ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GPS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Global Positioning System:全地球測位システム

誤差2センチ:
まるで下町ロケット! 自動トラクターが耕すスマート農業
GPSの位置情報をもとに、手放し運転の自動操舵トラクターが白ネギ畑をまっすぐ進む。情報通信やロボット技術を取り入れた「スマート農業」の実演会が開かれた。農業の未来を切り開く手段として国や自治体は普及に本腰を入れるが、その背景には……。(2020/10/22)

Japan Drone2020:
非GPS環境下で自律飛行可能な煙突点検用ドローン、従来比で50%以上のコストカット
関西電力は、自律制御システム研究所製の産業ドローン「ACSL-PF2」をカスタマイズして煙突点検用ドローンを開発した。同社が、KANSOテクノスやNJSと共同で行った火力発電所での実証実験では、煙突内部で自律飛行により高度175メートルまで上昇し、点検用の画像が取得可能なことが明らかになっている。(2020/10/15)

警察庁、ストーカー規制の在り方検討 最高裁の「GPSでの追跡は該当しない」判断受け
最高裁で、GPSを使ってストーキング対象を追跡する行為はストーカー規制法の「見張り」には当たらないとする判決が出たことを受け、警察庁は今後の規制の在り方を検討する有識者検討会を設置すると発表した。(2020/10/9)

組み込み開発ニュース:
インターネットやGPSを使わずに時刻同期精度を保つNTP配信サービスを提供へ
セイコーソリューションズは、無線通信区間でもNTP同期精度を保つ技術「Seiko Smart Time Filter」を開発した。インターネットやGPSアンテナを使わずに高精度で時刻同期ができる。今後、同技術を活用したNTP配信サービスを提供予定だ。(2020/10/8)

子ども向け「プレスマホ」登場 GPSや防犯ブザー付きなどキッズケータイとスマホをいいとこ取り
月額1000円から。(2020/10/5)

Garmin、Suica対応GPSランニングウォッチ「ForeAthlete 745」10月1日に発売
ガーミンジャパンが、Suicaの決済機能を搭載した新型GPSランニングウォッチを発売。9月24日から販売予約を受け付ける。発売を記念して、先着2500人にGarminロゴの入ったマスクをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/9/17)

Garmin、マリンスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」8月27日に発売
ガーミンジャパンは、8月27日にアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」を発売。サーフィン、釣り、SUPなどのマリンスポーツに対応する。(2020/8/18)

GPSで居場所確認「見張り」に当たらず ストーカー規正法めぐり最高裁
 女性の車に衛星利用測位システム(GPS)を取り付けて居場所を知った行為が、ストーカー規制法の禁じる「見張り」に当たるかどうかが争われた2件の刑事事件で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は30日、見張りについて「機器などを用いても家の付近など一定の場所で動静観察を要するのが相当」とし、GPSで居場所を把握するだけでは該当しないとの初判断を示した。(2020/7/31)

厚労省のアプリに代替案はあるのか:
キャリアのGPSを使う? アプリをプリインストール? QRコードにキャッシュレス?――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!02 #イベントレポート #完全版
日本国は巨大プラットフォーマーに負けたのか?――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/29)

米Garminのオンラインサービス障害、原因はランサムウェア 復号キー入手の報道も
GPS機器やスマートウォッチなどを販売する米Garminの一部オンラインサービスが、7月23日から使えない状態になっている。原因はランサムウェアによるサイバー攻撃で、影響を受けたサービスの多くが回復に向かっているという。(2020/7/28)

Garmin、最新ゴルフテクノロジーを搭載した「MARQ Golfer」日本限定パッケージを販売 100セット限定
ガーミンジャパンが、8月6日にゴルファー向けGPSプロウォッチ「MARQ Golfer Japan Limited Kit」を100セット限定で発売する。それに先立ち、販売予約を7月22日から受け付けている。(2020/7/22)

Garmin、ソーラー充電機能を搭載したアウトドアGPSウォッチを発売
ガーミンジャパンは、7月16日にアウトドアGPSウォッチシリーズ「INSTINCT」からソーラー充電機能を新たに搭載した「INSTINCT DUAL POWER」を発売。交換用シリコンベルトをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/7/9)

赤城大沼で仮想ランニング大会 GPSアプリ活用
群馬県前橋市で、GPSトレーニングアプリを活用して順位を付けるバーチャルランニングイベント「あかぎ大沼バーチャルトライアル2020」が開かれる。ランナーは大会期間中の好きな時間にコースを走り、記録を計測。事務局がタイムを集計し順位を決める。(2020/7/1)

大林組、NECの顔認証技術を導入 建設現場の勤怠管理を自動化 業界の人手不足に対応
総合建設会社の大林組が、NECの顔認証技術を導入。本人確認を行う他、入場・退場時の時刻とGPSを取得する。建設現場における勤怠管理を自動化し、業界の人手不足に対応する狙い。(2020/6/15)

エネルギー補給のタイミングを教えてくれるスマートウォッチ「Polar Grit X」登場 長時間のスポーツ向け
ポラール・エレクトロ・ジャパンは、GPSを搭載したアウトドア向けスポーツウォッチ「Polar Grit X」を6月4日に発売する。価格は5万9800円(税別)。(2020/5/31)

Garmin、GPSランニングウォッチの日本限定モデルを5月22日発売 4万4800円
ガーミンジャパンは、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズから日本限定モデル「ForeAthlete 245 Music JAPAN Limited Edition」を発売。国内3000本の数量限定で、シリアルナンバーが刻印される。(2020/5/8)

「NewsDigest」アプリ、新型コロナウイルスの感染場所が確認可能に
JX通信社は、速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で新型コロナウイルスの感染事例が発表された場所を表示できる機能を提供。GPSの位置情報機能を活用したもので、現在地周辺での感染事例を確認できる。(2020/5/7)

今日のリサーチ:
東京都の「スーパーでの買い物は3日に1回」自粛要請の効果は?――ipoca調査
東京都知事による「都民のスーパーでの買い物は3日に1回程度に控えるように」という自粛要請はどの程度効果があったのか。GPSデータを分析した結果です。(2020/5/4)

組み込み採用事例:
自動車向けのGNSSアンテナをドローンメーカーに提供
ヨコオは、主に自動車用途で採用されている同社のGNSSアンテナをドローンメーカーにも提供すると発表した。優れた耐環境性能と、低い信号をGPS受信機に伝えられるローノイズアンプを備える同アンテナにより、ドローンサービスの発展に貢献する。(2020/4/17)

Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売
Fitbitがフィットネストラッカー「Charge 4」を4月13日に発売する。日本での希望小売価格は2万1980円。2年前に発売の先代「Charge 3」にはなかったGPSを搭載し、スマートフォンを持ち歩かなくてもワークアウトのペースや距離を追跡できる。(2020/4/1)

ソフトバンク、位置情報を確認できる小型IoTデバイス「どこかなGPS」3月12日に発売
ソフトバンクは、3月12日にZTE製の小型IoTデバイス「どこかなGPS」を発売。専用アプリを通して位置情報を確認でき、保護者が子どもの見守りができる機能を備える。(2020/3/4)

日本ものづくりワールド2020:
建機の盗難防止や施設の温湿度管理に役立つ多機能位置検出器「GPSマルチユニット」
京セラは、建機や高級車の盗難防止や施設の温湿度管理、高齢者の見守りに活用できる多機能位置検出器「GPSマルチユニット」を開発した。(2020/3/2)

PR:小型で使いやすいグローバルスター 衛星通信が拓く、海洋観測の今
地球環境が激変するなか、海洋についてのデータを集める海洋観測市場が盛り上がりを見せている。観測に使うのは、海面に浮かぶブイだ。ブイにGPSや衛星通信機能を搭載することで、さまざまなデータが取得できる。Globalstarが提供する小型の衛星通信機が、海洋観測を変えようとしている。(2020/3/2)

ジャパンドローン2020:
ドローンの屋内自動飛行を容易にする新システムを展示、マーカー設置は不要
近年、作業の効率化などを目的に、ドローンを用いた屋内での点検や巡視が注目されている。だが、GPSデータの取得が難しいことが、室内でドローンを運用する点で障壁となっている。ブルーイノベーションは、状況を踏まえ、ドローンの屋内活用を容易にする新システムを開発した。(2020/2/27)

G-SHOCKに心拍計・GPS機能搭載の新モデル 健康チェックやトレーニングに対応 5万5000円
カシオ計算機が心拍計とGPS機能を搭載した「G-SHOCK」を4月24日に発売する。価格は5万5000円(税込)。(2020/2/26)

Sigfoxを使った見守りサービス「キンセイGPS」、一般販売を開始 子どもの居場所がスマホで分かる
ハムステッドの見守りサービス「キンセイGPS」が4月から一般販売を開始する。大阪府寝屋川市の「子どもの安全を守る事業」などの採用実績があるサービス。1年分のサービス料込みで価格は8800円(税込)。(2020/2/6)

米ミズーリ大に「アプリで学生の出欠を監視」の報道 「アプリ利用は任意」とコメント
GPSでの追跡はしていないと説明。(2020/1/31)

「業界トップ水準」の飛行時間も強調:
GPS無しでも自律飛行可能、「国産」小型産業用ドローン
自律制御システム研究所は2020年1月23日、屋内外で飛行可能な小型産業用ドローン「Mini」を発表した。独自開発の『国産』自立制御技術によって、GPSやGNSSデータが取得できない環境でも安全な自律飛行が可能といい、同社は、「工場内の巡回、屋内点検、倉庫内在庫管理、建物の外壁、橋梁下の点検など幅広い場所で適応できる」としている。(2020/1/24)

ガーミン、水中で心拍計測できるGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を1月30日に発売
ガーミンジャパンはがGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発売する。その名の通り、スイミングに関するさまざまなな指標を計測・保存できる「スイミングモード」を搭載していることが特徴だ。(2020/1/16)

GPS内蔵のスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」、1月17日から順次発売 8800円
ファーウェイ・ジャパンは、1月17日からスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」を順次発売する。GPSを内蔵し、トレーニングのデータをリアルタイムに記録。心拍数や睡眠モニタリングをはじめ、11種のワークアウトに対応する。(2020/1/14)

スマホで子供の居場所が分かる「どこかなGPS」 ソフトバンクが発売
ソフトバンクがGPS対応の小型デバイス「どこかなGPS」を2020年2月に発売。子供のランドセルなどに入れておけば、保護者はスマートフォンでいつでも居場所を把握できる。(2019/12/23)

GPSを使用したスマホ向け見守りサービス「まもサーチ」、2020年1月24日に発売
IoTBankは、2020年1月24日にGPSの位置情報を使用したスマホ向け見守りサービス「まもサーチ」を発売。回線契約や事務手数料・解約金を必要とせず、端末を購入してから月額または年額の通信料のみで利用できる。(2019/12/20)

ソフトバンクが子どもの位置検索ができる「どこかなGPS」を投入 2020年2月下旬以降に発売
ソフトバンクが、位置情報の送信に特化した端末を発表。本体と2年間の通信料金をセットにして発売。GPS機能を搭載した正方形の小型デバイスがの専用アプリを通じ、離れた場所から位置を検索できる。(2019/12/19)

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載
ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。(2019/12/17)

ガーミン、ソーラー充電付きGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」12月19日発売 13万円〜
ガーミンジャパンは、12月19日にマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売。同社初のソーラー充電機能を備え、スマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能となる。(2019/12/12)

INCHEM TOKYO 2019:
ドローン活用のプラント点検サービス、GPSは不要
自律制御システム研究所(ACSL)はアクセンチュアとともに、プラントの腐食や漏油箇所の検出を容易にするサービスを開発した。このサービスは、非GPS環境下で飛行可能なドローン「Mini」と、AIによりプラントの損傷部を自動抽出するシステムで構成。これまで点検で要していた足場などが必要なくなり、コストを大幅に減らせるため、業界から関心を集めている。(2019/11/29)

検査・維持管理:
非GPS環境下のトンネル内をドローンで全面撮影、ゼンリンデータコムが実証
ゼンリンデータコムとJR北海道は、鉄道施設を対象にしたドローン点検の実用化に向けた検証を進めている。2019年8月には、廃線となった非GPS環境のトンネル内で、自動飛行とカメラ撮影による非破壊検査の実証実験を行った。(2019/11/19)

ガーミン、タフネスGPSアウトドアウォッチ「Instinct Tide」「Instinct Tactical」を発売 11月13日から予約受付
ガーミンジャパンが、11月20日にGPSアウトドアウォッチ「Instinct」のラインアップを拡充する。予約受付は11月13日から行う。(2019/11/11)

Apple、iPhone 5ユーザーにiOSアップデートを呼びかけ 11月3日を過ぎるとワイヤレスアップデートできなくなる
「GPS週数ロールオーバー」の影響とのこと。(2019/10/28)

Apple、「iPhone 5ユーザーは11月3日までにiOS 10.3.4にアップデートを」と告知
Appleが、「iPhone 5」などの旧端末のユーザーに、11月3日午前9時までに対応する最新iOSにアップデートするよう告知した。「GPS週数ロールオーバー」問題に対処するため。アップデートしないとApp Store、iCloud、メール、Webブラウザなどが正常に使えなくなる可能性がある。(2019/10/28)

PR:独自の衛星通信を使ってトラッキングIoTを手軽にするGlobalstar
モノのインターネットと呼ばれるIoTにおいて、多彩な利用が期待されている位置情報のトラッキング。衛星通信とGPSを組み合わせることで、地上の携帯電話のカバーエリアにとらわれず、全世界でトラッキング可能なデバイスが、国内でも利用できるようになっている。(2019/9/27)

組み込み開発ニュース:
簡単にセルラーIoTをプロトタイピングできるプラットフォームを発売
Nordic Semiconductorは、簡易セルラーIoTプロトタイピングプラットフォーム「Thingy:91」を発売した。GPS搭載マルチモードLTE-M/NB-IoTモジュール「nRF9160 SiP」をベースとしている。(2019/9/9)

シャープ、電池交換不要の位置情報ビーコン 高効率の太陽電池で実現
 シャープが、太陽電池搭載で電池交換の手間がかからないビーコン「レスビー」を開発したと発表。起電力が高い「色素増感太陽電池」を使い、メンテナンスの手間を減らスト同時に、GPSが使いにくい環境でも位置情報を測定できる。(2019/8/9)

組み込み開発ニュース:
グローバルな運用向けにLTE-M/NB-IoTモデムとGPSを統合したSiPの量産開始
Nordic Semiconductorは、LTE-M/NB-IoTモデムとGPSを統合したセルラーIoTモジュール「nRF9160 SiP」が、日本やアメリカを含む各国の通信機器認証を取得し、量産段階へ移行したことを発表した。(2019/7/26)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

"腕”を取り合う競争の勝者は? 睡眠の質を測る腕時計がポラールから
各種センサーを備えた腕時計が、ウエアラブルデバイスの本命として盛り上がってきている。10万円を超える高級腕時計市場をめぐる争いがある一方、スポーツなど特定用途向けのGPSウオッチの進化も続く。フィンランドのポラールはスポーツウオッチに睡眠の質を計測する機能を盛り込んだ。(2019/6/26)

ついに日本でも展開:
GPSプロウォッチ「MARQ」コレクションで高級ウェアラブル市場に参入 ガーミン30周年目の挑戦
ガーミンジャパンがGARMINの創業30周年記念を記念して“GPSプロウォッチ”の「MARQ(マーク)」コレクション5モデルを発表、6月24日から発売する。価格は21万円〜33万円(税別)だ。(2019/6/25)

半径300メートルのIT:
「知らないうちに、スマホから自分の位置情報がダダ漏れ」を防ぐ方法
カメラや地磁気センサー、GPS――あなたがいつ、どこにいたかを伝えるスマホの「位置情報」、本来なら必要のないはずの第三者に公開していませんか?(2019/6/25)

高級腕時計市場に挑むガーミン GPS技術で“プロ”訴求
自転車や登山、ランナー向けのGPSウォッチとして有名なガーミンが高級腕時計に参入。20万円を超える価格は果たして受け入れられるか。(2019/6/24)

Smart Sensing 2019:
ラズパイ+拡張ボードでLoRaWANが安価に構築できる
アールエスコンポーネンツは「Smart Sensing 2019」(2019年6月5〜7日、東京ビッグサイト)で、「Raspberry Pi(ラズパイ)」用拡張ボードとして、LoRAWANの無線通信が可能になる「LoRa/GPS HAT」などを展示した。【訂正あり】(2019/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。