ニュース
» 2009年01月06日 09時03分 UPDATE

友人からのメールに注意:Twitterで個人情報の盗難が横行

友人からのメールであっても「あなたの写真が載ったWebサイトを見つけた」などの文面でリンクのクリックを促すものには注意が必要だ。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSophosは、米Twitterのユーザーあてに友人の名前で電子メールを送り、個人情報を盗もうとするフィッシング詐欺が起きていると伝えた。

twittphis.jpg ユーザーを惑わす電子メール(Sophosより)

 この攻撃では友人から電子メールが届き、特定のWebサイトを閲覧するように促されるという。内容は「Apple iPhoneが当たる」とうたったものや、「あなたの写真が載ったWebサイトを見つけた」「あなたについての面白いブログがある」といったものなど。リンクをクリックすると偽のTwitterページに誘導され、ログイン名とパスワードを盗まれる。

 Sophosによると、攻撃側はこの手口で乗っ取ったTwitterアカウントを使い、さらに多くのユーザーに詐欺メールを送りつけているという。

 SANS Internet Storm Centerは、Twitterのほか人気SNSのFacebookもこの攻撃の標的になっている可能性があると指摘。たとえ友人から届いたメールであっても警戒を怠ってはいけないと呼びかけている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -