ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フィットネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ダイエット&フィットネス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でダイエット&フィットネス関連の質問をチェック

ソフトバンク、ブラジルのフィットネス新興企業Gympassへの3億ドル投資をリード
ソフトバンクグループの“10兆円ファンド”「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、ブラジル発の企業向けサブスク制フィットネスサービスのGympassへの3億ドル投資をリードする。(2019/6/17)

フィットネス機能を強化、ミニマルデザインのスマートウォッチ「MATE2」発売
Glotureは、6月14日にスマートウォッチ「MATE2」を発売。ミニマルデザインに強化したフィットネス機能を搭載し、活動量計やアプリ通知、睡眠記録なども利用できる。レンズ部分は丈夫なサファイアガラス、手入れが簡単なシリコン製ベルトを採用し、約6カ月〜12カ月動作する電池交換式となっている。(2019/6/14)

“見るプロテイン”ことテレビアニメ「ダンベル何キロ持てる?」PV公開 JKがひたすらに筋トレをする話
そして響き渡る玄田哲章ボイス。(2019/6/11)

武田真治さんがただ筋トレするだけの「ロマンシング サガ リ・ユニバース」新CM放送開始
筋トレ勢の新規ユーザーがたくさん来そう。(2019/5/31)

“中年オヤジ”になってから挑戦と筋トレを始めた男性のビフォーアフターに反響 「かっこいい」「勇気をもらった」
「変わるなら生きてるうちに」を実行したカッコイイ生き方……!(2019/5/18)

「Yahoo! JAPAN ID」オフラインでも活用 スポーツジムの入退館など管理
ヤフーは、Yahoo! JAPAN IDをオフラインで活用する実証実験を、ティップネスが運営するトレーニングジム「FASTGYM24」と連携して始めた。ジムの会員情報とYahoo!IDを連携させ、入退館やトレーニングメニューの管理などを行える。(2019/5/13)

仮想アシスタントやチャットbotを活用
AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ
AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。(2019/3/23)

「薬物なんて必要ありません! 筋トレしましょう!」 西川貴教が唱えた“筋トレ万能説”が大反響を呼ぶ
説得力しかない。(2019/3/14)

「筋肉は裏切らない」誕生秘話 谷本道哉近大准教授(上)
昨年8月にNHKで放送された「みんなで筋肉体操」。番組でのメニューを監修したのが近畿大生物理工学部の谷本道哉准教授(46)。話題を呼んだ番組作りの裏には、筋トレに魅せられ、研究と自身の体を鍛え上げる中で築いた、筋トレへの情熱とある信念があった。(2019/2/26)

Apple Storeの「ヘルス&フィットネスウォーク」に参加してみた
ハリウッド流フィットネストレーナーがApple Store向けに作ったプログラムを試してみた。(2019/2/5)

個人投資家列伝(5):
筋トレも投資も、効率性よりも「続けること」が重要 虫とり小僧さん
投資マニア的に、最適なアセットアロケーションを計算したり、少しでも安い信託報酬のファンドを探したりとこだわってきた虫とり小僧さんだが、あることをきっかけに手間をかけずに「続けること」を再重視するようにスタイルが変わったという。(2019/1/29)

「どっちも男みたいでしょ」 和田アキ子、妻夫木聡とジムで仲良く筋トレ2ショット 笑顔が完全に乙女!
これは乙女。(2019/1/28)

Oaxis Japan、3000円台のウェアラブル端末「Tenvis HR」発売
Oaxis Japanは、1月22日に次世代スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売。毎日の健康管理やフィットネスに欠かせない数値を確認・管理でき、スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージなどもチェックできる。約2時間でフル充電でき、最大14日間の連続使用可能だ。(2019/1/22)

見るプロテイン? 女子高生が肉体改造するコメディー漫画『ダンベル何キロ持てる?』がアニメ化決定!
女子高生が筋トレに挑む漫画が原作。(2019/1/16)

視点:
「買う」はどう進化するか? 「買い方の未来」から事業価値を刷新する
「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。(2019/1/16)

筋肉体操より難しい? 武田真治が指南する「女性向け筋トレ」がウルトラCの超難度
先生、自叙伝持ってません。(2019/1/15)

今日のリサーチ:
「FiNC」「からだメイト」他、ヘルスケア&フィットネス系アプリの利用実態――電通デジタルとフラーが調査
スマホユーザーの約3割がヘルスケアやフィットネス系のアプリを所持していることが分かりました。(2019/1/10)

「ほらほらもっと頑張るにゃ!」 筋トレを応援してくれる鬼コーチ猫ちゃんが頼もしい
邪魔していると見せかけての全力応援かな?(2019/1/7)

「諦めないんだニャ!」 筋トレをしているかのようなネコちゃんの必死なお顔が面白い
筋トレを諦めないかわいいネコちゃん。(2018/12/16)

フィットネス装い金銭詐取 Apple App Storeに不正アプリ
iOS向けフィットネスアプリを装い、「Touch ID」を使って金銭をだまし取ろうとするアプリは、App Storeのレビューで高評価を獲得していた。(2018/12/4)

Huawei、独自OSのスマートウォッチ「Huawei Watch GT」発表 199ユーロから
Huaweiが、スマートウォッチ「Watch GT」を発表した。独自OS搭載で、一般的な使用であれば1回の充電で約2週間持つという。フィットネストラッキング、心拍計、睡眠機能も搭載し、価格は199ユーロ(約2万6000円)から。(2018/10/17)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
ジムに通うと安くなる保険から考える、健康維持の秘訣とは
スポーツジムに通うなど、健康増進活動をすると保険料が安くなるという新しい保険商品が注目されている。運動好きな人を中心にどれだけ保険料が安くなるのかに関心が集まっているようだが、この商品の注目点はそれだけではないのだ。(2018/8/2)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)

VR×フィットネスバイクを体験してみた VRゲームで運動を新たな「エンターテインメント」に
VRデバイスをかぶりながらエクササイズする未来が来た。(2018/7/13)

医療機器ニュース:
フィットネスアプリ向けのウェアラブル評価・開発プラットフォームを発表
Maxim Integrated Productsは、ウェアラブル設計者がバイタルサイン、生データを簡単に抽出できる「MAX-HEALTH-BAND」と、心電図(ECG)や心拍数を監視できる「MAX-ECG-MONITOR」を発表した。(2018/7/11)

女性誌サイトの「卵巣血行促進エクササイズ」記事に根拠を疑問視する声 → 記事非公開に
「生理不順の原因は、骨盤の後傾。後傾すると股関節が卵巣から遠くなるため、周辺の筋肉が動かず卵巣が血行不良に」「血流を促せば、卵巣機能が向上する」などと記載されていた。(2018/7/5)

フレフレプロデューサーさん! アイドルがいろいろ手伝ってくれるフィットネスジムがオープン
心臓バクバク。(2018/6/19)

2位は妻の「ちがうだろ!」:
「サラリーマン川柳」、1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」
恒例「サラリーマン川柳」の上位10作品が発表。1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」。働き方改革を詠んだ作品も多く入賞した。(2018/5/23)

川崎駅西口の再開発が2021年の完成を目指し、本格始動
川崎駅西口で検討されていた再開発計画が本格始動する。計画自体は1999年に決定した川崎市の都市計画に基づくもので、JRの変電所跡地と取得した複数隣接地を一体的に整備。大規模オフィスビルとホテル、低層のフィットネス&スパ施設を建設する。(2018/5/21)

「リーグ・オブ・レジェンド」の新競技モードにケイン・コスギ参戦 「Perfect Body」を合言葉に勝利を目指す
練習で筋トレを始めそうなチーム名。(2018/5/19)

「ソフトバンクセレクション」10周年記念暴走 10キロの鉄アレイiPhoneケースや巨大うんこiPhoneケース発表
スマホ依存症筋トレ。(2018/5/17)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
「やらされ感」じゃなく「やってる感」で動く職場にする方法を教えよう――東急スポーツオアシス 代表取締役社長 平塚秀昭氏
「Apple Watchを着けて泳げるプール」を日本で初めて銘打ったフィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」を率いる東急スポーツオアシの表取締役社長 平塚秀昭氏が語る、従業員が楽しく働く職場づくりの極意や、組織を変えるチャレンジマインドとは?(2018/4/6)

「うーんとこ、どっこいしょ〜」 深田恭子の“おっとりエクササイズ”が癒やしの極みに到達する
ビスコよありがとう。(2018/4/4)

アップルPickUp!:
Apple Watchとジムのマシンがつながる! GymKit対応ランニングマシンを体験
ANYTIME FITNESS 恵比寿店で「Apple GymKit」対応マシンを試した。(2018/3/28)

「腹筋きつい、やめよ」→「体が勝手に…やめろぉ!」 筋トレを諦めないため「何かに乗っ取られる」手法が斬新
「今日中に3セットやるのだ…!」「やめろぉー!」(2018/3/21)

自分のApple Watchをジムのマシンに接続 恵比寿のフィットネスクラブで導入
watchOS 4で導入されたGymKitにより、ジムのマシンと自分のApple Watchを連動させて記録することが可能になった。恵比寿のフィットネスクラブで利用できる。(2018/3/16)

iPhoneで筋トレ イヤフォンジャックに接続できるEMSパッド
サンコーは、iPhoneのイヤフォンジャックへ接続するコンパクトなEMSパッド「引き締めパッド for iPhone」を発売。アプリと連動し、希望のコースや強弱を選択して効果的に筋肉を刺激することができる。(2018/3/9)

「デッドリフトしてて可愛いのあなただけ」 玉城ティナがガチ筋トレ姿を披露、ムキムキティナ見てみたい!
非の打ちどころがないかわいさだ……。(2018/3/1)

波立つ水面からファビュラス 叶恭子、逆さに持ち上げる美脚エクササイズが犬神家
あまりに美しい犬神家。(2018/1/24)

“女王様”は理想のパーソナルトレーナー 筋トレとSMが奇跡の融合を果たした「SMジム」はなぜ効果的?
ムチでたたかれ、ロウソクを垂らされながらトレーニングする「SMジム」をがっつり体験してきました。(2018/1/12)

ITmedia デジタルライフスタイル通信:
ソニー「wena wrist active」はフィットネス系アプリと連携できる?
第2世代になったソニーのスマートウォッチ「wena wrist」にGPSや光学式の脈拍センサーを備えた「wena wrist active」が登場しました。心拍数を計測できれば、フィットネス時にも使えるかもしれません。(2017/12/8)

ファミマ、フィットネス事業へ参入 24時間営業、スマホアプリ活用
ファミリーマートが、2018年2月上旬にフィットネスクラブをオープン。コンビニ併設型で24時間営業。スマホアプリも活用し、トレーニング方法などをレクチャーする。(2017/11/30)

コンビニと併設する24時間ジム:
ファミマ、フィットネス事業に参入 「Fit&GO」
ファミリーマートがフィットネス事業に参入。コンビニと併設する24時間フィットネスジム「Fit&GO」を展開する。(2017/11/30)

ファミマが24時間営業のフィットネスジムをオープン
1号店を2018年2月中旬をめどに出店予定。(2017/11/30)

低糖質ダイエットにも筋トレにも使えそう コンビニのサラダチキンで作るレトルトシリーズがいろいろ捗るぞ
こういうの待ってました!(2017/10/2)

製造マネジメント インタビュー:
PCだけでなく「アイデア具現化企業」になるVAIO、フェーズは“筋トレ”に
2014年7月にソニーから独立したPCメーカーの「VAIO」。4期目を迎える同社は「フェーズチェンジ」を掲げて、新たに3本目の柱として「ソリューション事業」を打ち出している。2017年6月に新たに就任したVAIO 代表取締役社長 吉田秀俊氏に話を聞いた。(2017/9/19)

フィットネスのお供に低音マッチョなワイヤレスイヤフォンはいかが? パイオニアとゴールドジムがコラボ
パイオニアブランドから密閉型イヤフォン「E5」(SE-E5T)、およびワイヤレスイヤフォン「E7 wireless」(SE-E7BT)を発表した。IPX4(防沫型)に準拠し、装着性を高めたスポーツ向けのイヤフォンだ。(2017/9/12)

すごい筋トレをこなす男性 実は……
筋肉の力じゃなかった。(2017/9/11)

Samsung、スマートウォッチ「Gear Sport」、GPS搭載フィットネス端末「Gear Fit2 Pro」を発表
Samsungが、Gearシリーズの新しいスマートウォッチ「GearSport」、フィットネス端末の最新モデル「Gear Fit2 Pro」、無線イヤフォン「Gear IconX」の新モデルを発表した。(2017/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。