ニュース
» 2009年03月04日 09時14分 UPDATE

Opera、脆弱性に対処した「Opera 9.64」を公開

「極めて深刻」な幾つかの脆弱性に対処している。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは3月3日、OperaブラウザのセキュリティアップデートとなるOpera 9.64を公開した。

 変更履歴によると、特別に細工されたJPEG画像が悪用されると任意のコードが実行可能であった問題や、プラグインがクロスドメインスクリプティングを許容可能であった問題などが修正された。これらの脆弱性の深刻度はセキュリティ企業のSecuniaが5段階評価で上から2番目に高い「極めて深刻」としていた。

 セキュリティ関連以外では、フィードの告知をまとめて行う、インストール時にOperaをデフォルトのブラウザにするなどの修正が加えられた。

 Opera 9.64ではWindows、Mac、Linuxなどの各デスクトップOS版が用意され、Operaのサイトからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -