ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月31日 07時00分 UPDATE

「光るポスター」を安価に 既存印刷機でプリントできる発光材料、DNPが開発

DNPは、任意の形状を印刷できる発光材料を開発したと発表した。「光るポスター」を安価かつ短納期で展開できるという。

[ITmedia]

 大日本印刷(DNP)は3月30日、任意の形状を印刷できる発光材料を開発したと発表した。フィルムなどで封止する必要がなく、既存の印刷機でプリントできるのが特徴で、「光るポスター」を安価かつ短納期で展開できるという。

photo 新発光材料をガラス板(左)と布に印刷して発光させた様子

 ルテニウムを中心とした特殊な金属化合物と、蒸発しないイオン液体を電解質を使うことで、ガラスやフィルムによる封止不要で大気中での発光を可能にした。

 ゲル状にすることで、インクと同様に印刷で文字や絵柄などを塗布できる。25μメートル以上という比較的厚い膜で発光し、異物混入の影響も受けないため、クリーンルームでの作業なども不要。3.3ボルトの低電圧でも駆動し、携帯電話の白色有機ELディスプレイと同程度の200カンデラ/平方メートルの輝度が得られたという。

 今後、発光性能の向上を図り、ポスターやPOPなどの印刷物への応用や、フレキシブルディスプレイなどへの展開も進める計画だ。

関連キーワード

大日本印刷 | ポスター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.