ニュース
» 2009年02月27日 07時00分 UPDATE

ソニー、GPSユニット新製品 単体でデジカメ写真に位置情報付加

ソニーは、メモリーカードスロットを内蔵し、単体でデジタルカメラで撮影した写真などに位置情報を付加できるGPSユニット新製品を発売する。

[ITmedia]
画像

 ソニーは2月26日、デジタルカメラで撮影した写真などに位置情報を付加できる「GPSユニットキット」新製品「GPS-CS3K」を3月13日に発売すると発表した。従来製品よりGPSの感度を高めたほか、メモリーカードスロットを搭載。単体で画像データにGPS情報を付加できる。1万8900円。

 旅行やサイクリングなどで持ち歩けば、位置情報と日時を内蔵メモリに記録。撮影した写真を記録したメモリースティックデュオやSDメモリーカードを挿入すれば、日時をマッチングしてExif情報に位置情報を書き込める。サイバーショットやハンディカムで撮影した動画にも対応した。


画像

 PC用の付属ソフトを利用し、画像に位置情報を書き込むことも可能。移動の軌跡と画像は、付属の日本地図ソフト上や「Google Earth」「Google Maps」に表示させることもできる。地図上に表示した画像を「Picasaウェブアルバム」で共有することも可能だ。

 単三形アルカリ乾電池×1本で約15時間連続使用できる。サイズは57(幅)×80(高さ)×23(厚さ)ミリ、重さは約70グラム(電池含まず)。

関連キーワード

GPS | ソニー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -