ニュース
» 2009年03月05日 07時56分 UPDATE

Winampに危険度「高」の脆弱性

攻撃者がこの問題を悪用すると、脆弱なシステムを乗っ取ることが可能になるという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業VUPEN Securityは3月3日、音楽プレーヤー「Winamp」に脆弱性が見つかったと報告した。危険度は4段階評価で最も高い「Critical」としている。

 この問題はlibsndfile.dllのエラーが原因で、攻撃者がこれを悪用すると、脆弱なシステムを乗っ取ることが可能になるという。この問題の影響を受けるのはWinamp 5.55およびそれ以前のバージョン。VUPENのアドバイザリーが公開された時点では、パッチはリリースされていない。

関連キーワード

Winamp | 乗っ取り | 脆弱性 | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -