ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DJ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DJ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「フルハウス」ステファニー役俳優が婚約を発表「いつもあなたを愛している」 過去には3度の離婚と薬物依存を経験
DJ役キャンディス「おめでとう、シスター」(2022/1/19)

閉館する「スタジオコースト」の備品がヤフオク!に 看板やDJ機材など 1円から
22年1月に閉館する「STUDIO COAST」の備品や機材が「ヤフオク!」に。屋根の上にある看板の「S」の文字、クラブ「ageHa」で使用したDJ機材など26品。(2021/12/9)

DJ KOO、小室哲哉の63歳バースデーに“イケイケ時代”の2ショット 「お2人とも若い」「時代を感じる写真」
TRF全盛期のころかな。(2021/11/28)

山下智久、世界的DJスティーヴ・アオキの自宅に招待されミュージシャン魂に着火 大観衆を前にした2ショットに「熱量が凄かった」
熱狂するDJブースでは興奮気味な動画も。(2021/11/22)

「想像の5倍デカかった」 DJ社長、鈴木福の“成長”に驚き “身長差”がバグった2ショットに反響も
「大きくなったね」はもはや恒例行事。(2021/11/19)

DJ KOO、40年ぶりのラグビーに挑戦 高校時代のラガーマンショットも話題に
全貌(ぜんぼう)はYouTubeにアップするとのこと。(2021/11/16)

DJ KOO、32回目の結婚記念日に“美人妻”の顔出しショット 娘からのサプライズプレゼントに「超しあわせ DO DANCE!!」
いい子や。(2021/11/12)

Photoshopの新機能「風景ミキサー」がすごすぎて大草原 1クリックでビル群が地球滅亡後の世界に
かがくのちからってすげー!(2021/10/28)

アマプラ11月見放題作品に「マトリックス」シリーズ3作品が登場 「とんかつDJアゲ太郎」「劇場版シティーハンター」も追加
「マトリックス」シリーズが見放題でおさらいできます。(2021/10/27)

DJ KOO、娘の誕生日&大学院合格祝いでディズニーランドへ “親ばか”ショットに反響「楽しいのが伝わって最KOO」
喜びいっぱいのKOOさん。(2021/10/20)

Clubhouse、高音質ステレオの「ミュージックモード」 外部ミキサー利用も可能
Clubhouseに「Music Mode」が追加される。“高音質で優れたステレオサウンド”で音楽をブロードキャストできる機能だ。USBマイクやミキサーなどのプロ仕様のオーディオ機器を使うこともできる。(2021/10/15)

DJ KOO、高校時代のラガーマンな“爽やかショット”に反響 「イケメンすぎる!!!」「今のKOOさんの面影ある」
たびたび若い頃の写真を投稿してきたKOOさん。(2021/10/10)

何これスゴイ……「DJカー」のレンタカー登場、DJブースとミラーボール付きのごきげん仕様 料金は…… 
ルーフトップはダンスフロア。これは何かすごい……。(2021/8/19)

一家に1台ほしいかも! 自宅の駐車スペースを有効活用するターンテーブルがめちゃくちゃ便利そう
マイホームにこれほしい……!(2021/7/27)

「毎年ずーと一緒にお祝いしましょう!!」 DJ KOO、愛する妻の誕生日に“最KOO”に幸せな家族ショット
KOOさん「心からお祝いDO DANCE!!」。(2021/6/28)

山岳トンネル工事:
連続練りミキサーを使った速硬性モルタル吹付けシステム、小断面トンネルの補強で有効
熊谷組は、ファテックと共同で、速硬性のFCモルタルを連続練りミキサにより湿式で吹付けるコンパクトな施工システム「FCライナー」を開発した。新システムは、既設トンネルの補強だけでなく、新設の小断面山岳トンネルなどで掘削後、断面に吹付けし、早期に閉合する必要がある場合などにも適用できる。(2021/3/26)

DJ社長、世界を獲るための整形に約238万円 “鼻にんにく”消失に「前の方が親しみ感があった」と懐かしむ声も
目、鼻、ほおに大きく施術を行ったもようです。(2021/3/23)

Samsung、「今年はGalaxy Note発売見送るかも」 半導体供給不足にも言及
Samsungの年次株主総会で、DJコー氏が「Galaxy Note」シリーズの今年の発売は困難だと語った。同氏は潜在的問題として「世界のITセクターにおける半導体需要の深刻な不均衡」を挙げた。(2021/3/18)

FUNKY MONKEY BABYS、ファンキー加藤とモン吉の2人で再始動 DJケミカル「世界中に前向きな力を与えて」
次の展開に期待。(2021/3/16)

App Town 音楽:
AIがスマホ内の楽曲を解析して連続再生 「AI DJ GEAR」アプリ登場
Zeppホールネットワークは、「AI DJ GEAR powered by Zepp」アプリのiOS版をリリース。AIがデバイス内に保存されている楽曲を自動で解析し、連続再生することができる。(2021/2/5)

世界にはばたく昭和グルーヴ 韓国のDJ・Night Tempoの「真夜中のドア」リエディット決定に、各地から期待
令和に昭和がカムバック。(2021/1/27)

DJ KOO、盟友・SAMとの“超イケイケ30代”ショット公開 「来年は二人合わせて120歳!」と“還暦目前”バースデーを祝福
ギラギラしてる!(2021/1/14)

タイムアウト東京のオススメ:
バルセロナで「密な」クラブイベントを社会実験
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/1/12)

「フルハウス」DJ役女優、家族写真をネタ扱いされ激怒 「スクリーンの向こうには人がいるし感情がある」
劇中同様、私生活でも3児のママ。(2021/1/5)

タイムアウト東京のオススメ:
500円のターンテーブル? Technicsの製品が手のひらサイズに
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/12/15)

タイムアウト東京のオススメ:
DJブースのある銭湯? モダンに生まれ変わった墨田区の黄金湯
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/12/8)

おそロシア……こんなの予想できるか! 前を走るミキサー車が高架に接触、コンクリートが降り注ぐ 事故に巻き込まれたクルマのドラレコ映像が話題に
前を警戒していたら上から襲ってきたでござる。(2020/11/17)

モバクソ畑でつかまえて:
「D4DJ」ついに本格スタート ブシモの“社運コンテンツ”は大きすぎる期待に応えられるか
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はブシモの話題作「D4DJ Groovy Mix」について。リリース前からすさまじい力の入りようで話題になっていますが、ゲームとしては果たして……?(2020/11/3)

伊藤健太郎逮捕で出演作品の対応に差 「とんかつDJアゲ太郎」は予定通り公開 テレビは差し替え
逮捕を受け、映画や番組サイドが急きょ対応。(2020/10/29)

俳優の伊藤健太郎逮捕で所属事務所が謝罪 出演映画「とんかつDJアゲ太郎」公開直前の出来事にネット悲鳴
出演映画「とんかつDJアゲ太郎」は10月30日公開予定となっています。(2020/10/29)

【料理で事故った体験談】熱々のほうれん草をミキサーにかけたら、『エクソシスト』みたいな目にあった……というお話
緑の液体がビシャー、ウワーッ!(2020/11/12)

DJが操作するやつかな? ホテルにあった“難易度の高いシャワー”がすごい初見殺しだった
どこを操作したらどうなるんだ……。(2020/10/9)

「Technics」の名機がミニチュアに 「SL-1200MK2」などのアナログターンテーブルを精巧に再現
LP盤と組み合わせてスクラッチ感覚も楽しめる。(2020/10/8)

Technicsの名機がカプセル玩具に 「SL-1200MK2」など5機種 LP盤が入ってたら“当たり”
ケンエレファントがTechnicsブランドのDJ機器をミニチュア化。ピッチコントローラーの目盛りなど細かい部分まで再現した。一回500円(税込)。(2020/10/8)

かつだけでなく気持ちもアガっちゃう! 北村匠海主演の「とんかつDJアゲ太郎」、BTS楽曲のプロデューサーも参加のサントラが配信
29日ならぬ“ニクの日”に堂々登場。(2020/9/29)

人選強すぎだろ! ブシロード「D4DJ」に竹中直人、吉田尚記、水樹奈々ら豪華キャストでネットざわつく
出だしから漂うお祭り感。(2020/9/23)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
中国がスクラッチをブロック インターネット分断が子どもの領域にも
中国が、子どものプログラミング教育用ツールであるスクラッチ(Scratch)のWebサイトをブロックした。2020年8月13日に中国からスクラッチのWebサイトが使えなくなり、その後も一部の中国ユーザーによる書き込みが続いていたが、9月中旬にはそれも途絶えてしまった。(2020/9/16)

プロゲーマーNinja、Mixer終了でTwitchに出戻り
AmazonのTwitchからMicrosoftのMixerに鞍替えした人気プロゲーマー「Ninja」が、7月のMixer終了後に選んだのは古巣のTwitchだった。(2020/9/11)

磁性材料を用いた独自構造で実現:
2THz帯HEBMで低雑音性能と広IF帯域幅を達成
情報通信研究機構(NICT)は、磁性材料を用いた新構造の超伝導ホットエレクトロンボロメーターミキサー(HEBM)を開発した。試作した2THz帯HEBMは、約570K(DSB)の低雑音性能と、約6.9GHzのIF帯域幅を達成した。(2020/9/7)

「みんな恋愛しながら仕事していてエグい」 DJ松永×米代恭が語るクリエイターの“仕事と恋愛”
2年ぶりの新作『往生際の意味を知れ!』を刊行した米代恭と、“世界一のDJ”ことDJ松永の初対談です。(2020/7/20)

人気プロゲーマーNinja、Mixer終了に向けYouTubeで初ゲーム実況
人気プロゲーマーNinjaがYouTubeでは初のゲーム実況を行った。Microsoftのゲーム実況サービス「Mixer」と独占契約していたが、同サービス終了でその動向に注目が集まっていた。(2020/7/10)

Microsoft、ゲーム実況「Mixer」を7月22日に終了 コミュニティを「Facebook Gaming」に移行し技術は「Teams」で生かす
Microsoftが2017年に立ち上げたゲーム実況サービス「Mixer」を7月に終了する。ユーザーは競合する米Facebookの「Facebook Gaming」に移行するよう促されている。Mixerで培った技術は「Microsoft Teams」に生かしていく。(2020/6/23)

Apple、Logic Pro XにLive LoopsやRemix FX機能を追加予定?
iOS版にしかなかったDJ機能が、ハイエンドの音楽ツールであるLigic Pro Xにも搭載されるようだ。MACお宝鑑定団が公式画像から見つけた。(2020/3/30)

バイブス高まってきた! 映画「とんかつDJアゲ太郎」、フロア爆アガりな特報映像が公開
「アゲた豚、お好きですか?」(2020/3/17)

新型コロナで延期の「GDC 2020」、講演をオンラインで Microsoftは別途Mixerでゲーム開発者イベント
新型コロナウイルスの影響で開催が見送られたゲーム開発者会議「GDC 2020」で予定されていた講演の多くがオンラインで公開されることになった。GDCアワードはTwitchでライブ配信される。GDCに参加予定だったMicrosoftは別途MixerでXbox SeriesとProject xCloudに関するライブ配信を行う。(2020/3/11)

マスクしててもすぐ分かる DJ KOO、サングラスに黒マスクの重装備でもオーラ消えず
髪形とサングラスで認識してるのだろうか。(2020/3/5)

「最KOOなツーショット」「顔が優しくなりましたね?」 DJ KOO、小室哲哉さんとの2ショットに反響
DJ KOOさんの出演したイベントを訪れたようです。(2020/2/24)

AIがDJプレイ――観客の感情を分析し、音楽がリアルタイムに変化 東京・日本橋でイベント開催中
音楽や映像などによるアート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」に、日本マイクロソフトのAI技術を用いたDJが登場。AIが観客の表情を分析し、最適な音楽を選ぶ。(2020/2/17)

Samsungのモバイル部門トップ、DJコー氏からGalaxy立役者ノ・テムン氏に交代
SamsungのDJコー氏がモバイル部門トップを退き、ノ・テムン(盧泰文)氏(51)が新トップに就任した。Galaxyブランドを率いてきた同氏の指名で、Huaweiなどの追い上げに対抗する狙い。(2020/1/21)

『とんかつDJアゲ太郎』が6月19日公開でまさかの実写映画化 油に映る俳優の姿は……?
気になるキャスト発表は1月29日(ニクの日)に!【※追記】(2020/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。