ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「航空機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「航空機」に関する情報が集まったページです。

地上と上空で「音の違い」を楽しめる 日本航空「JAL音楽チャーターフライト」実施 東京交響楽団によるヴァイオリン生演奏
上空では客室乗務員もヴァイオリンを演奏予定。(2021/9/21)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
変化の激しい現在、多様性を認めることが競争力を高める重要なカギ――SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 辻裕里氏
2025年に向け、「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」というビジョンを推進するSUBARU。自動車・航空宇宙の両事業で着実なる持続的成長への足場を固めている。(2021/9/21)

赤ちゃんが飛行機内でぐずって困っていたら……救世主のCAさんが登場! 赤ちゃんを抱っこして通路を歩く動画に思わず尊敬してしまう
赤ちゃん、すっかり飛行機を楽しんでます。(2021/9/21)

うぉぉぉぉ! ANAの「ホンモノ航空放出品」がヤフオク!でゲットできるぞぉぉ!
「ファーストクラスシート(ボックスごと)」とか「777-300ERの窓枠」とか。他じゃ買えないやばいヤツですよぉぉぉ。9月21日から。(2021/9/17)

SorANAkaヤフオク!店:
ANAがヤフオク!に航空機部品を出品 シートや窓枠など
全日空商事がヤフオク内に「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を出店する。(2021/9/15)

本物の航空機部品をネットオークションで ANAが「ヤフオク!」に出店
ANAグループの全日空商事は、航空ファンに向けANA機で実際に使用していた部品や一点物のエアライングッズを販売する「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を9月21日にオープンする。(2021/9/14)

終了したTwitter「フリート」で新作作り続ける職人が話題に 古いiPhoneを編集画面のまま機内モードで作成
圧倒的情熱。(2021/9/13)

日航、3千億円の資金調達を発表 コロナ後見据え新型機導入
日本航空は10日、3千億円規模の資金調達を実施すると発表した。新型コロナウイルス禍による旅客需要低迷のさらなる長期化に備えるほか、コロナ後を見据えた出張需要の取り込みに向けた最新鋭機の導入などに充てる。行動制限緩和に向けた道筋が具体化する中での調達に、日航は「急回復するとの希望はあるが、そうならなかった場合への備え」と予防的な措置であることを強調している。(2021/9/10)

父「6本の脚で、飛行機に乗って来たものは?」 双子にしかけた“子犬との対面サプライズ”をとらえた動画に胸が熱くなる
2人の喜びが弾けています。(2021/9/10)

全日空、機内食のネット販売100万食突破
新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。(2021/9/7)

全日空、機内食のネット販売100万食突破
「旅気分を味わえてうれしい」「温めてすぐに食べられるので便利」。全日本空輸は、2020年12月からインターネット通販で一般向けに販売している機内食の販売数が100万食を突破したと明かした。新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。(2021/9/7)

「世界最短の航空路線に乗ってみた」海外YouTuberの動画が衝撃 本当に近すぎてあっさり到着してしまう
飛行時間はたったの……1分31秒。は、早〜!(2021/9/2)

Clean Skyとの協業:
航空宇宙用途のSiCパワーモジュール開発、Microchip
Microchip Technologyは、欧州委員会(EC)コンソーシアムのメンバーであるClean Skyとの協業により、航空宇宙用途に向けたSiC(炭化ケイ素)ベースのパワーモジュール製品ファミリー「BL1/BL2/BL3」を開発した。(2021/9/1)

ピカリング 40/42-739:
MIL規格対応PXI/PXIeマルチプレクサモジュール
ピカリング インターフェースは、MIL-STD-1553規格のテストに対応したPXI/PXIeマルチプレクサモジュール「40/42-739」を発表した。航空宇宙および軍用ATEシステム、ビデオ信号向けの75Ωスイッチングアプリケーションに適する。(2021/8/31)

製造マネジメント インタビュー:
「営業ゼロ」でも顧客接点を創る、航空宇宙業界に進出した町工場のWeb戦略
企業活動において、いまやWebは必要不可欠な存在である。Webの可能性に早くから注目していた企業の1つが由紀精密だ。現在は航空宇宙関連機器などの金属精密加工事業などを展開してJAXAなどとも取引するが、元は“経営危機”に陥ったこともある町工場だった。変革の裏側には同社の「Web戦略」の存在がある。(2021/8/25)

Air Indiaの大規模なデータ流出の教訓
航空会社の顧客情報450万人分が漏えい 「SITA」攻撃で何が起きたのか?
SITA(国際航空情報通信機構)がサイバー攻撃を受け、航空会社に影響が広がっている。Air Indiaは450万人の顧客情報が流出したことを発表した。今回の事件から企業が学ぶべきことは何か。(2021/8/25)

ブルーインパルス、3色のスモークで東京の空を彩る 機内映像など動画配信へ
ブルーインパルスが24日に東京上空で展示飛行を行い、パラリンピックのシンボル「スリーアギトス」に使われる赤、青、緑のスモークで空を彩った。(2021/8/24)

ブルーインパルス、24日午後2時から東京上空で展示飛行 飛行ルートは?
航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が8月24日の午後2時から15分間、東京上空で展示飛行を実施する。(2021/8/24)

NAVITIME、アプリで国内航空券/新幹線やレンタカーの予約が可能に
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」で、国内航空券、JR新幹線、特急電車チケット、レンタカーの予約が可能に。 交通手段の予約には「NAVITIME ID」登録が必要だ。(2021/8/19)

飛行機や映画……裾野広がるデジタル証券、小口化容易で金融各社が知恵比べ
債権、不動産の所有権や配当などを受ける権利を電子化したデジタル証券を発行する動きが広がりをみせている。不動産、社債などが対象となっているが、金融機関各社は飛行機や映画を対象にしたユニークな証券の発行も想定しており、多様化が進めば投資の拡大につながりそうだ。(2021/8/19)

最新3Dプリンタ事情:
PR:「大型モックアップ製作に3Dプリンタは適さない」は過去の話、1m大の造形が実現する新展望
製造現場などで3Dプリンタを活用するケースが多く見られるようになってきたが、白物家電、自動車、船舶、航空宇宙といった大型の製品モックアップや試作部品を必要とする現場では、かつてのイメージから「大型モックアップ製作に3Dプリンタは適さない」といった声も聞こえてくる。果たしてその通りなのだろうか。ストラタシスのFDM方式3Dプリンタ「F770」の存在を知れば、大型モックアップ製作に対する3Dプリンタのイメージが大きく変わるはずだ。(2021/8/19)

飛行機や映画…裾野広がるデジタル証券、小口化容易で金融各社が知恵比べ
 債権、不動産の所有権や配当などを受ける権利を電子化したデジタル証券を発行する動きが広がりをみせている。暗号資産(仮想通貨)に使われる記録技術「ブロックチェーン」の活用で参加者同士が互いに取引を承認しあうことから、発行や管理のコスト、決済にかかる時間を低減できるため、小口化が容易になり、少額投資を募りやすいのが特徴。不動産、社債などが対象となっているが、金融機関各社は飛行機や映画を対象にしたユニークな証券の発行も想定しており、多様化が進めば投資の拡大につながりそうだ。(2021/8/18)

車両デザイン:
JAXAが空飛ぶクルマの開発に協力、日本最大の風洞設備も
“空飛ぶクルマ”を開発するSkyDriveは2021年8月10日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力を受けてローターの空力特性の研究を開始したと発表した。(2021/8/13)

ヒュンとくる衝撃のラスト エミレーツ航空の“CGじゃない”CM動画に震えて涼しくなった人が続出
ひぇぇぇぇ!(2021/8/12)

X-NIHONBASHI Global Hub:
三井不動産がJAXAやベンチャー企業と取り組む宇宙ビジネス創出 「宇宙への道は日本橋から続く六つ目の街道」
三井不動産は4月、JAXAとの共創プロジェクト「X-NIHONBASHI Global Hub」を日本橋の室町三井ホールで開催した。米航空宇宙局(NASA)やJAXAのほか、米国で宇宙ビジネスに参入している日本企業の関係者がパネリストとして参加。同イベントを取材し、宇宙ビジネスに取り組む背景を三井不動産に聞いた。(2021/8/12)

デザインの力:
航空機部品などを手掛ける町工場の金属加工技術を生かした付けペン
講談社が運営するクリエイター支援サイト「KickstarterNavi」は、岐阜県で精密機器の金属加工業を営むシオンが手掛けるプロダクト、「DRILLOG」の支援プロジェクトをローンチしたことを発表した。DRILLOGは金属製の付けペンで、脱着構造によりペン先とペン軸を組み合わせて使用できる。(2021/8/12)

MATLAB Expo Japan 2021:
国内航空機製造業界にモデルベース開発は浸透するのか、MBACの挑戦
「MATLAB EXPO Japan 2021」に、三菱重工業の増子洋一郎氏とIHIの坂井俊哉氏が登壇。「国内航空機業界初! MBD技術コンソーシアムの紹介と今後の展望」をテーマに、航空機開発におけるMBDの普及および技術力向上を目指す航空機関連メーカー横断のMATLAB/Simulinkユーザーによる技術コンソーシアム「MBAC」について紹介した。(2021/8/10)

インフィニオン 大容量耐放射線NORフラッシュメモリ:
航空宇宙向けのQML-V認証NORフラッシュメモリ
インフィニオン テクノロジーズは、航空宇宙グレードの信頼性規格「QML-V Flow」に準拠した、大容量耐放射線NORフラッシュメモリ製品を発表した。(2021/8/4)

ザイリンクス Versal HBMシリーズ:
広帯域幅メモリ内蔵の新プラットフォーム
ザイリンクスは、「Versal ACAP」の新製品「Versal HBM」シリーズを発表した。高速メモリ、データ保護機能、適応型演算機能を統合し、データセンター、有線ネットワーク、テスト、計測、航空宇宙、防衛に適する。(2021/7/30)

車両デザイン:
“空飛ぶクルマ”の最新機「Mk-5」を米国で初公開、予約販売も開始
テトラ・アビエーションは、米国の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展し、日本で開発した“空飛ぶクルマ”、eVTOL(電動垂直離着陸機)の最新機「Mk-5」を一般向けに初公開し、予約販売を開始した。(2021/7/30)

ニーズの検証とデータ収集:
JAL、「航空サブスク」実証実験 3万6000円で3往復とホテル3泊
日本航空は宿泊および賃貸運営業を展開するKabuK Styleと提携し、「航空サブスクサービス」の実証実験を始めると発表した。どんな内容かというと……。(2021/7/29)

埼玉にいながらフライト気分を味わえるだと……!! 「機内食」提供、さいたま市の温浴施設で 9月5日まで
フィッシュorビーフ?(2021/7/28)

新機種Mk-5:
テトラ・アビエーション、米国で「空飛ぶクルマ」の予約販売を開始 
空飛ぶクルマを開発するテトラ・アビエーションが、米国で開催されている航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展。新機種Mk-5(マークファイブ)を初公開し、予約販売を開始した。(2021/7/28)

セットで3476円:
“海なし県”でもフライト気分 温浴施設で機内食をイメージした食事を提供
温泉道場が運営する温浴施設「おふろcafe utatane」は、カフェエリアで機内食をイメージしたプレート料理を提供すると発表した。(2021/7/27)

JALのシステムで一時障害、搭乗手続きできず 計123便に影響、最大1時間45分の遅れ 現在は復旧済み
日本航空(JAL)の予約システムに一時障害が起き、国内複数の空港で飛行機が出発を見合わせる事態になった。同社は「羽田空港内のネットワーク回線に不具合が生じた」としている。(2021/7/26)

JALの工場見学施設「スカイミュージアム」が全面リニューアル 7月22日から「リモート」見学ツアー受付開始
飛行機好きのキッズ、家族はぜひ〜!(2021/7/22)

水際対策を求める声:
「緊急事態」下の4連休、沖縄へ観光客戻る兆し
緊急事態宣言下の沖縄県で4連休を控える中、観光客が一定戻る兆しがある。航空関係者によると……。(2021/7/21)

ダイナミック! 飛行機から魚を放流する映像、米ユタ州当局が公開
1950年代半ばから実施している放流方法とのこと。(2021/7/17)

「自動機内モード」はどうやって判定している? レノボ大和研究所スタッフが語る「ThinkPad」の電源管理の秘密
レノボ・ジャパンの「ThinkPad」は、電源管理面でいろいろなこだわりが詰め込まれている。開発を主導する同社大和研究所の担当者に、その秘密を聞いてみた。【訂正あり】(2021/7/14)

不法残留疑い、AIで検知 入管庁、五輪で水際対策強化
出入国在留管理庁が、不法残留する疑いがあるとして入国審査を厳格にすべき「要注意人物」を検知するため、過去の残留事案に基づく傾向分析や航空機の予約情報との照合にAIを使ったシステムを今月から導入したことが分かった。AIの導入で要注意人物の高度な分析や迅速な照合を図り、不法残留の減少につなげたい考えだ。(2021/7/9)

Japan Drone:
“CTスキャン”も可能な森林計測サービス、ヤマ発が産業用無人ヘリで実現
ヤマハ発動機は、「Japan Drone 2021」において、産業用無人ヘリコプターとLiDARの組み合わせで実現した「森林計測サービス」を披露した。最大1日100haという広域にわたって森林の立木の1本ずつを高精度に識別できる、従来の航空計測や電動ドローンでは難しい「森林の見える化」が可能な点が最大の特徴だ。(2021/7/8)

産業動向:
月面での建設機械の遠隔操作・自動運転を目指した遠隔施工実験を実施、鹿島建設ら
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と鹿島建設は、神奈川県相模原市にある研究施設「JAXA相模原キャンパス」から、鹿児島県南種子町の「JAXA種子島宇宙センター衛星系エリア新設道路など整備工事」に配置された建設機械を遠隔操作した後、自動運転させる実験を共同で実施した。結果、JAXA相模原キャンパスから現場の建設機械を遠隔で操作できることと、自動運転に切り替えた建機で高精度に施工可能なことが判明した。(2021/7/1)

「つよそう」「中々面白い組み合わせ」 ヤマハ発動機と新明和工業、「次世代小型飛行機」開発へ
ヤマハのエンジンが「空」にも!(2021/6/30)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機と新明和工業が次世代小型航空機の共同研究に合意
ヤマハ発動機と新明和工業は2021年6月29日、次世代小型航空機の共同研究に合意したと発表した。次世代小型航空機の事業化の可能性を探るとともに、市場の反応を見ながら今後の方向性を検討していく。(2021/6/30)

7月1日からコラボ機内食を提供:
JAL×タニタが初コラボ 機内食を刷新したワケは?
JALとタニタ食堂を手掛けるタニタが初のコラボ。ヘルシーな機内食の提供を開始する。機内食だけでなく、免疫力アップに関するコラムやストレッチなどの情報が盛り込まれたリーフレットも配布予定という。(2021/6/29)

貸し切り:
HIS、東武鉄道と「SL大樹」ツアー発売 “脱・飛行機中心”で需要創出
HISが東武鉄道と協業し、国内旅行商品のラインアップを拡充。6月26日から、人気観光列車「SL大樹」の貸し切りツアーなどの商品を販売する。(2021/6/26)

映画「元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話」がタイトル変更へ 登場する飛行機が「セスナ」ではないと指摘
新タイトルもぶっ飛んでる。(2021/6/25)

エコノミークラスの座席生地で作ったPCケース ANAが初の製品化
ANA航空機のエコノミークラスシート用生地を使って作ったPCケースが登場した。(2021/6/22)

あいち航空ミュージアムで徳永克彦氏撮影「ブライトリング DC-3」写真展 7月7日から
名機ダグラスDC-3〜!(2021/6/16)

ANA、退役機の機内カート発売→即完売 90年代から使われていた“ヴィンテージ品”
ANAが6月15日に発売した、退役機で使用していた中古の機内搭載カート45台が即完売。追加分も準備が整い次第販売するという。(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。