ニュース
» 2009年02月13日 08時22分 UPDATE

Symbian FoundationにHP、MySpace、SanDiskら14社が新たに参加表明

HP、MySpace、オムロンソフトウェアなどが新たにSymbian Foundationに加わった。

[ITmedia]

 Symbian OSベースの共通プラットフォーム構築を目指す非営利団体Symbian Foundationは2月12日、新規メンバーとして新たに14社が加わったことを発表した。参加企業は、Atelier、Bank of America、Gemalto、Hewlett-Packard(HP)、Imagination Technologies、Mobica、MySpace、Nanoradio、オムロンソフトウェア、QUALCOMM、SanDisk、SESCA、SiRF Technology、VirtualLogix。

 同団体は2008年6月に、AT&T、LG Electronics、Motorola、Nokia、NTTドコモ、Samsung Electronics、Sony Ericsson、STMicroelectronics、Texas Instruments、Vodafoneを設立メンバーとして発足、これまでに計78社が参加を表明している。

 同団体によると、NokiaによるSymbian Limitedの買収は、2008年第4四半期中に予定通り完了。今後、NokiaによるSymbian OSとS60、MotorolaとSony EricssonによるUIQ技術、NTTドコモと富士通によるMOAP(S)を含むソフトウェア資産が、Symbian Foundationに提供される。メンバー企業はこれらソフトウェアを、団体の資産が公開される初日から無料で使用できる。公開は今年第1四半期の予定。

 また同団体はプラットフォームの統合を行っており、年内には最初の統合プラットフォームをリリースする計画。さらに2010年6月には、この統合プラットフォームをオープンソース化するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -