ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月13日 14時29分 UPDATE

「midomi」にVOCALOIDが歌う鼻歌 鼻歌でカラオケ検索も

鼻歌楽曲検索サービス「midomi」が、通信カラオケ「JOYSOUND」や、ヤマハの音声合成ソフト「VOCALOID」と連携する。

[ITmedia]

 鼻歌で楽曲検索できるサービス「midomi」を運営する米Melodis Corporationは、エクシングの通信カラオケ「JOYSOUND」と、ヤマハの音声合成ソフト「VOCALOID」と連携すると発表した。

 midomiデータベースに、VOCALOIDが歌う鼻歌やJOYSOUNDのカラオケ楽曲データを追加するほか、JOYSOUNDにmidomiの鼻歌検索機能を組み込むことを検討している。

 ヤマハとは、VOCALOIDとmidomiの連携で合意。midomiが持つ歌詞とメロディデータを使ってVOCALOIDで歌声を作成し、midomiのデータベースに追加する。

 ヤマハは、Melodis独自の歌詞とメロディのマッチングアルゴリズム「ダイナミック・トランスミッション・マッチング(DTM)アルゴリズム」をVOCALOIDに活用し、歌詞とメロディを正確に整合させる機能を強化する。

 エクシングからはJOYSOUNDの人気カラオケ曲10万曲のMIDIデータの提供を受け、midomiの音楽データベースを拡充。毎月約1000曲分の新曲データを追加する予定だ。JOYSOUNDにmidomiの鼻歌検索機能を組み込むことも計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.