ニュース
» 2009年03月24日 07時40分 UPDATE

Skype、企業向け「Skype for SIP」β版をリリース

Skypeが、既存のPBXでIP電話を利用できる企業向けサービスの提供を開始した。

[ITmedia]

 米eBay傘下のSkypeは3月23日、企業ユーザーを対象とした「Skype for SIP」のβ版をリリースした。

 Skype for SIPは、VoIPの通信プロトコルSIP(Session Initiation Protocol)を用いたSkypeサービスで、Skypeを既存の企業PBXに統合する。

 SIPベースのPBXを利用する4億500万人のSkypeユーザーからの通話を管理したり、「Skype click-to-call buttons」を会社のWebサイトに埋め込み、PBXにつなげることができる。またSIP PBXから世界中の固定電話と携帯電話にSkype経由で電話がかけられるため、通信コスト節減に役立つとしている。

 会社専用番号としてオンライン番号「SkypeIn」を購入し、固定電話や携帯電話からの電話をPBXで受けることができる。またコールルーティング、会議電話、電話メニュー、ボイスメール、通話録音、ログなどの既存のシステムアプリケーションやハードウェアで、Skypeを利用することが可能だ。

 現在同社はβプログラム参加用の専用登録ページで参加企業を募っている。参加するには、SIPベースのIP-PBXが必要。β版は英語のみでの提供となる。β期間中の利用料金は一般のSkype料金と同じだが、正式版の料金は明らかにされていない。正式版のリリースは年内の予定で、英語以外にも対応する見通し。

関連キーワード

Skype | PBX | SIP | 電話 | eBay | 固定電話 | IP電話 | VoIP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -