ニュース
» 2008年12月10日 10時00分 UPDATE

MySpace、OpenID戦略を強化――Google Friend Connectもサポート

MySpaceは同社のOpenIDイニシアチブ「Data Availability」を「MySpaceID」と改称。新たにVodafoneが加わった。

[ITmedia]

 米News Corp.傘下のMySpaceは12月8日、同社のOpenID戦略の強化を発表した。同社のOpenIDイニシアチブ「Data Availability」を「MySpaceID」と改称し、MySpaceIDを含むプロダクトスイート「MySpace Open Platform」を公開した。

 MySpace Open PlatformはMySpace Application Platform、MySpaceID、Post-To MySpaceで構成されるオープンな開発プラットフォーム。

 MySpaceIDは、複数Webサイトへのシングルサインオンを推奨する同社の戦略で、ユーザーがMySpace上で作成したコンテンツやデータを、自分が選択したほかのWebサイトと動的に共有できるようにすることを目的としている。

 新たにVodafoneおよびパーソナライズドホームページを提供するNetvibesがイニシアチブに加わった。両社ともに、MySpaceIDの自社サイトへの導入を進めている。MySpaceIDは現在、AOL、Flockなどで導入されている。

 また、MySpaceIDのコンポーネントとして、Googleが提供するデータ共有技術のGoogle Friend Connectをサポートすることを明らかにした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -