ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年03月26日 07時00分 UPDATE

秒間10枚・一振りでパノラマ撮影 新サイバーショット「DSC-HX1」

ソニーのサイバーショット新製品「DSC-HX1」は、秒間10コマの高速連写と、連写しながら一振りすればパノラマ写真を1秒で自動合成するという機能を搭載。

[ITmedia]
photo

 ソニーは、900万画素サイズで秒間10枚の高速連写&連続撮影しながらの自動パノラマ合成機能を世界で初めて実現したというデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品「DSC-HX1」を4月24日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は5万5000円前後。

 1/2.4インチ有効910万画素(総画素1030万画素)のCMOSセンサー「Exmor」と、高速メカニカルシャッターを搭載。フル画像サイズでも秒間10コマの連続撮影が可能なほか、連写しながらカメラを横方向や縦方向に一振りすれば、ボディ内でパノラマ画像を約1秒で合成するするという「スイングパノラマ」機能を備えた。

 レンズは35ミリ換算で28〜560ミリの20倍ズーム。一眼レフ「α」で定評のある高級モデル「Gレンズ」をサイバーショットとして初めて搭載する。

 1080p(1440×1080ピクセル)、30fpsのハイビジョン動画撮影機能(MPEG-4 AVC/H.264)も備える。

関連キーワード

Cyber-shot | ソニー | Exmor | HD動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.