ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月15日 07時43分 UPDATE

Google Appsの正規代理店プログラムがスタート

Googleは正規代理店を通し、企業向けオフィススイート「Google Apps Premier Edition」の普及に本腰を入れる。

[ITmedia]

 米Googleは1月14日、企業向け有料オフィススイート「Google Apps Premier Edition」の正規代理店プログラム「Google Apps Authorized Reseller Program」を立ち上げた。同スイートを顧客に販売し、サポートを提供する企業を正規代理店として公認し、支援する。

yu_google.jpg 「Google Apps Authorized Reseller Program」ロゴ

 Googleは正規代理店に、トレーニングやサポート、販売やマーケティングのためのツール、Google Appsを顧客の事業運営に統合するためのツールなどを提供する。正規代理店は直接顧客とやりとりし、サービスや商品に対し課金できる。またGoogle Appsにほかのサービスやサポートをバンドルして提供することもできる。

 同社は既に世界各国50社以上の協力を得て、このプログラムの実証実験に成功しているという。

 プログラムへの申請はWebサイトで行えるが、Googleの審査に合格する必要がある。公認されれば、3月末までにGoogle Appsの販売を開始できるとしている。

関連キーワード

Google | Google Apps | オフィススイート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.