ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「航空機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「航空機」に関する情報が集まったページです。

着陸する際の動画:
火星探査車パラシュートに隠された「暗号」 解読にSNS盛り上がり  
米航空宇宙局は22日、火星探査車「パーシビアランス」が着陸する際の動画を公開した会見で、パラシュートの画像を示しながら暗号のメッセージを込めたことを明らかにした。(2021/2/24)

「信頼される施設」の認定へ:
米国での重要度が増すGF、DoDとの連携強化
米ファウンドリーのGLOBALFOUNDRIES(GF)は、米国の輸出管理下において機密性の高い軍用/航空宇宙アプリケーション向けチップを製造するための認定を確保したのを経て、現在は同社が米国に置く最も高度な製造施設に対する“信頼性認定評価”を求めている。(2021/2/19)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは
新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務やテレワークなど新しい働き方が広まっているが、コロナ禍前から働き方改革の一環として「ワーケーション」の導入に力を入れてきた企業がある。それが日本航空(JAL)だ。なぜワーケーション導入に至ったのだろうか。(2021/2/17)

健康危害はない:
スカイマーク 機内で賞味期限切れのキットカットを誤って配布
スカイマークは2月4日、機内で賞味期限切れの「ネスレ キットカット」を誤って配布していたと発表した。(2021/2/5)

リュウグウの石「予想より硬かった」 はやぶさ2、順調に飛行中
探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウで採取した試料は、当初の予想より硬いことが分かったと宇宙航空研究開発機構が4日、発表した。(2021/2/5)

自動運転技術:
PR:車両単体にとどまらない、自動運転に潜むセキュリティリスクとは
自動運転元年となりそうな2021年だが、そのサイバーセキュリティについてはまだ検討すべきことが山積している。加賀FEIと提携して国内自動車業界向けにセキュリティコンサルティングサービスを提供しているエフセキュアは、既に自動航行システムが導入されている航空や船舶の分野のノウハウを基に、ITSインフラも含めた自動運転のセキュリティ対策を提案している。(2021/2/3)

22年卒は「巣ごもり需要」を意識:
就職人気企業ランキング 10年間でこんなに変化が 常連だった「メガバンク」や「航空」は……
就職情報サイトなどを運営する学情は、同社が実施する「就職人気企業ランキング」の過去10年の結果を比較し、その傾向を発表した。10年前と今、人気の企業に大きな変化があったようだ(2021/2/1)

えっ、大丈夫? 飛行機の窓に「小さい穴」があいている理由
上空1万メートルを飛ぶ飛行機に……「穴」があいているの?(2021/1/25)

タイムアウト東京のオススメ:
2021年版世界で最も安全な航空会社ランキング
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/1/19)

大学1・2年生の「希望の就職先」、コロナ禍でも航空・鉄道会社が人気 IT企業で上位は?
大学1・2年生が「将来働きたい」と思っている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。IT企業で人気だったのは?(2021/1/8)

琵琶湖を飛ぶ水上飛行機復活へ 京都も空から遊覧
滋賀県の琵琶湖に半世紀ぶりに水上飛行機が復活する可能性が高まってきた。富裕層をターゲットに小型の水上機で京都や滋賀を遊覧するプランなどをそろえる予定。(2021/1/8)

Amazon.com、空輸用に中古ジェット11機をデルタ航空とウェストジェットから購入
Amazon.comが、デルタとウェストジェットから11機の旅客機を購入した。貨物用に改造し、現在リースで運営している「Amazon Air」ネットワークに追加していく計画だ。(2021/1/6)

「これでは陽性者が減る訳がない!!」 小柳ルミ子、機内で“マスクしない”乗客に怒り心頭
いわく「最悪のフライトでした」。(2020/12/24)

食品、出版の人気が上昇:
22年卒学生に聞いた「就職人気企業ランキング」 コロナ禍で明暗、トップは3年連続で……
学情が発表した、2022年卒の「就職人気企業ランキング」によると、トップは3年連続で伊藤忠商事。上位の顔ぶれはコロナ禍の影響を受けており、巣ごもり需要を取り込む食品メーカーなどの人気が高まった一方、航空・旅行業界は順位を下げた。(2020/12/21)

PUPA8801(ピューパ8801):
夢の”空飛ぶクルマ”に1歩前進 JAXAとヤマトHDがコンテナの空力形状を開発
JAXAとヤマトHDは、物流電動垂直離着陸機(物流eVTOL)への装着、地上輸送手段への搭載の両方が可能な大型貨物ユニット「PUPA8801」の空力形状を開発したと発表。空力形状とは、航空機など、高速で空気中を移動する物体に作用する空気抵抗など、空気の力を考慮した形状のこと。(2020/12/21)

JAXAとヤマトHD、“空飛ぶ宅配”用コンテナの空力形状を開発 高速移動の空気抵抗を考慮
宇宙航空研究開発機構(JAXA)とヤマトホールディングスは、「物流電動垂直離着陸機」(物流eVTOL)に装着する輸送用コンテナに適した空力形状を開発したと発表した。(2020/12/18)

組み込み採用事例:
JOLEDとAERQが協業、航空機客室に中型サイズ有機ELディスプレイを導入へ
JOLEDはAERQと協業し、中型サイズ有機ELディスプレイを航空機の客室デジタルサイネージや座席内システムへの導入を目指すと発表した。(2020/12/17)

5千億円損失の試算も…トラベル全国停止で宿泊事業者「どう穴埋めするか」 
 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国一律停止が決まり、関係業界からは「どう穴埋めするか頭を抱えている」(宿泊事業者)など嘆き節が聞かれた。日本航空は減便を検討する方針を示しており、交通事業者各社も調整に追われそうだ。一方、全国一律の停止が1カ月続けば経済損失は5千億円に達するとの試算も出るなど影響は甚大とみられ、関連事業者への新たな支援策の必要性が増している。(2020/12/15)

リュウグウの試料採取に成功 はやぶさ2 JAXA発表
探査機「はやぶさ2」が地球に持ち帰ったカプセルに、小惑星リュウグウで採取した砂状の粒が入っていたと宇宙航空研究開発機構が14日、発表した。(2020/12/15)

「この飛行機に乗りたい!」 ゆきぽよ、ミニスカ&ニーハイの“近未来CA”姿に搭乗希望者が殺到
近未来まで待てません!(2020/12/13)

ANAペイなど利用でマイル会員ステータス向上 新たな仕組み設定へ
ANAグループが、電子商取引(EC)や10日に開始したQR決済などグループの非航空サービスの利用で、マイル会員のステータスを上げることができる仕組みを設定することが分かった。(2020/12/11)

材料技術:
機械学習を適用し、超合金粉末の製造条件を数回の試行で最適化
物質・材料研究機構は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望なNi-Co基超合金の高品質粉末を、高い収率で生産できる条件を探索することに成功した。複雑な製造条件を数回の試行で最適化し、粉末の製造コストを削減する。(2020/12/10)

CAEニュース:
航空機向け機械式動力伝達装置サプライヤーがSPDM基盤に「SimManager」を採用
MSC Softwareは、航空機の機械式動力伝達システムを手掛けるフランスのSafran Transmission Systemsが同社のシミュレーションプロセスおよびデータ管理(SPDM)プラットフォーム「SimManager」を採用したことを発表した。(2020/12/9)

ロボットがスーツケースを積み込み、自動運転車で運搬 ANAが九州佐賀国際空港で実験
ANAと豊田自動織機が、航空機への手荷物の積み込みをロボットで自動化する実証実験を行う。共同開発した手荷物の積み付け(効率の良い配置)ロボットと、自動運転に対応したトーイングトラクターを使用。安全性や使いやすさを検証する。(2020/12/8)

基本周波数8.3〜26.6GHzに対応:
ADI、低位相ノイズのクワッドバンドVCOを発表
アナログ・デバイセズ(ADI)は、位相ノイズが低いクワッドバンド電圧制御発振器(VCO)シリーズとして、新たに3品種を発表した。高性能計測機器や航空宇宙/防衛機器などの用途に向ける。(2020/12/8)

緊張の瞬間を監視カメラが捉えた 真夜中のハイウェイに飛行機が緊急着陸、走行中のクルマの目の前に滑り込む
大惨事にならなくてよかった。(2020/12/7)

NECのSR共振器アンテナ技術活用:
航空電子、小型で高い放射効率のアンテナを開発
日本航空電子工業は、小型で高性能のアンテナ「AN01シリーズ」を開発、「WaveConnect(ウェイブコネクト)」ブランドでアンテナ事業を本格的に始める。(2020/12/7)

はやぶさ2、12月6日午前3時ごろ帰還 JAXA「現時点で完璧」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルが日本時間12月6日午前3時ごろ、オーストラリア南部の砂漠に着陸する予定だと発表した。(2020/12/1)

リスクを減らすヒント:
タクシーは窓開けより外気入れたエアコンが効果的 「富岳」分析
理化学研究所が運用するスーパーコンピューター「富岳」を使った新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)の広がり方のシミュレーション成果が26日公表され、タクシーの車内や航空機の機内ではマスクの着用や換気が重要であることが改めて示された。(2020/11/27)

タクシーは窓開けより外気入れたエアコンが効果的 「富岳」分析
理化学研究所が運用するスーパーコンピューター「富岳」を使った新型コロナウイルスの飛沫の広がり方のシミュレーション成果が26日公表され、タクシーの車内や航空機の機内ではマスクの着用や換気が重要であることが改めて示された。(2020/11/27)

キンコーズ札幌店が“銀座一丁目店”となぜか店舗統合 「実質閉店では」「飛行機必須」と利用者困惑→取材した
片道3時間50分ですよ……?(2020/11/26)

機体に巨大ミッキー! JALのミッキー特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」を見てきたよ
機体も機内もミッキーたくさん。国内主要路線で活躍します。(2020/11/19)

FAニュース:
自動車ボディーなどの3次元座標を数10μmの精度で取得できる非接触測定機
ニコンは、大きな対象物の3次元座標を非接触かつ高精度に取得できる測定機「APDIS」シリーズを発売した。自動車のボディーや航空機など、大きな対象物の3次元座標を数10μmの精度で取得できる。(2020/11/17)

「最強の心臓だな」「いいネタなるな」 臓器輸送ヘリが病院屋上で転倒する珍事 機内から心臓を回収、途中でスタッフが床に落とすも移植手術は成功
毛が生えてるってレベルじゃない強心臓。(2020/11/13)

新型コロナで航空貨物業界に好機 スペース不足、専用機の大型化も
 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている航空業界では、貨物輸送にスポットライトがあたっている。旅客便需要が冷え込んだままなのに対して、経済活動を支える貨物便は荷物を満載。行き場をなくす荷物も出始めるほどだ。関西国際空港では大型の貨物専用機も登場。さらに今後はワクチンなど医薬品の輸送増も見込まれており、航空貨物ビジネスの好機をうまく捉えられるかが、関空の浮上のためのカギにもなりそうだ。  (牛島要平)(2020/11/13)

3Dプリンタニュース:
ボーイングがストラタシスの3Dプリンタ材料を認証、航空機部品への使用が可能に
Stratasysは、Boeingが同社の3Dプリンタ材料「Antero 800NA」を、航空機部品向け材料として認証したことを発表した。これにより、Antero 800NAのボーイング航空機部品への使用が可能となる。(2020/11/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
日の丸ジェットはSpaceJetの電動化で希望を見いだせないか
これだけ航空需要が減った状態だとSpaceJetには夢も希望も感じられませんが……。(2020/11/10)

Japan Drone2020:
ドローンの安全・効率的な飛行に不可欠な“UTM”とは何か?米国UAV動向から分析
ドローンの商用サービスが盛んになるに従い、運航管理の必要性が高まり、世界中で開発が進められている。安全かつ適切な運航を支えるために不可欠となるドローンの運行管理システム「URM」は、言うなればドローンの世界の航空管制に当たる。Japan Drone2020の講演から、NECでネットワークプロトコル、分散アーキテクチャ、データベース、機械学習などの研究開発に従事し、2017年に設立した国際的なUTMの業界団体「GUTMA」の理事も務め、産総研AIRC、理研AIP、東大情報理工にも所属し、AIを研究している中台慎二氏が世界のUTMビジネスとアーキテクチャ、標準化の動向を解説した。(2020/11/2)

トップは“安定”の……:
「うらやましい」友人の勤め先は? トヨタが3位、鉄道・航空の羨望度は低下
リスクモンスターの調査によると、知人や友人の勤め先を「うらやましいと感じる」と回答した人は35.2%。うらやましいと思う企業名は、1位と2位が地方公務員と国家公務員。トヨタ自動車が3位に入った。(2020/10/31)

「知らんかった」「これは分からん」 飛行機の座席にある「呼び出しキャンセルボタン」が初見殺しすぎる
勉強になりました……!(2020/10/28)

ANAだけじゃない……各社が非航空事業に活路 ドローン物流に空飛ぶタクシー
新型コロナウイルス禍で事業が滞っている航空各社が、ドローンを使った物流システムや空飛ぶタクシーといった非航空事業を模索し始めている。本業を支えられるような事業が生み出せるか、各社の底力が問われそうだ。(2020/10/27)

月探査の宇宙飛行士募集 JAXA、来秋に若干名
2020年代に日本人による月探査が始まることをにらみ、宇宙航空研究開発機構は月に向かう飛行士の選抜を本格化させる方針だ。(2020/10/26)

機体をレストランに:
ANAだけじゃない 航空事業一本足からの脱却を目指して
ANAホールディングスが27日に発表する事業構造改革では、航空事業以外の収益力強化策を盛り込むが、航空事業一本足からの脱却を目指して新規事業を推進する航空会社は、ANAHDだけではない。新型コロナウイルス禍で本業の航空事業が滞る中、日本航空もドローンなど最新技術を活用する地域サービスを新たな収益源の柱に掲げる。(2020/10/26)

マイレージ情報活用:
ANAどうする? 「A380」3号機納入1年延期
ANAホールディングスが27日に発表する事業構造改革の全容が判明した。新型コロナウイルス禍の航空事業を補う新規事業として、約4千万人のマイレージ会員の情報を活用して旅行商品などを販売する新会社を立ち上げる。一方……。(2020/10/25)

JAXAが13年ぶりに宇宙飛行士を募集 日本人初、月面着陸の可能性も
萩生田光一文部科学相がNASA(米国宇宙航空局)の月探査「アルテミス計画」への参加を念頭に、新たに日本人宇宙飛行士を募集する方針を明らかにした。JAXAが2021年秋頃をめどに、若干名を募集する。(2020/10/23)

雲海に浮かぶ“額縁”や砂上の岩石層 航空写真コンテストの入賞作がすごい……!
上空からしか見られない幻想的な瞬間。(2020/10/23)

ドローン:
業務用ドローン向けの航空測量LiDARとフルサイズセンサーカメラを発表
DJIは、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。ともに業務用ドローン用に設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。(2020/10/23)

2021年度には新たに2機追加:
JAL傘下ジップエア、グループ内から100人募集 コロナ禍でも拡大路線
JAL傘下の格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」が、JALグループ全社員を対象に客室乗務員約100人を募集することがわかった。本格的な旅客便運航に向け、JALグループ全体の人員配置を見直す戦略。(2020/10/22)

苦しい経営環境:
290席に乗客2人! それでも格安航空が仕掛ける反転攻勢
新型コロナウイルス感染拡大による需要急減に苦しめられてきた格安航空会社(LCC)で積極的な施策が出始めた。(2020/10/21)

宇宙でiPS細胞培養 野口さんISSミッションで
宇宙航空研究開発機構は、11月に国際宇宙ステーションへ向かう野口聡一さんら宇宙飛行士がISSの日本実験棟「きぼう」で、人工多能性幹細胞を使った実験を行うと発表した。(2020/10/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。