたPCを使用──セキュリティソフトが入ってないPCを使うことは、家のドアに鍵をかけずに外出することと同様。

 (2)疑わしいメールには返事をしない、添付ファイルを開かない──注文していない商品に関する連絡など、少しでも怪しいメールが届いた場合、添付ファイルを開いたり、安易に返信してはいけない。個人情報が盗まれたり、マルウェアに感染したりする恐れがある。

(3)パスワードは複雑に──オンラインショッピングではログインIDやパスワードが必要だが、できるだけ複雑かつ他人が分からないような、アルファベットや特殊文字を組み合わせたID・パスワードを設定する。多くの他人の目に触れる場所での入力は控える。

(4)重要データのバックアップ──オンラインショッピングの取引記録等、特に重要だと考えるデータについては、バックアップを取っておくようにする。

(5)セキュリティソフトを常に最新の状態に──オンラインの脅威は年々変化している。セキュリティソフトとWebブラウザは常に最新のバージョンに更新する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.