ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GPS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Global Positioning System:全地球測位システム

太陽で大型フレア発生 30日午後からGPS、衛星通信などに障害の可能性
NICTが大規模な太陽フレア現象が発生したと発表した。この影響で30日午後以降、数日間にわたり地球周辺の電離圏や地磁気が乱れ、人工衛星や長距離間の通信などに障害が発生する可能性があるとして注意を呼びかけている。(2021/10/29)

H2Aロケット打ち上げ 日本版GPSを更新
日本版のGPSを担う政府の準天頂衛星「みちびき」初号機の後継機を搭載したH2Aロケット44号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた。内閣府は23年度をめどにさらに3基を追加し、日本周辺を24時間態勢で高精度に測位できる計7基での運用開始を目指している。(2021/10/27)

ドコモの「イマドコかんたんサーチ」が11月で終了 「イマドコサーチ」は継続
NTTドコモは、2021年11月30日に「イマドコかんたんサーチ」のサービスを終了。キッズケータイやスマートフォンなどのGPS機能を利用して居場所を確認できる「イマドコサーチ」はサービスを継続する。(2021/10/26)

テレビCMやPR施策の効果を可視化:
テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースとした「人流データ」の掛け合わせで販促効果分析を実施可能に。(2021/10/20)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
狭所で離着陸でき非GPS環境下でも安定飛行するドローンを用いた新サービス、NTTドコモ
北米ドローンメーカーのSkydioは、狭いスペースで離着陸でき、GPS情報無しでも安定飛行するドローン「Skydio 2」を開発した。これを受けて、NTTドコモはSkydio 2を用いたサービスの提供を2020年11月13日に国内で開始した。(2021/8/19)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
非GPS環境下で配管点検が可能な水上走行ドローンと自律飛行ドローン、FINDiら
NJS、自律制御システム研究所(ACSL)、FINDiは、GPSとGNSSのデータが無くても管内を点検可能な閉鎖性空間調査点検用ドローン「AIR SLIDER Fi4」と施設内部点検用ドローン「AIR SLIDER Fi5」を開発した。2021年6月1日には、両機を用いた下水管の調査・点検サービスを開始している。(2021/8/13)

ビックカメラ、最新Apple Watchを5500円割引セール実施中
ビックカメラ.com、Apple Watch Series 6 (GPS) を5500円オフで販売する「Apple Watch Series 6キャンペーン」を実施(8/16まで)。(2021/8/6)

子供見守りGPS「soranome」、新規申込で端末代金が5500円割引のキャンペーン
グローバルコネクションは、8月31日まで「夏トクキャンペーン」を開催。子供見守りGPSサービス「soranome」新規申込で、端末代金1万4520円から5500円を割り引く。(2021/7/21)

i-Construction:
GPSの位置情報が届かない坑内で無人建機を自動運転する技術を開発、大成建設
大成建設は、SLAMを活用した位置情報取得技術「T-iDraw Map」を開発し、国交省国土技術政策総合研究所に設置された実大トンネル実験施設と国内の道路トンネル建設現場で、T-iDraw Mapを用いて建設機械の自動運転に関する実証を行った。実証の結果、GPSなどの位置情報を取得することが難しいトンネル坑内でも、無人建設機械の自動運転が実現した。(2021/7/21)

「皇居周辺を北海道の形に走ってみた」→見事なGPSお絵かきに「ミニマム伊能忠敬」「道民感激」
皇居のまわりに隠れた北海道。(2021/7/12)

KDDI、現在地や移動経路を確認できるGPS端末「あんしんウォッチャー」を7月20日に発売
KDDIはau HOMEの新製品として、小型のGPS端末「あんしんウォッチャー」を7月20日に発売する。端末を携帯している利用者の現在地や移動経路を地図上で確認でき、指定したエリアへの到着や出発などをプッシュ通知で受け取れる。(2021/7/7)

交通違反をリアルタイムに警告する法人向けスマホアプリ GPSデータと標識情報DBを活用
ジェネクストは、スマートフォンアプリを活用し、運転中にリアルタイムで交通違反を警告するサービスを法人向けに発表した。(2021/6/22)

GPSは「つなげなくなった手の代わり」 新1年生に“みまもりGPS”を渡す親心を描いた漫画に共感の声
スマートフォンのアプリで子どもの位置情報を確認。(2021/6/4)

Garmin、血中酸素トラッキング機能付きのGPSスマートウォッチ2モデル発売
ガーミンジャパンは、6月1日にタッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「VENU 2/2S」を発売。ヘルスモニタリングやフィットネス機能をはじめ、Suica対応のキャッシュレス決済機能なども備える。(2021/5/13)

福田昭のストレージ通信(196) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(23):
Samsungの埋め込みMRAMをソニーのGPSレシーバーLSIが搭載
今回は、Samsung Electronicsが開発した埋め込みMRAM技術の製品化事例を報告する。具体的には、Huaweiのスマートウォッチ「GT2」に搭載されているソニーセミコンダクタソリューションズのGPSレシーバーIC「CXD5605」に、SamsungのMRAMマクロが内蔵されていることが明らかになった。(2021/4/30)

NEWS
カリタス小学校、生徒の登下校を遠隔で見守るGPS連携アプリを導入
カリタス小学校は通学時の生徒の現在地をスマートフォンで確認できるシステムを導入した。コロナ禍の影響で登下校が不規則になったことによる見守りニーズの高まりを受け、通学時の安全強化を目指す。(2021/4/12)

ガーミン、GPSウォッチなど36製品に「血中酸素トラッキング」機能 4月下旬から
ガーミンジャパンが腕時計36製品に「血中酸素トラッキング」機能を追加する。4月下旬以降、順次ソフトウェアアップデートを提供する。(2021/4/6)

トレイルランやウルトラランに適したGPSウォッチ、ガーミンが発売
ガーミンジャパンがGPSウォッチ「Enduro」シリーズを発売。林道や登山道を走るトレイルラン、フルマラソンより長い距離を走るウルトラランなどに適した機能を持つ。(2021/3/31)

AI:
写真から撮影場所や被写体の大きさを自動認識/管理するAIを開発
東芝は、GPSが届かない発電プラント施設内などの点検作業において、一般のカメラで撮影した1枚の写真から、撮影場所とひび割れなどの劣化箇所の被写体の大きさを認識する「点検情報管理AI」を開発した。巡視・保守点検作業を効率化する。(2021/3/30)

バスNAVITIME、訪れたバス停を記録できるチェックイン機能
バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」が「バス停チェックイン」を提供開始。GPSをオンにして全国のバス停にチェックインすると記録できる。訪れたバス停の振り返りやチェックイン数に応じてバッジを獲得できる。(2021/3/29)

ソーラー充電で約80時間稼働 GarminのスポーツGPSウォッチ「Enduro」
ガーミンジャパンは、4月8日にスポーツGPSウォッチ「Enduro」シリーズを発売。ソーラー充電機能を備え、GPSモードで約80時間という長時間稼働を実現している。(2021/3/25)

宇宙開発:
静止軌道上でのGPS航法に成功、静止衛星用GPS受信機を国内外で発売
NECとJAXAは、光データ中継衛星に搭載した「静止衛星用GPS受信機」を活用し、静止軌道上でのGPS航法に成功した。軌道上で4機以上のGPS衛星からGPS信号を受信し、GPS航法を安定的に継続できることを確認した。(2021/3/18)

ソースネクストの位置みまもり機「FamilyDot」、9900円(税込み)に値下げ
ソースネクストは、位置みまもり機「FamilyDot」を1万6368円から9900円(税込み)に値下げ。世界79の国・地域で使える小型GPSデバイスで、家族の居場所をいつでもスマートフォンで確認できる。(2021/3/2)

ソニーの“お守り”「アミューリンク」予約開始 親のスマホと音声メッセージをやり取り
ソニーマーケティングがGPSやLTE通信機能を搭載した小型端末「amue link」を発売。子どもに持たせればスマートフォンで居場所が分かり、音声メッセージもやり取りできる「お守りみたいな端末」。(2021/2/17)

i-Construction:
東急建設が開発した「土砂運搬」を最適化するGPSとシミュレーターのデジタルツイン
東急建設は、建設現場の土砂運搬プロセスを最適化するシミュレーターを開発した。既に実現場で適用し、以前GPSで取得したダンプの位置情報データを用いて、運搬計画をサイバー空間でシミュレーションし、現実と仮想のデジタルツインで土砂運搬の効率化を実現した。(2021/2/12)

ドキドキが視聴者に伝わるゲーム実況向け“ゲーミング腕時計” ガーミンが開発 実際に試してみた
ガーミンジャパンのeスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT Esports Edition」をレビュー。心拍数などを視聴者に伝えられる「STR3AMUP!」などを、実際にゲーム実況に使ってみた。(2021/2/9)

キンタロー。浮気防止に“GPSアプリ”を愛用中 夫に“見てます画像”を送りつけたことも
GPSアプリケーション歴7年になるキンタロー。さん(2021/2/5)

ガーミン、eスポーツ向けGPSウォッチを日本で発売 ゲーム中の心拍数やストレスを計測
ガーミンジャパンが、eスポーツ向け機能を搭載したGPSウォッチを2月4日に発売する。ゲーム中の心拍数やストレスを計測する機能を持つ。価格は3万3800円(税別)。(2021/1/21)

IoTBank、スマホ連携の見守りGPS端末を2万台無償提供
IoTBankが、見守りGPSサービス「まもサーチ」の子ども見守り支援キャンペーンを開始。バージョン2に進化した本体を2万台無償で提供する。(2021/1/20)

年に5メートルの積雪――生活支える除排雪作業、データで効率化へ 富良野市
富良野市は、除排雪作業の効率化に向け、IoTを活用した実証実験を実施する。除排雪車両に設置したGPS端末から収集する走行データや業務記録、天候データなどを「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」のデータ分析基盤で分析、可視化する。(2020/12/24)

小型のGPS端末で子供を見守り 写真共有アプリ「みてね」が来春サービス開始
写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、子供用GPSサービス「みてねみまもりGPS」を2021年3月上旬に提供開始。小型・軽量のGPS端末の位置情報をスマホアプリで確認できる。(2020/12/15)

建設業界のDXを推進:
鹿島道路、建機の稼働状況や位置情報を一元管理するシステムを採用
鹿島道路は、IoTやLPWAネットワークといったICTを活用して建機の稼働状況を可視化するシステムを導入した。加速度センサーとGPSセンサーを建機に設置し、建機が稼働時に発する振動から稼働状況を自動的に検出する。(2020/12/15)

ソニー、月額980円の見守りサービス「amue link」提供 チップSIM内蔵の小型端末を使用
ソニーは、チップ型SIMを搭載したコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリを利用した見守りサービス「amue link」を提供開始。GPSに対応し、AIを用いた移動手段の検知やボイスメッセージ機能を備える。(2020/12/10)

GPSからPTPに移行へ:
PR:5Gにおける分散型ベースバンドユニット(BBU)向け時刻同期トレンド
5Gシステムでは、衛星システムからの受信が途絶えた状態でもRadio Unit(RU)へ非常に高精度な時刻を提供する必要があり、位相の同期とクリティカルな時刻サービスの制御が望まれます。このようなセキュリティおよび、レジリエンシ要件に対応するため、3Gや4Gシステムで見られたGPSに対するレジリエンスは、Precision Time Protocol(PTP)へと移行します。こうした5Gにおける時間同期について詳しく解説します。(2020/12/7)

「Apple Watch」によく似たスマートウォッチ、防犯カメラのWyzeが20ドル(約2100円)で発売へ
米国では防犯カメラメーカーとして知られるWyzeが、「Apple Watch」によく似た「Wyze Watch」を19.99ドル(約2100円)で発売する。ディスプレイは液晶でGPS追跡機能などはないが、Apple Healthとの接続も可能。防水レベルはIP68でバッテリーは9日間持続可能だ。(2020/12/3)

組み込み開発ニュース:
車両のシガーソケットに取り付けるGPSトラッカーを発売
ソラコムは、車両のシガーソケットに取り付けられるGPSトラッカー「RT299」を発売した。定期的に位置情報を送信するほか、ボタン押下やデバイス取り外し時の通知機能も有し、車両管理による業務効率化を支援する。(2020/12/2)

Garmin、スマートウォッチ「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定発売 21万円〜
ガーミンジャパンは、11月20日に「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定で発売。5種類のGPSウォッチ「MARQ」と新作カラーシリコンストラップなどをセットにし、各モデルを50セット提供する。(2020/11/20)

Garmin、健康管理やSuicaに対応したスマートウォッチ「VENU SQ/VENU SQ Music」発売
ガーミンジャパンは、12月3日に健康管理やSuica決済にも対応したGPSスマートウォッチ「VENU SQ」「VENU SQ Music」を発売。価格は2万4800円(税別)から。予約受付は11月26日に開始する。(2020/11/19)

複数の衛星システムを活用して正確な位置情報を取得 GPSレシーバー/ロガー「GNS 3000」登場
リベルタジャパンが、複数の測位システムに対応するGPSレシーバー/ロガーを発売した。スマートフォンとはBluetoothを介して接続可能で、地図アプリなどの測位精度を高められるという。(2020/11/4)

Japan Drone2020:
非GPS環境下で自律飛行可能なドローン、煙突点検の費用を従来比で50%以上カット
関西電力は、自律制御システム研究所製の産業ドローン「ACSL-PF2」をカスタマイズして煙突点検用ドローンを開発した。同社が、KANSOテクノスやNJSと共同で行った火力発電所での実証実験では、煙突内部で自律飛行により高度175メートルまで上昇し、点検用の画像を取得可能なことが明らかになっている。(2020/10/15)

組み込み開発ニュース:
インターネットやGPSを使わずに時刻同期精度を保つNTP配信サービスを提供へ
セイコーソリューションズは、無線通信区間でもNTP同期精度を保つ技術「Seiko Smart Time Filter」を開発した。インターネットやGPSアンテナを使わずに高精度で時刻同期ができる。今後、同技術を活用したNTP配信サービスを提供予定だ。(2020/10/8)

子ども向け「プレスマホ」登場 GPSや防犯ブザー付きなどキッズケータイとスマホをいいとこ取り
月額1000円から。(2020/10/5)

Garmin、Suica対応GPSランニングウォッチ「ForeAthlete 745」10月1日に発売
ガーミンジャパンが、Suicaの決済機能を搭載した新型GPSランニングウォッチを発売。9月24日から販売予約を受け付ける。発売を記念して、先着2500人にGarminロゴの入ったマスクをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/9/17)

Garmin、マリンスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」8月27日に発売
ガーミンジャパンは、8月27日にアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」を発売。サーフィン、釣り、SUPなどのマリンスポーツに対応する。(2020/8/18)

厚労省のアプリに代替案はあるのか:
キャリアのGPSを使う? アプリをプリインストール? QRコードにキャッシュレス?――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!02 #イベントレポート #完全版
日本国は巨大プラットフォーマーに負けたのか?――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/29)

米Garminのオンラインサービス障害、原因はランサムウェア 復号キー入手の報道も
GPS機器やスマートウォッチなどを販売する米Garminの一部オンラインサービスが、7月23日から使えない状態になっている。原因はランサムウェアによるサイバー攻撃で、影響を受けたサービスの多くが回復に向かっているという。(2020/7/28)

Garmin、最新ゴルフテクノロジーを搭載した「MARQ Golfer」日本限定パッケージを販売 100セット限定
ガーミンジャパンが、8月6日にゴルファー向けGPSプロウォッチ「MARQ Golfer Japan Limited Kit」を100セット限定で発売する。それに先立ち、販売予約を7月22日から受け付けている。(2020/7/22)

Garmin、ソーラー充電機能を搭載したアウトドアGPSウォッチを発売
ガーミンジャパンは、7月16日にアウトドアGPSウォッチシリーズ「INSTINCT」からソーラー充電機能を新たに搭載した「INSTINCT DUAL POWER」を発売。交換用シリコンベルトをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/7/9)

大林組、NECの顔認証技術を導入 建設現場の勤怠管理を自動化 業界の人手不足に対応
総合建設会社の大林組が、NECの顔認証技術を導入。本人確認を行う他、入場・退場時の時刻とGPSを取得する。建設現場における勤怠管理を自動化し、業界の人手不足に対応する狙い。(2020/6/15)

エネルギー補給のタイミングを教えてくれるスマートウォッチ「Polar Grit X」登場 長時間のスポーツ向け
ポラール・エレクトロ・ジャパンは、GPSを搭載したアウトドア向けスポーツウォッチ「Polar Grit X」を6月4日に発売する。価格は5万9800円(税別)。(2020/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。