ニュース
» 2009年01月30日 11時14分 UPDATE

Windows XP SP3の遮断ツール、5月に失効

XP SP3では5月、Vista SP1では4月に、インストールを防ぐ「Service Pack Blocker Tool」の効力が切れる。

[ITmedia]

 Windows XP Service Pack(SP)3のインストールを防ぐためのツールが5月に効力を失うことを、Microsoftが1月29日にブログで通知した。

 同社は企業のIT管理者向けに、SPがWindows Update経由で自動配信されるのを一時的に防ぐ「Service Pack Blocker Tool」を提供している。このツールは通常、SPリリース後1年間有効となる。

 Windows XP SP3では2009年5月19日にこのツールの効果が切れ、以後、SP3はWindows Update経由で配布される(ユーザーの同意なしでインストールされることはない)。

 同様に、Windows Vista SP1の遮断ツールは4月28日に効力が切れる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -