ニュース
» 2009年03月09日 19時06分 UPDATE

石田晴久氏が死去 UNIX、インターネットの国内普及に尽力

日本にUNIXを初めて紹介し、UNIXやC言語の基本書籍の邦訳やインターネット発展に尽くしてきた石田晴久氏が死去した。

[ITmedia]
photo サイバー大学IT総合学部長を務めた石田氏

 日本国内のUNIX普及などに尽力した石田晴久氏(東京大学名誉教授、サイバー大学IT総合学部長)が3月9日、心筋梗塞のため都内の病院で死去した。72歳だった。

 東大大型計算機センター在職時の1970年代に日本に初めてUNIXを紹介し、83年には日本UNIXユーザー会(JUS)を村井純氏らと設立。UNIXやC言語の基本書の邦訳者としても親しまれた。1984年、国内インターネットの基礎となった「JUNET」(Japan University Network)のスタートにも東大への接続で協力するなど、インターネットの発展にも大きく貢献した。

関連キーワード

UNIX | サイバー大学 | 訃報 | 村井純


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -