ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月25日 07時00分 UPDATE

東芝、新型二次電池「SCiB」量産に向け新工場

東芝は新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け、新工場を整備する。09年秋ごろに着工し、10年秋ごろをめどに量産を始める計画。

[ITmedia]

 東芝は12月24日、新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け、新工場を整備すると発表した。第一候補地は新潟県柏崎市。2009年秋ごろに着工し、10年秋ごろをめどに量産を始める計画だ。

 SCiBは、5分間で容量の90%以上の充電が可能で、1日1回充放電を行っても10年以上使用でき、安全性も高いという二次電池。

 現在は佐久工場(長野県佐久市)で生産しているが、産業用途や車載用途への需要拡大を見込み、生産体制を増強する。具体的な建設スケジュールについては、市場動向を踏まえて改めて決めるとしている。

関連キーワード

充電池 | SCiB | 東芝


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.