ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月24日 08時29分 UPDATE

Samsung、第4四半期決算は222億ウォンの赤字に転落

世界的な景気低迷が影響し、Samsungの10〜12月期決算は、222億ウォンの純損失だった。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsが1月23日に発表した第4四半期(10〜12月期)決算は、売上高は前年同期比6%増の18兆4504億ウォンだったが、222億ウォンの純損失を計上した。前年同期の純利益は2兆2100億ウォンだった。

 メモリ売上高は前年同期比26%減で2兆3900億ウォン、半導体全体の売上高も同20%減の3兆9200億ウォンとなった。DRAM市場は、メーカー側からの供給は減ったものの、需要の低迷により市場での供給過多状態が続いているという。

 液晶パネル事業では、景気後退による需要の鈍化により、売上高は前年同期比6%減の4兆2100億ウォンとなった。

 携帯電話は、タッチスクリーン式などハイエンド品の需要が伸び、売上高は前年同期比37%増の6兆9400億ウォンだったが、平均販売価格(ASP)の下落などにより、利益率は下がったとしている。

 通年では、売上高は前年比15%増の72兆9500億ウォン、純利益は26%減の5兆5300億ウォンだった。

関連キーワード

Samsung | 決算 | ノートPC | 携帯電話 | 赤字 | 液晶パネル | NAND | 不況


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.