トップ10
» 2009年01月05日 19時27分 UPDATE

「新刊ください」に戸惑った 初めてのコミケ出展

初めて同人誌を作り、初めて冬コミに出展した。200冊も作ってしまい、売れ残ったらどうしようと不安だったが……

[岡田有花,ITmedia]

(※)先週がお休みだったため、トップ10は2008年12月22日〜2009年1月4日と2週間分のアクセスの合計です。

 「新刊ください」――12月30日、東京ビッグサイト西ホールの一角でそんなふうに声を掛けられ、記者は戸惑っていた。

 アクセス2位の記事にある通り、記者は仲間とともに初めての同人誌を作り、初めてコミケ(コミックマーケット75、冬コミ)に出展した。

 販売物は、200部のモノクロオフセット本「焼き肉焼き鳥恋物語」。カラー印刷のステッカーや封筒、手製のイラストスタンプを押したナプキン、はし袋など、前日までみんなで寝ずに作った「焼き肉グッズ」や、シコタホA氏提供の「ITちゃん」ペーパーも付けた。

 完売でギリギリ赤字が出ないという値段に設定。サークルの仲間たち一緒に封筒にグッズを詰め込みながら、「売れるんだろうか」「大赤字でもいいネタだよね」「はし袋と割りばし配ってるサークルって多分うちだけだよな」と話しているうちにオープン時間・午前10時になった。

 オープン後すぐ、スタッフの方が10冊も購入してくれた。その後もお客さんはほとんど休みなし。「新刊ください」と声を掛けられ、「新刊って!? 本1冊しかないよ! もしや冬コミ用に作った新しい本を新刊と呼ぶのか。つまりこの本は新刊だな!」と自問自答したりしながら、本や代金を受け渡したり、お客さんと話したりした。

 用意した200冊は3時間弱で完売。売り切れた後に訪ねてくれた方もいらっしゃって申し訳なかった。その後は残っていたグッズを販売し、午後3時ごろにはすべての売り切れて撤収が終了した。

 その後もお祭り気分が抜けなかった記者は、帰りがけに夏コミの申込書も購入してしまったのだった……。

関連キーワード

コミケ | 同人誌 | 東京ビッグサイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -