ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DJ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DJ」に関する情報が集まったページです。

来場者5万人イベント開催の若林正恭、“どうしても感謝をお伝えしたい先生”と2ショット 裏話も吐露「時には僕の仕事場まで来て」
DJ IZOHさん「トラック、ワードチョイスは全て若林さんです」(2024/2/19)

オーディオテクニカ、ライブ配信に向くUSBオーディオミキサー
オーディオテクニカは、ライブ配信向けUSBオーディオミキサー「AT-UMX3」を発表した。(2024/2/19)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
DJ機器は“組み込み機器” 「趣味DJ」のための情熱が詰まったモノづくり
新連載の「新製品開発に挑むモノづくり企業たち」をよろしくお願いいたします。(2024/2/9)

“小学1年生”最年少クラブDJ、まさかの“重大発表” 「すごいところまでいってるな」「スゴー」
ソニー・ミュージックレーベルズとの契約を発表しました。(2024/2/5)

「Creepy Nuts」DJ松永、“世界的大バズ”で「もう一生食える」 「Bling-Bang-Bang-Born」が世界的大ヒット
「Bling-Bang-Bang-Born」が世界的大ヒットを飛ばしています。(2024/2/2)

DJアプリ「djay」がApple Musicに対応 1億曲以上の楽曲が利用可能に “サブスクDJ解禁”で「革命だ」と注目集まる
音楽ストリーミングサービス「Apple Music」に対応した。同サービスの契約者はアカウントを接続することで、1億曲以上の楽曲を使ってDJプレイが楽しめるようになる。(2024/2/2)

ヤマハ、マルチプレイでの利用を想定したコンパクト設計のゲーミングオーディオミキサー
ヤマハは、コンパクト筐体を採用したゲーミングオーディオミキサー「ZG02」を発表した。(2024/1/31)

新製品開発に挑むモノづくり企業たち(1):
薄くて小型で液晶は美麗 唯一無二の「ポータブルDJデバイス」を開発した理由
本連載では応援購入サービス(購入型クラウドファンディングサービス)「Makuake」で注目を集めるプロジェクトを取り上げて、新製品の企画から開発、販売に必要なエッセンスをお伝えする。第1回はミューシグナルのポータブルDJシステム「FJ1」開発の裏側を紹介したい。(2024/1/29)

中部国際空港の手荷物用ターンテーブルには、おいしそうな「味噌かつ」や「ひつまぶし」が回っている
到着して荷物が出てくるのを待っていると「名古屋めし」が食べたくなるという罠。(2023/12/11)

米マクドナルドが“大人のハッピーセット”再び発売 人気エンターテイナーとコラボしたおもちゃ付き
アーティストやDJとして活動するエンターテイナー、カーウィン・フロストさんとコラボ。(2023/12/5)

USJ超アゲアゲの「NO LIMIT! クリスマス」開催! 30メートルツリー点灯式から4年ぶり新クリスマス・ライブショーまで66枚でご紹介
「フロスティーズ・エレクトリック・スノー・パーティ」では新キャラの「DJ フロスティ」が登場しました!(2023/11/22)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

「世界最大のミキサーVSボート」が爽快感ともったいなさMAX マネキンやカヤックも粉々に粉砕
はたしてボートはブレンドされてしまうのか。(2023/10/16)

「猫の恩返し」監督、人気DJ性被害を「公開型のつつもたせ」と発言して謝罪 「主催者は彼女の芸に加担しないことだ」とも言及
自身のX(Twitter)アカウントで謝罪しました。(2023/8/25)

人気DJが痴漢被害に遭った大阪のフェス、主催とDJが共同声明 犯人とSNS上での誹謗中傷に法的措置
今後はフェス主催が主導で処理を進めていくとのこと。(2023/8/19)

人気DJが痴漢被害に遭った大阪のフェス、主催者が「断じて許すわけにはいきません」「犯人を特定し法的措置」と声明
「MUSIC CIRCUS」主催のTryhard Japanがコメントを発表しました。(2023/8/15)

国際的人気のDJ SODA、大阪のフェスで痴漢被害に 「DJ歴10年で初めて」「もう舞台でファンに近寄りがたい」
8月13日開催の「MUSIC CIRCUS」での出来事。(2023/8/14)

スマートコンストラクション:
大成建設とアクティオが開発したミキサー車へ生コンを“自動供給”する「T-コンサプライヤー」
大成建設とアクティオは、生コンの使用量に応じてミキサー車のドラム回転数を自動制御し、吹付け機やコンクリートポンプへ生コンを自動供給する装置「T-コンサプライヤー」を開発した。(2023/8/10)

DJ KOO、新幹線で「後ろの人に声を掛けたらなんと」 まさかの人物に「同乗した人羨ましい!」の声
すごい偶然。(2023/7/19)

上海問屋、ライブストリーミングに適したオーディオミキサー
サードウェーブは、ライブストリーミングに適したオーディオミキサーの取り扱いを開始した。(2023/7/13)

「東武線でよく絡まれて」 DJ KOO、17歳での“ツッパリ&リーゼント”姿がギャップしかない 「ビーバップKOO」「的場浩司かと」
ツッパリでイケメンって当時は最強でしょ。(2023/4/26)

買ったけど使っていないキッチン家電 3位「たこ焼き器」、2位「ミキサー」、1位は?
マイボイスコム(東京都千代田区)は、「キッチン家電」に関するインターネット調査を実施した。その結果、自宅にあるが、ほとんど使っていないキッチン家電の1位は「ホットプレート」(12.5%)となった。(2023/4/23)

バーチャル空間でのクラブイベントが人気加速中! 第一人者DJ SHARPNELに聞く、インターネットとVRのDJ30年史
VRのクラブなら、おうちから0秒で遊びに行けます。(2023/2/20)

リサイクルニュース:
DJ気分で三菱電機のリサイクル技術を学べる展示、ゲームで廃プラ選別技術を体験可能
三菱電機は、都内のイベントスペースで、ゲームなどの体験型アトラクションを通して、同社のリサイクル技術を学べる企画展示を開催している。(2023/1/26)

エレコム、アナログミキサーを備えたゲーミングヘッドセット
エレコムは、アナログ接続をサポートした汎用タイプのゲーミングヘッドセット「HS-GM04MSTBK」を発表した。(2023/1/17)

シンガー・ソングライターの菅原圭、ラジオDJに初挑戦 2023年1月に30分番組がスタート
初回は1月4日23時30分〜24時。(2022/12/28)

「Creepy Nuts」R-指定の結婚発表にDJ松永「え? 誰の話?」 妻・江藤菜摘は“腕組2ショット”で報告
松永さん「俺、既婚者と仕事してたの……?」(2022/12/27)

米人気DJが40歳で急逝 全米に衝撃走り著名人ら「本当に寂しく思う」 亡くなる直前には妻との結婚記念日を報告
俳優として「マジック・マイクXXL」などに出演。(2022/12/15)

還暦でもイケイケ! DJ KOO、盟友・SAMの“60歳記念パーティー”で若々しい2ショット「まだまだDO DANCE!」
若いな〜!(2022/12/15)

エレコム、ゲーム音と通話音を同時に聴けるミキサー機能を備えたワイヤレスゲーミングヘッドセット
エレコムは、ミキサー機能を標準で装備したワイヤレスゲーミングヘッドセット2製品を発表した。(2022/12/13)

「今は一度休みます」前島亜美、芸能活動休止と退所を発表 「BanG Dream!」「D4DJ」は降板
8月からSNSの更新が途絶えていた前島さん。(2022/11/30)

「フルハウス」DJ役、“伝統的な結婚”発言で炎上 ステファニー役は否定的発言で「裏切り」とさらなる波紋
「フルハウス」ファンが動揺。(2022/11/16)

「Creepy Nuts」のDJ松永さん、早稲田大学学園祭での発言を謝罪 スーパーフリーめぐる発言に批判
(2022/11/7)

DJ KOO、“120%バレる”ド派手ファッションで家族ディズニー満喫 「お客さんにバレない?」と驚きの声
ミッキーより目立ちそう!(2022/10/20)

オーディオテクニカ、11月から41製品を最大25%値上げ 6月に続き
オーディオテクニカは18日、ワイヤレスネックスピーカーやターンテーブルなど41製品を7%から25%値上げすると発表した。11月1日から。(2022/10/18)

「AMD用」「Intel用」を用意:
ASRockがクリエイター向けマザーボード「LiveMixer」を発表 連続する高負荷への対策を実施
ASRockが、主にライブストリーマー(動画のライブ配信者)を想定したクリエイター向けPCマザーボードを発表した。Ryzen 7000シリーズに対応するモデルと、第12/13世代Coreプロセッサに対応するモデルを順次発売する予定だ。(2022/10/12)

放送35周年の「フルハウス」、ジェシー役俳優が秘蔵動画を公開 1月死去のダニーをしのぶ声も
DJ「なんで泣かせるの?」(2022/9/27)

オフィス探訪:
えっ、会議室に駄菓子屋やDJブース? “たのしい”が集まったfreeeの新オフィス
freeeは8月22日、東京本社オフィスを東京・大崎に移転した。敷地面積は旧オフィス(五反田)約2倍。一番のこだわりは社員の声を反映させた会議室だという。(2022/9/21)

空中でDJだと……!? パラグライダーしながらの“エクストリームDJ”が高度もテンションもアゲアゲ
見てるだけで爽快だ!(2022/9/3)

スター発掘で業界を盛り上げ:
朝倉未来がプロモートするBreakingDown5.5、本日開催 DJ社長と10人ニキが激突
「BreakingDown5.5」が8月16日に開催。「朝倉未来YOUTUBEチャンネル」でもリアルタイムとアーカイブで動画配信する。「DJ社長vs. 10人ニキ」「こめおvs. 69ニキ」など注目の対戦カードをそろえた。(2022/8/16)

仮想通貨ミキサーのTornado Cashも米財務省の制裁対象に サイバー攻撃者の資金洗浄に悪用されたとして
米財務省外国資産管理局は、仮想通貨ミキサーのTornado Cashに制裁措置を発令した。米国内の資産を凍結し、米国民による利用を禁止する。既に同社のWebサイトは閉鎖されている。(2022/8/9)

DJ KOO、娘からの愛情たっぷりケーキに「超おいしくて幸せ DO DANCE!!」 自著発売のお祝いで家族パーティー
幸せそうなKOOさん。(2022/8/3)

スマホに針を落とすと音楽が流れるターンテーブルも ヤマハデザイン研究所が音楽デバイス試作
ヤマハデザイン研究所は4日、スマートフォンと一緒に使うことを前提とした新コンセプトの音楽デバイス4種をWebサイトで公開した。試作機は全て実際に動作するとして映像も公開している。(2022/7/4)

ニューラルネットワーク入門:
NumPyでニューラルネットワークをフルスクラッチ実装してみよう
「線形代数を使ったニューラルネットワークの基礎を押さえたい!」という方にピッタリ。ニューラルネットワークをPython+NumPy(線形代数)でフルスクラッチ実装する。線形代数なしで実装した場合との差分から効率的に理解できる。(2022/6/22)

絶対入れないって顔してる 世界7位のDJ、セキュリティから出演ライブへの入場を断られる DJ仲間からは「あるある」の声
グラミーも持ってるのに。(2022/5/31)

DJ KOO、カードケースを紛失も“最KOO”の奇跡が起こる 手つかずの中身に娘のお絵描きも「心から感謝、嬉し涙」
よかった……!(2022/5/28)

仮想通貨ミキサーのBlender.ioが米財務省の制裁対象に 北朝鮮ハッカーの資金洗浄関与で
米財務省は、仮想通貨ミキサーのBlender.ioに制裁を科すと発表した。3月末に「Axie Infinity」から盗まれた暗号資産の洗浄に使われたため。FBIはこの窃盗犯は北朝鮮を拠点とするハッカー集団Lazarus GroupおよびAPT38だと特定した。(2022/5/7)

蒼井そら、「こどもの日」に夫・DJ NON&3歳双子との“くっつき4ショット” 「幸せ家族やん」「心がホッコリ」
幸せそうな笑顔。(2022/5/6)

DJ KOO、3つの“脳動脈瘤クリップ”が今でも頭の中に 「奇跡のアクセサリーが一生付いてる気分です!!」
KOOさんの命を救ったクリップ。(2022/4/27)

teenage engineering、iOS対応多機能ミキサー「TX-6」を発表 手のひらサイズで音源・エフェクトも内蔵
超小型シンセサイザー「OP-1」で知られるteenage engineeringが手のひらサイズのミキサーを発表した。1199ドルと高価だが、シンセサイザー音源を内蔵するなど多機能だ。(2022/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。