ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年02月26日 07時00分 UPDATE

ソフトバンクが「機内ケータイ」 海外飛行中の一部機内で通話可能に

海外を飛行中の航空機内でソフトバンクモバイルの端末を利用できるサービスが始まる。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、海外を飛行中の航空機内で携帯電話を利用できるサービス「機内ケータイ」を3月18日に始める。エミレーツ航空とマレーシア航空が対応している。

 機内で携帯電話を利用できるサービスを提供する英AeroMobile ASとローミング協定を結んだ。機内でソフトバンクの携帯を使って通話したり、SMSを送受信できる。インターネットやS!メールは利用できない。

 利用できるエリアは、公海と機内での携帯利用を許可する国・地域の上空のみ。離着陸時は使えない。

 海外でソフトバンクの携帯を使えるサービス「世界対応ケータイ」に対応した端末(3Gエリア専用機種を除く)で利用できる。1分ごとの通話料金は、発信した場合で650円、着信した場合で800円。SMSは1通の送信料が180円、受信料は無料。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.