ニュース
» 2009年02月13日 12時29分 UPDATE

バレンタインに検索すると「危ない」有名人カップルは?

バレンタインの参考にラブソングや有名人カップルを検索するときはご用心。検索結果に危険なサイトが紛れている可能性がある。

[ITmedia]

 バレンタインのカードにラブソングの歌詞を書きたい人、有名人カップルを恋愛の参考にしたい人は、ネットで情報を探すときに気をつけた方がいい。セキュリティ企業Trend Microは2月12日、検索するとマルウェアに感染する恐れがある有名人カップルとラブソングを発表した。

 同社によると、最も危険な有名人カップルはキム・カーダシアンとレジー・ブッシュ。このカップルをネットで検索すると、検索結果にアクセスしたときにマルウェアに関連する可能性が15%もあるという。次に危険度が高いのはウィル・スミスとジェイダ・ピンケットだ。

検索すると危険な有名人カップル トップ5
1 キム・カーダシアンとレジー・ブッシュ
2 ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット
3 ジェニファー・ロペスとマーク・アンソニー
4 ジェニファー・アニストンとジョン・メイヤー
5 ペン・バッジェリーとブレイク・ライヴリー

 また、歌詞を検索したときに感染する危険性が最も高いラブソングは、ローンスターの「Amazed」で、次がエドウィン・マッケインの「I'll Be」となっている。

歌詞を検索すると危険なラブソング トップ5
順位 曲名 アーティスト
1 Amazed ローンスター
2 I'll Be エドウィン・マッケイン
3 All My Life K.C. & JoJo
4 With or Without You U2
5 Because You Loved Me セリーヌ・ディオン

 「サイバー犯罪者は特にバレンタインのような祝日を利用する。人々がバケーションのアイデアやラブソング、有名人のゴシップを活発に検索することを知っているからだ」とTrend Microのコンシューマーマーケティング副社長キャロル・カーペンター氏は語り、同社の「TrendProtect」のような無料のWebサイト評価サービスを利用するよう勧めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -