ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大日本印刷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

手作業だったマンガ翻訳、AIで一部自動化 DNPと東大発ベンチャー、専用エンジン共同開発
DNPは、マンガ翻訳に特化したAI翻訳エンジンを、東大発ベンチャー企業と共同で開発した。DNPのマンガ翻訳システムに導入する。(2021/9/9)

サプライチェーン改革:
ブロックチェーンによる物流のトレーサビリティー向上に向けた実証実験開始
大日本印刷は2021年8月25日、三菱ケミカル、リファインバースグループと共同で、バイオマスやリサイクル原料の管理、追跡などを可能にする、透明性と信頼性の高いサプライチェーン構築に向けた実証実験を開始すると発表した。(2021/9/8)

バウムクーヘン:
“AIオーブン”が提供時間に合わせて焼き上げる DNPなどがフードロス削減に向けた実証実験
大日本印刷(DNP)と洋菓子のユーハイム(神戸市)は9月6日、AIを活用したバウムクーヘン専用オーブン「THEO(テオ)」を使った商品販売システムの実証実験をすると発表した。(2021/9/7)

AIオーブンがバウムクーヘンを受け取り時間に合わせて焼き上げ Web予約と連携の実験 フードロス削減も期待
洋菓子の製造や販売を行うユーハイムなどが、AIを活用して自動でバウムクーヘンを焼くオーブンとネット注文システムを連携させ、商品の受け取り時間に合わせて焼きたての商品を提供する実験を始める。出来立ての商品を提供しつつ、商品の過剰な生産を防ぐ方法として、フードロスの削減効果を検証する。(2021/9/6)

狙った方向にミリ波を反射:
DNP、5G電波の到達エリアを広げる電波反射板を開発
大日本印刷(DNP)は、5G(第5世代移動通信)システムで用いられるミリ波帯(24GHz以上)の電波を、狙った方向に反射することで到達エリアを拡大できる「電波反射板(リフレクトアレイ)」を開発した。ビル陰など電波が届きにくい場所の通信環境を、低コストで改善することが可能となる。(2021/9/3)

柔らかい剣で安全に遊べる「スマートフェンシング」 スマホ連携で得点カウント 大日本印刷が開発
柔軟性のある素材でできた剣と電導性ジャケットを使った「スマートフェンシング」にワイヤレス版が登場した。DNPが開発したもので、屋外での使用が可能になるなどイベントや大会での利用も想定する。(2021/9/2)

大日本印刷、大電力対応のワイヤレス充電用コイル開発 薄型・軽量でEV普及を後押し
大日本印刷は、ケーブルを接続することなく電気自動車(EV)への充電を可能にするワイヤレス充電技術で、米国自動車技術会(SAE)が定める大電力伝送規格に対応したシート型コイルを開発した。(2021/9/2)

量子コンピュータ:
国内24社が量子産業創出に向けQ-STARを設立、活動のベースとなる「QRAMI」とは
量子技術による新産業創出協議会(Q-STAR)が2021年9月1日、設立会員24社による総会の承認を得て正式に発足した。Q-STARは今後、4つの部会を中心に産業界が主体となって「量子産業の創出」を目指す方針である。(2021/9/2)

産業制御システムのセキュリティ:
工場のサイバー攻撃対策は境界防御から「ゼロトラスト」へ
大日本印刷は2021年9月1日、工場へのサイバー脅威に対するセキュリティ対策の考え方として、「ゼロトラスト」を紹介するセミナーを開催した。工場内外のネットワークにおける境界でマルウェア侵入を防ぐだけではなく、工場内での内部感染拡大を防ぐ仕組みが必要だという指摘があった。(2021/9/2)

5Gミリ波の到達エリアを広げる反射板 DNPが開発
大日本印刷は5Gで使用するミリ波を自在な方向に反射させ、ミリ波の到達エリアを拡げる電波反射板(リフレクトアレイ)を開発。多様な場所に設置でき、表面のデザインカバー層にはさまざまな絵柄を印刷できる。(2021/9/1)

5G電波を反射する板で通信エリア拡大、DNPが開発 景観に合わせデザインも変更可
DNPが5G電波を反射して、通信エリアを拡大できる反射板「リフレクトアレイ」を開発した。表面のデザインを変更でき、景観を崩さないという。2023年度の実用化を目指す。(2021/8/31)

ボタンが宙に浮かぶ非接触タッチパネル、ジュンク堂書店池袋本店が導入
丸善ジュンク堂書店が、空中にボタンを表示できる非接触式タッチパネルを「ジュンク堂書店 池袋本店」に導入した。書籍検索機とセルフレジに1台ずつ設置している。(2021/8/27)

丸善ジュンク堂が非接触で操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」導入 書籍検索機とセルフレジに
丸善ジュンク堂書店は8月27日、ジュンク堂書店 池袋本店に、モニターの画面を直接触らずに、空中に浮遊させて表示した画像で操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」を搭載した書籍検索機とセルフレジ(無人決済機)を導入した。(2021/8/27)

組み込み開発ニュース:
11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発
大日本印刷は、11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発した。薄型かつ軽量で、コストも低減できる。EVやPHEV、AGVなどでの用途を見込む。(2021/8/25)

革新的な超先端材料の開発を促進:
酸素原子のNMRスペクトルを高速・高分解能で測定
産業技術総合研究所(産総研)と先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)は、金属酸化物の固体表面上に存在する酸素原子のNMR(核磁気共鳴)スペクトルを、高い分解能で高速に測定できる技術「新型パルスプログラム(D-RINEPT-MQMAS)」を開発した。(2021/8/30)

薄型軽量でコスト低減を可能に:
大電力対応ワイヤレス充電用シート型コイルを開発
大日本印刷(DNP)は、電動車や無人搬送車(AGV)向けに、11.1kWクラスの大電力伝送に対応しつつ、薄型軽量でコスト低減を可能にした「ワイヤレス充電用シート型コイル」を開発した。(2021/8/10)

顔認証情報の業界横断プラットフォーム構築へ りそな、JCBら「手ぶらサービス」推進
JCBとりそなホールディングス、大日本印刷、パナソニックシステムソリューションズジャパンが、顔認証情報を活用するための業界横断型プラットフォームの検討を始める。(2021/8/2)

製造業IoT:
ペアリング機能などを搭載した、ローカル5G向けSIMカードの新製品を発表
大日本印刷は、ローカル5G向けSIMカード「DNP SIM for ローカル5G」の新製品を発表した。特定の通信機器のみにSIMカードの利用権限を付与するペアリング機能や、低消費電力機能を新たに備えている。(2021/7/30)

製品動向:
小型照明装置を用いた直感的な規制工事予告技術を開発、阪神高速技術ら
阪神高速技術は、テクノ阪神や大日本印刷と共同で、小型照明装置を使用して、高速道路の工事や規制についてドライバーに直感的に分かりやすく知らせる技術を開発した。今後、3社は共同で、関係機関の協力を得て、新技術の高速道路本線上での試験運用といった必要な確認を実施し、規制工事での導入に向けた取り組みを進める。(2021/7/30)

DNP、ローカル5G向けSIMの機能を拡充 不正利用を防ぐペアリング機能も
大日本印刷は、ローカル5Gに対応したSIMカード「DNP SIM for ローカル5G」のサービスを拡充。特定の通信機器だけでSIMカードが利用できるペアリング機能や、通信の待ち受け時にSIMカードの消費電力を抑える機能を追加した。(2021/7/15)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

「運転免許証の真贋」を判定、個人間カーシェアのAnycaが導入 大日本印刷の技術を採用
悪意ある偽造や改ざんを見抜きます。(2021/7/12)

DNPとトーハンが出版流通のDXで業務提携 書籍の購買データなどを共有
大日本印刷と出版取次を手掛けるトーハンは、出版流通のDXに向け、4月1日に業務提携を結んだと発表した。書籍の製造・流通における連携を強化する。(2021/7/12)

フェンシングの剣を操り、美少女リズムゲープレイ……DNP「スマートeスポーツ」
DNPがスポーツ体験コンテンツ「スマートeスポーツ」開発。フェンシングの剣を競技と同様な動作で操ることでリズムゲームをクリアする、といったプレイが可能。(2021/7/8)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)

DNPが誤読の少ない音声合成AI開発 「行って」の読みなど判別可、企業向けに提供
大日本印刷(DNP)は6月15日、従来の同社製品に比べ、漢字の読み間違いが約50〜70%少ない音声合成システムを開発したと発表した。「行って」が「いって」なのか「おこなって」なのか判別できるという。(2021/6/15)

「庵野秀明展」10月から国立新美術館で開催 ファンからは「めっちゃ行きたい」「音声ガイドは島本先生にお願いしたい」の声
絵コンテやミニチュアセットなどの制作資料を公開。(2021/6/12)

FAニュース:
TSMCが産総研内に評価用ライン構築、経産省の次世代半導体技術支援で
経済産業省は2021年5月31日、「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の「先端半導体製造技術の開発(助成)」における実施者として、「高性能コンピューティング向け実装技術」に関するTSMCなど、5件の採択を決定した。(2021/6/1)

AIで漫画のキャラを自動着色、作業時間を半分以下に ピクシブとPFNが法人向けに試験提供
ピクシブとPreferred Networksは5月28日、AIで漫画のキャラクターを自動着色するサービス「Petalica Paint for Manga」の試験提供を法人向けに始めた。着色にかかる作業時間を手作業の半分以下に減らせるという。すでにDNPなど3社が利用を始めている。(2021/5/28)

モビリティサービス:
2列シートのエルグランドと5Gで移動中にWeb会議、日産など5社が実証実験
大日本印刷(DNP)と日産自動車、ゼンリン、ソフトバンク、クワハラは2021年5月25日、移動中の車内でWeb会議を行える「移動会議室」の実証実験を実施すると発表した。(2021/5/26)

車両、通信、コミュニケーション、地図、運行サービスが連携:
「移動するWeb会議室」の実証実験を開始 ゼンリンら5社が連携
ゼンリンなど5社は、移動中の車内でWeb会議をする「移動会議室」の実証実験を開始する。ミニバンの後部座席をWeb会議向けに整え、移動しながら打ち合わせやプレゼンテーションなどが実施できることを検証する。(2021/5/26)

VIP気分……! 車内の快適Web会議を実現する「移動会議室」ハイヤー登場へ
日産、ソフトバンク、DNPらが共同で実証実験を行います。(2021/5/25)

日産「エルグランド」を使用:
移動中の会議を快適に DNPや日産が「移動会議室」の実証実験
大日本印刷(DNP)、日産自動車、ゼンリン、ソフトバンク、クワハラの5社が、移動中に快適にWeb会議ができる「移動会議室」の実証実験を行うと発表した。(2021/5/25)

製造現場向けAI技術:
「現場でAIを作る時代」が来るか、ノーコード開発ツールの可能性
AI insideは2021年4月21日、プログラミングの非専門家でも簡単にAIモデルを作成できるノーコードAI開発クラウドサービス「Learning Center」を提供開始した。同サービスの特徴やノーコード開発ツールの可能性について、同社 代表取締役社長 CEOの渡久地択氏に話を聞いた。(2021/5/11)

DNPとNTT東西、デジタル教科書の配信プラットフォームを構築へ
大日本印刷(DNP)とNTT西日本・東日本が大学向けのデジタル教科書の配信プラットフォーム構築に向け、連携を強化すると発表した。3社共同で教育のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める。(2021/5/10)

「ノーコード」で企業や自治体のAI活用を支援 DNPとAI insideが新サービス
大日本印刷(DNP)とAIベンチャーのAI inside(東京都渋谷区)が企業や自治体のAI活用を支援する、ノーコード開発ツールの提供を始めた。(2021/4/21)

「フォントの日」で驚かされた、草を生やすカラーフォントと日本語バリアブルフォント
Adobeが開催した「フォントの日」イベントで発表されたことを総まとめ。(2021/4/13)

製品動向:
大成建設らが薄型樹脂パネルを用いた給電床を開発、送電レーンのレイアウト変更が容易
大成建設、豊橋技術科学大学、大日本印刷(DNP)は、走行する汎用小型車両とロボットをワイヤレスで給電する内装床「T-iPower Floor」を開発した。今後、T-iPower Floorの施設への実装に向け、ワイヤレス給電システムの実証実験を進め、2025年度の商用化を目指す。(2021/4/9)

DNPが「バーチャルジュンク堂」オープン 書店の新しい形を探る
大日本印刷が「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」をオープンする。VR空間での店舗運営を通して、現実とVRを連動させたコミュニティー作りやプロモーションの在り方や、実店舗への誘導方法を探る。(2021/3/26)

池袋ミラーワールド:
DNPが「バーチャルジュンク堂」を展開 アバターで新しい本と出合う
DNPがバーチャルジュンク堂書店池袋本店を展開する。イベントの開催や書籍拡販モデル構築を行うという。(2021/3/26)

DNP、実在の公共施設をVR空間に再現する事業「PARALLEL CITY」をスタート
大日本印刷が、VR技術を活用して仮想空間に実在の公園などの公共施設を再現する事業「PARALLEL CITY」を始める。現実の施設が持つ機能を拡張し、生活者に新しい価値を提供して地域創生につなげる。(2021/3/23)

IoTセキュリティ:
スマートフォンで家や自動車の施錠/解錠ができるデジタルキープラットフォーム
大日本印刷と東海理化は、スマートフォンでさまざまな鍵を施錠、解錠できるデジタルキープラットフォームの提供を開始した。同プラットフォームを用いることで、スマートフォンを介して家や自動車のドア、宅配ロッカーなどを開閉できる。(2021/3/19)

工場ニュース:
電動車向けリチウムイオン電池用バッテリーパウチの生産工場を新設
大日本印刷は、埼玉県入間郡の鶴瀬工場内にリチウムイオン電池部材の新工場を新設する。電動車向けリチウムイオン電池の外装材となるバッテリーパウチの生産能力を強化し、需要拡大に対応する。(2021/3/15)

電気自動車:
電池メーカーなど28社が「電池サプライチェーン協議会」、日本の国際競争力を強化
電池メーカーや素材メーカーなど28社は2021年3月8日、「電池サプライチェーン協議会(Battery Association for Supply Chain、BASC)」を同年4月1日付で設立すると発表した。材料や原料を含めた電池のサプライチェーンにおいて健全な発展と国際競争力の強化を図る。会長には、住友金属鉱山 執行役員 電池材料事業本部長の阿部功氏が就任する。(2021/3/9)

サントリー、ビール製造工程をファンタジーRPGに ミッションをクリアして作り方を学ぶ
サントリーが、ビールの製造工程を体験できるファンタジーRPG「冒険型ビール工場体験“BEER iLAND”」の提供を始めた。RPGをプレイする要領で材料の調達や醸造工程を学べる。(2021/3/4)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者4倍のオンライン読書会「ペアドク」 サービス責任者に狙いを聞いた
オンライン読書会の「ペアドク」が参加者を伸ばしている。「ペアドク」とは、30分本を読んで、30分感想をシェアするペア読書という読書法に、著者から話を聞き、直接質問ができる機会を加えて発展させたイベントだ。企画やコーディネートを担当する松原嘉哉氏に狙いを聞いた。(2021/3/3)

組み込み開発ニュース:
非接触ICカードに指紋による生体認証を組み込み、なりすましなどの悪用を防止
大日本印刷は、非接触ICカード技術「FeliCa」対応の生体認証カードを開発した。指紋による本人認証でなりすましなどの悪用を防止できる。既存のカード運用システムを利用でき、指紋データはカード内に保存する。(2021/3/3)

電気自動車などの需要拡大に対応:
DNP、リチウムイオン電池部材の工場を新設
大日本印刷(DNP)は、鶴瀬工場(埼玉県入間郡)内に、リチウムイオン電池の外装材「バッテリーパウチ」を生産する工場を新設、2021年6月の稼働を目指す。電気自動車(EV)など電動車の需要拡大に対応する。(2021/3/2)

スマホで自動車や家のドアを解錠:
DNPと東海理化、デジタルキープラットフォーム提供
大日本印刷(DNP)と東海理化は、スマートフォン1台で自動車や家のドアなどを施錠/解錠できるデジタルキープラットフォームの提供を始めた。(2021/2/25)

アドビとDNP、コンテンツ制作支援サービスを共同開発へ 素材管理、配信、広告の効果測定など
アドビと大日本印刷が、マーケティング用コンテンツの制作を支援するサービスを共同開発すると発表した。(2021/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。