ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月07日 09時09分 UPDATE

Xbox 360販売台数、2800万台を達成

不況にもかかわらず、Xboxの販売台数は好調で、Xbox LIVE利用者も増えているという。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月5日、2008年にXbox 360の世界での累計販売台数が2800万台に達したと発表した。 ソニーのプレイステーション 3(PS3)より800万台以上多いという。

 またXbox LIVEの会員数は1700万人以上になり、オンラインユーザーの支出額も前年比で84%増となった。Xbox 360が発売されて以来3年間で、Xbox LIVEに支払われた金額は10億ドル以上になるという。

 地域的には日本と欧州が好調で、どちらの地域でも市場シェアが倍の規模に拡大したという。またEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域だけで、販売台数が800万台以上になった。

 Microsoftによると、2008年は、Xboxが備えるゲームとエンターテインメントコンテンツの配信機能を利用したユーザーが増えたのが特徴だった。2008年末は、米Netflixのオンラインビデオレンタルサービスを利用できる機能が人気を集め、クリスマスから元旦にかけて、150万人以上がXbox LIVEで映画やテレビ番組、ゲームを楽しんだという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.