ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年02月12日 07時56分 UPDATE

Nokia、R&D施設を閉鎖、生産を縮小――人員削減も実施

世界的な景気後退の影響を受け、Nokiaが研究開発施設を閉鎖、生産も縮小する。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは2月11日、ユバスキュラにある研究開発施設を閉鎖し、研究開発機能を残る4カ所(タンペレ、オウル、サロ、ヘルシンキ)に集約すると発表した。またサロの工場では人員を削減し、生産を縮小することも明らかにした。

 ユバスキュラでは主に携帯端末の開発とマーケティングを行ってきたが、今後徐々に縮小し、年内に閉鎖する予定。製品ポートフォリオを縮小して生産数が減少したため、また研究開発のコスト削減と効率アップを図るためとしている。これにより約320人の従業員が削減される。

 また市場の需要減退を受け、サロ工場の生産規模を縮小する。約2500人の従業員のうち、20〜30%を一時的にレイオフする。

 さらに同社は、グローバルサポート部門で約60人、新規事業サービス部門で約30人を削減するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.