ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大日本印刷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編> 第1位は大日本印刷
どの企業Webサイトが分かりやすく使いやすいのか、全15業界150社のユーザビリティを評価しています。(2022/1/20)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒理系学生の「希望の就職先」、人気度でGoogleを超えたIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業はどこか。学情が文系・理系別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、文系・理系ともにアマゾンジャパンがトップ(それぞれ22位と12位)だった。(2022/1/20)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒に聞く「希望の就職先」、男女で業種に大きな違い 上位だったIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業は? 学情が男女別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、男性部門でアマゾンジャパン(6位)がランクインした。(2022/1/19)

2023卒の男女別就職人気ランキング 男性1位は「伊藤忠商事」、女性1位は?
学情は、2023年卒の学生に「就職人気企業ランキング」を調査した。男性部門の1位は「伊藤忠商事」、女性部門は「集英社」だった。「食品」業界はコロナ前から人気が高く、今回も男女ともに支持を集めた。(2022/1/18)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒に聞く「希望の就職先」、漫画・アニメ人気で出版業界が躍進 上位だったIT企業は?
就職情報サイトを運営する学情が2023年卒業予定の大学生・大学院生を対象に就職したい企業を調査。漫画・アニメ人気で出版業界が躍進する中、どのIT企業が上位にランクインしたのか。(2022/1/17)

JAPAN PACK 2022:
「JAPAN PACK 2022」はリアルとオンラインのハイブリッド開催、306社が出展
日本包装機械工業会が包装に用いる機械や材料をはじめとする包装プロセスの総合展示会「JAPAN PACK 2022(日本包装産業展)」の開催概要を発表。今回は初めて、リアル展示会とオンライン展示会を併催する“ハイブリッド展示会”としての開催となる。出展者数はリアル展271、オンライン展35の合計306社・団体。(2022/1/17)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

製造マネジメントニュース:
顔認証の業界横断プラットフォーム構築を、パナなど4社コンソーシアム設立
パナソニック システムソリューションズ ジャパンなど4社は、業界横断型の「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」構築に向け、コンソーシアムを設立した。参加企業が顔認証の活用例やノウハウを共有し、サービス連携を協議する場となる。(2021/12/23)

子どもが虫眼鏡で見た「これは何?」にAIがお答え 魔法のような知育サービス「おとるーぺ」始動
12月16日から、クラウドファンディングを通じたテストマーケティングを開始。(2021/12/14)

製造ITニュース:
DNPのセキュリティ対策リーダーが経験した「エポックメイキング」な出来事
大日本印刷は2021年11月30日、同社のCSIRTの取り組みについて、リーダーを務める同社 情報セキュリティ本部 本部長 DNPシーサート シーサート長の辺見匡氏が紹介する説明会を開催した。CSIRTの基本的な活動や、活動の中で意識している点について解説を行った。(2021/12/10)

読書の速度を最大で2倍に? Webの文章を読みやすくレイアウトするChrome拡張「読書アシスト」期間限定公開
ワンタッチで行間の空いた読みやすいスタイルに。(2021/12/7)

会話を録音しなくても利用可能:
「相手がこの会話に興味があるかどうか」をAIで判定するシステムを大日本印刷が開発
大日本印刷は、顧客が話す声から顧客の感情をAIでリアルタイムに解析し、その結果を接客オペレーターに通知するシステムを開発した。リモートで接客中のオペレーターに顧客の感情を伝えることでより効果的な接客、商談を支援するという。(2021/12/1)

情報セキュリティ体制の“格付け”、IT連が開始 初年度は42社が星獲得
日本IT団体連盟が、日経500の銘柄企業を対象に情報セキュリティへの取り組みや情報開示の体制について“格付け”する取り組みを始めた。初年度は500社中42社が「特に優良で他の模範となる」として星を獲得した。(2021/11/30)

スピン経済の歩き方:
「日本を代表するコンテンツ」温泉むすめが炎上! 美少女萌えとタバコ規制の微妙な関係
全国の温泉地を美少女萌えキャラに擬人化して、魅力を発信している「温泉むすめ」が炎上した。「性差別・性搾取」だと批判されたわけだが、この動きは今後、どうなっていくのだろうか。筆者の窪田氏は、タバコ規制と同じような動きをするのではないかと見ていて……。(2021/11/24)

JOINT2に参画、2024年量産目指す:
DNP、次世代ICパッケージ用インターポーザを開発
大日本印刷(DNP)は、次世代ICパッケージに向けた「インターポーザ」を開発した。今後、次世代ICパッケージの実装/評価技術を開発するコンソーシアム「JOINT2」に参画する企業と協業し、2024年の量産化を目指す。(2021/11/16)

DNP、Apple Pay対応を支援するクラウドサービスを提供 WAONで導入
大日本印刷は、Apple Pay対応を支援するクラウドサービス「DNP電子マネーエミュレーションサーバ」を提供開始。導入する事業者は、発行済みのICカード(電子マネー)をiPhoneやApple Watchで利用できるようになる。(2021/11/5)

電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービス、「WAON」で採用
大日本印刷は、電子マネーを発行する流通/小売事業者や地方を含む交通事業者を対象に、電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービスを始めたと発表した。(2021/11/5)

粗い銅面で樹脂との密着性を向上:
DNP、QFNパッケージ向けリードフレーム開発
大日本印刷(DNP)は、車載用ICなどに用いられるQFNタイプのパッケージ材料として、高い精度と信頼性を実現した「リードフレーム」を開発した。DNPは今後、生産設備を増強し、2023年度には新製品の生産能力を現在の約2倍に引き上げる計画である。(2021/11/1)

アドビのオリジナルフォント「ヒグミン」誕生秘話 画家ヒグチユウコ氏ならではの「つながる絵文字」とは
アドビが草むらや花畑を文字入力だけで表現できるフォントをリリースした。このちょっと変わったフォントが生まれた経緯を関係者に取材した。(2021/10/27)

アニメ「鬼滅の刃」に使われたフォント、「Adobe Fonts」に追加
アドビは、「Adobe Fonts」において、毛筆フォントメーカー「昭和書体」のフォント「黒龍爽」などを新たに追加したと発表。黒龍爽は、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「胡蝶しのぶ」に使われているフォント「黒龍」のカスレを少なくしたもの。(2021/10/27)

3つのアルゴリズムを活用:
スパコンも量子も不要 「組み合わせ最適化問題」を高速で解くDNPの新発表とは?
大日本印刷は、GPUを使って組み合わせ最適化問題の解を高速で求める「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発した。開発の過程では3つの異なるアルゴリズムを実装した。(2021/10/27)

量子コンピュータ:
量子計算機より「はるかに安価」、GPU搭載PCで組み合わせ最適化を高速解決
大日本印刷は2021年10月26日、GPUを搭載したPC上で組み合わせ最適化問題を高速で解決できる「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発したことを発表した。従来手法と比較して10倍の高速化を実現し、また量子計算機を用いるより低コストで問題解決が図れる可能性がある。(2021/10/28)

NTT東西とDNP、新会社「NTT EDX」設立 電子教科書などの配信プラットフォーム構築へ
NTT東日本、NTT西日本、大日本印刷の3社が、電子教科書の配信事業などを手掛ける新会社「NTT EDX」を設立すると発表した。コンテンツを配信するプラットフォームを構築や、出版社や書店が行う業務の電子化・効率化を支援する。(2021/10/6)

「電子教科書が使いにくい」「導入に時間がかかる」 NTT東西らが教育DXの新会社、解決したい3つの課題
NTT東日本、NTT西日本、大日本印刷が、教育のDXを手掛ける新会社「NTT EDX」を設立。大学や出版社を対象に、電子教科書の配信プラットフォームを提供する他、既存の教科書を電子化し流通させる支援事業を展開する。(2021/10/5)

製造ITニュース:
業種別のデータ様式に合わせ商品情報を商品マスターから自動作成するサービス
大日本印刷は2021年9月27日、メーカーの商品情報を管理して、卸や小売り、流通など業種別のデータフォーマットに自動変換して提出できる「DNP商品情報変換配信サービス LaConnect」を提供開始したと発表した。(2021/10/4)

手作業だったマンガ翻訳、AIで一部自動化 DNPと東大発ベンチャー、専用エンジン共同開発
DNPは、マンガ翻訳に特化したAI翻訳エンジンを、東大発ベンチャー企業と共同で開発した。DNPのマンガ翻訳システムに導入する。(2021/9/9)

サプライチェーン改革:
ブロックチェーンによる物流のトレーサビリティー向上に向けた実証実験開始
大日本印刷は2021年8月25日、三菱ケミカル、リファインバースグループと共同で、バイオマスやリサイクル原料の管理、追跡などを可能にする、透明性と信頼性の高いサプライチェーン構築に向けた実証実験を開始すると発表した。(2021/9/8)

バウムクーヘン:
“AIオーブン”が提供時間に合わせて焼き上げる DNPなどがフードロス削減に向けた実証実験
大日本印刷(DNP)と洋菓子のユーハイム(神戸市)は9月6日、AIを活用したバウムクーヘン専用オーブン「THEO(テオ)」を使った商品販売システムの実証実験をすると発表した。(2021/9/7)

AIオーブンがバウムクーヘンを受け取り時間に合わせて焼き上げ Web予約と連携の実験 フードロス削減も期待
洋菓子の製造や販売を行うユーハイムなどが、AIを活用して自動でバウムクーヘンを焼くオーブンとネット注文システムを連携させ、商品の受け取り時間に合わせて焼きたての商品を提供する実験を始める。出来立ての商品を提供しつつ、商品の過剰な生産を防ぐ方法として、フードロスの削減効果を検証する。(2021/9/6)

狙った方向にミリ波を反射:
DNP、5G電波の到達エリアを広げる電波反射板を開発
大日本印刷(DNP)は、5G(第5世代移動通信)システムで用いられるミリ波帯(24GHz以上)の電波を、狙った方向に反射することで到達エリアを拡大できる「電波反射板(リフレクトアレイ)」を開発した。ビル陰など電波が届きにくい場所の通信環境を、低コストで改善することが可能となる。(2021/9/3)

柔らかい剣で安全に遊べる「スマートフェンシング」 スマホ連携で得点カウント 大日本印刷が開発
柔軟性のある素材でできた剣と電導性ジャケットを使った「スマートフェンシング」にワイヤレス版が登場した。DNPが開発したもので、屋外での使用が可能になるなどイベントや大会での利用も想定する。(2021/9/2)

大日本印刷、大電力対応のワイヤレス充電用コイル開発 薄型・軽量でEV普及を後押し
大日本印刷は、ケーブルを接続することなく電気自動車(EV)への充電を可能にするワイヤレス充電技術で、米国自動車技術会(SAE)が定める大電力伝送規格に対応したシート型コイルを開発した。(2021/9/2)

量子コンピュータ:
国内24社が量子産業創出に向けQ-STARを設立、活動のベースとなる「QRAMI」とは
量子技術による新産業創出協議会(Q-STAR)が2021年9月1日、設立会員24社による総会の承認を得て正式に発足した。Q-STARは今後、4つの部会を中心に産業界が主体となって「量子産業の創出」を目指す方針である。(2021/9/2)

産業制御システムのセキュリティ:
工場のサイバー攻撃対策は境界防御から「ゼロトラスト」へ
大日本印刷は2021年9月1日、工場へのサイバー脅威に対するセキュリティ対策の考え方として、「ゼロトラスト」を紹介するセミナーを開催した。工場内外のネットワークにおける境界でマルウェア侵入を防ぐだけではなく、工場内での内部感染拡大を防ぐ仕組みが必要だという指摘があった。(2021/9/2)

5Gミリ波の到達エリアを広げる反射板 DNPが開発
大日本印刷は5Gで使用するミリ波を自在な方向に反射させ、ミリ波の到達エリアを拡げる電波反射板(リフレクトアレイ)を開発。多様な場所に設置でき、表面のデザインカバー層にはさまざまな絵柄を印刷できる。(2021/9/1)

5G電波を反射する板で通信エリア拡大、DNPが開発 景観に合わせデザインも変更可
DNPが5G電波を反射して、通信エリアを拡大できる反射板「リフレクトアレイ」を開発した。表面のデザインを変更でき、景観を崩さないという。2023年度の実用化を目指す。(2021/8/31)

ボタンが宙に浮かぶ非接触タッチパネル、ジュンク堂書店池袋本店が導入
丸善ジュンク堂書店が、空中にボタンを表示できる非接触式タッチパネルを「ジュンク堂書店 池袋本店」に導入した。書籍検索機とセルフレジに1台ずつ設置している。(2021/8/27)

丸善ジュンク堂が非接触で操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」導入 書籍検索機とセルフレジに
丸善ジュンク堂書店は8月27日、ジュンク堂書店 池袋本店に、モニターの画面を直接触らずに、空中に浮遊させて表示した画像で操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」を搭載した書籍検索機とセルフレジ(無人決済機)を導入した。(2021/8/27)

組み込み開発ニュース:
11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発
大日本印刷は、11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発した。薄型かつ軽量で、コストも低減できる。EVやPHEV、AGVなどでの用途を見込む。(2021/8/25)

革新的な超先端材料の開発を促進:
酸素原子のNMRスペクトルを高速・高分解能で測定
産業技術総合研究所(産総研)と先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)は、金属酸化物の固体表面上に存在する酸素原子のNMR(核磁気共鳴)スペクトルを、高い分解能で高速に測定できる技術「新型パルスプログラム(D-RINEPT-MQMAS)」を開発した。(2021/8/30)

薄型軽量でコスト低減を可能に:
大電力対応ワイヤレス充電用シート型コイルを開発
大日本印刷(DNP)は、電動車や無人搬送車(AGV)向けに、11.1kWクラスの大電力伝送に対応しつつ、薄型軽量でコスト低減を可能にした「ワイヤレス充電用シート型コイル」を開発した。(2021/8/10)

顔認証情報の業界横断プラットフォーム構築へ りそな、JCBら「手ぶらサービス」推進
JCBとりそなホールディングス、大日本印刷、パナソニックシステムソリューションズジャパンが、顔認証情報を活用するための業界横断型プラットフォームの検討を始める。(2021/8/2)

製造業IoT:
ペアリング機能などを搭載した、ローカル5G向けSIMカードの新製品を発表
大日本印刷は、ローカル5G向けSIMカード「DNP SIM for ローカル5G」の新製品を発表した。特定の通信機器のみにSIMカードの利用権限を付与するペアリング機能や、低消費電力機能を新たに備えている。(2021/7/30)

製品動向:
小型照明装置を用いた直感的な規制工事予告技術を開発、阪神高速技術ら
阪神高速技術は、テクノ阪神や大日本印刷と共同で、小型照明装置を使用して、高速道路の工事や規制についてドライバーに直感的に分かりやすく知らせる技術を開発した。今後、3社は共同で、関係機関の協力を得て、新技術の高速道路本線上での試験運用といった必要な確認を実施し、規制工事での導入に向けた取り組みを進める。(2021/7/30)

DNP、ローカル5G向けSIMの機能を拡充 不正利用を防ぐペアリング機能も
大日本印刷は、ローカル5Gに対応したSIMカード「DNP SIM for ローカル5G」のサービスを拡充。特定の通信機器だけでSIMカードが利用できるペアリング機能や、通信の待ち受け時にSIMカードの消費電力を抑える機能を追加した。(2021/7/15)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

「運転免許証の真贋」を判定、個人間カーシェアのAnycaが導入 大日本印刷の技術を採用
悪意ある偽造や改ざんを見抜きます。(2021/7/12)

DNPとトーハンが出版流通のDXで業務提携 書籍の購買データなどを共有
大日本印刷と出版取次を手掛けるトーハンは、出版流通のDXに向け、4月1日に業務提携を結んだと発表した。書籍の製造・流通における連携を強化する。(2021/7/12)

フェンシングの剣を操り、美少女リズムゲープレイ……DNP「スマートeスポーツ」
DNPがスポーツ体験コンテンツ「スマートeスポーツ」開発。フェンシングの剣を競技と同様な動作で操ることでリズムゲームをクリアする、といったプレイが可能。(2021/7/8)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。