ニュース
» 2009年03月13日 13時55分 UPDATE

ワコムがDJ機器に参入 タッチセンサーで音源操作「nextbeat」

ワコムが音楽分野に参入。タッチセンサー技術を生かしたプロDJ用インタフェース機器「nextbeat NXT-1000」を夏に発売する予定だ。

[ITmedia]

 ワコムは3月13日、音楽分野に参入すると発表した。ペンタブレット開発などで培ったタッチセンサー技術を生かし、プロDJ用インタフェース機器「nextbeat NXT-1000」を開発。夏から日本・欧州で発売する。

画像

画像 操作部は取り外せる

 音楽制作やクラブ演奏を行うプロDJ向け機器で、PC不要で操作できる。タッチセンサーでコントロールする2つの音源と、ミキサー、エフェクター、サンプラーの機能を、30×30センチのサイズに収めた。タッチセンサーは押圧と指座標の高速検知が可能で、プロの演奏に耐えうる耐久性も備えているという。

 タッチセンサー操作部はワイヤレス通信機能を備え、本体から取り外して演奏できる。DJがブースから離れて演奏するという新しいスタイルで「より観客との一体感を作り出せる」という。

 18日から製品サイト「www.nextbeat.net」をオープン。米国で3月24日から開かれる「Winter Music Conference」、ドイツで4月1日から開催される「Musikmesse」で公開する。

 同社のペンタブレットは音楽アルバムのジャケット制作や音楽ソフトの操作・編集に利用されており、ワコムブランドは音楽業界でも比較的高い認知があるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -