ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「書店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「書店」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

瀧本美織、新ドラマで“出会い系サイト通して本を薦める書店員”に 自分史上一番のセリフ量に「日々文字と格闘」
これは楽しみすぎる。(2021/1/10)

AIでレジの混雑状況を可視化 空いているフロアを案内する「密回避サイネージ」
SBクリエイティブがレジの混雑状況をデジタルサイネージに表示する同社のシステムを、紀伊國屋書店新宿本店が導入したと発表した。空いているフロアのレジへ利用者を誘導することで、新型コロナウイルスの感染防止につなげたい考え。(2020/12/15)

「バツグンのセンス!」「サンタさんも二度見」 神保町の古書店が作った“本のクリスマスツリー”が話題に
愛のあるナイスアイデア!(2020/12/13)

今日のリサーチ:
「鬼滅の刃」最終巻発売日の書店への人の流れが午前7時から急増――クロスロケーションズ調査
位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果です。(2020/12/8)

『鬼滅の刃』最終23巻発売日 SNSに日本各地の書店の行列情報が投稿される
本屋さんの開店待ち、初めて見ました。(2020/12/4)

スピンオフ作品も:
「鬼滅」最終巻の発売で盛り上がる書店 ”無限品出し”に追われる店員の姿も
大人気漫画「鬼滅の刃」の最終巻となるコミックス23巻が12月4日に発売となった。(2020/12/4)

「どんな気持ちで食べればいいんだ」 書店のカフェメニュー「元彼が好きだったバターチキンカレー」話題に、開発者に話を聞いた
思いをかみ締めて食べたい。(2020/11/29)

倒産も過去最少:
「鬼滅の刃」特需で書店市場が4年ぶりに拡大か 帝国データバンク調べ
帝国データバンクによると、新型コロナウイルス感染拡大で自宅で過ごす時間が増えたことや「鬼滅の刃」のヒットで書籍や付録グッズ販売が好調なこともあり、2020年は4年ぶりに市場が拡大する可能性があるという。(2020/11/24)

書店スタッフの口元が「超大型巨人」に 講談社、マガジン作品のマスクを作成
講談社は、「進撃の巨人」「炎炎ノ消防隊」など週刊少年マガジン掲載作品をモチーフにしたオリジナルマスクを作成、書店に配布した。店内での作品PRに役立てる。(2020/11/17)

小学館子会社のネット書店に不正アクセス、1000件超のカード情報流出か
小学館パブリッシング・サービスのネット書店で不正アクセスが発生。1036件のクレジットカード情報が流出した可能性がある。(2020/11/16)

【レポ漫画】バキが好きすぎて「烈海王が異世界転生するスピンオフ漫画」を描いてしまった作者にバキ好きのホストが会ってきた話
衝撃のスピンオフはどのように誕生したのか――秋田書店に取材しました。(2020/11/6)

honto、LINE上で電子書籍を購入・閲覧可能に アカウントの登録不要
DNPが、ネット書店「honto」の新サービスとして、メッセージアプリ「LINE」上で電子書籍を購入・閲覧できる「honto for LINE」の提供を始めた。電子書籍に慣れない人や若いユーザーの利用を促進する。(2020/11/2)

これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
本の世界観にほれこんだ店員がミニチュアとして具現化。(2020/10/25)

メカ設計ニュース:
金属から文字が!? 燕三条の金属加工技術が生んだ「マジックメタル」を限定販売
銀座 蔦屋書店は2020年10月12日、武田金型製作所と共同で、店頭・オンラインストア限定「マジックメタルキューブ」の販売を開始した。(2020/10/14)

本に触れない立ち読みコーナー、全国約300の書店に フライヤーと日販
ITベンチャーのフライヤーは日本出版販売と提携し、本に触れずに立ち読みができるコーナーを約300店の書店に開設すると発表した。スマホ画面で要約が読める。(2020/10/7)

「御朱印」のように書店で印を集める「御書印プロジェクト」参加店が200を突破 記念の特装版「御書印帖」発売
50店以上を巡った人は「巡了者」に認定。(2020/10/5)

「Re:ゼロ」「かぐや様は告らせたい」「天国の本屋」などがAmazonプライム・ビデオで間もなく【見放題終了】に(2020年9月30日版)
観たいアニメや邦画がいっぱい。(2020/9/30)

ネットでよく見る「これを買った人はこんな商品を買っています」をアナログで実現! 本屋さんのアイデアに目からウロコ
これがリアル書店の底力だ……!(2020/9/13)

電撃文庫……じゃないだと!? ある小説サークルが手掛ける“商業ラノベ風装丁の同人誌”が本屋で見た気しかしない
裏表紙にはバーコードまで。(2020/9/15)

「次にくるマンガ大賞 2020」 第1位は『アンデッドアンラック』『僕の心のヤバイやつ』 全国書店でフェアを開催
うおおおおおおおお!!!(2020/8/19)

【50%OFFポイント還元】『BEASTARS』『僕の心のヤバイやつ』『弱虫ペダル』など、秋田書店のKindle本がセール開催中 8月27日まで
まとめ買いで完読を目指せるものも。(2020/8/17)

「素敵」「心が洗われる」 閉店前の書店に置かれた1個の「檸檬」をめぐる交流に心が温まる
爆弾を仕掛けられたはずなのに、なんだか爽やかな気持ちに。(2020/8/16)

5万円でもリピーターに コロナ禍で書店の“目利き”選書配送サービスに脚光
 外出自粛が呼びかけられた新型コロナ禍をきっかけに、目利きの書店員が読者の好みに合いそうな本を選んで送り届ける「おまかせ選書宅配サービス」が広がっている。(2020/7/28)

夏の女神じゃん! 池田エライザや小倉優香ら『ゆかたと美少女』の浴衣姿で日本の“美”を爆発させる
対応する書店では、購入特典として生写真が付いてきます。(2020/7/15)

漫画家もりしげさん、亡くなる 『花右京メイド隊』『こいこい7』など
秋田書店が公式サイトで公表しました。(2020/7/3)

ららぽーと豊洲3に書店・カフェ・ワーキングスペース一体型のブックラウンジがオープン 渋谷の名物本屋「SPBS」
(2020/6/19)

【7年前の今頃は?】漫画版「新世紀エヴァンゲリオン」最終回 ヤングエースが書店から消える
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/5)

バイト先の小さな本屋がつぶれた 実体験を描いた漫画が切なくて心にしみる
子どものころに通った町の本屋さんを思い出すお話です。(2020/6/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
チャットや読書も可能 世界初の“点字タブレット”に期待
視覚障害の方々は録音図書や点字印刷による書籍を利用されていますが、その数は書店に並んでいる書籍ほど多くはありません。誰もが手軽にどこでも点字を利用できれば、視覚障害者の方々も情報収集やコミュニケーションがより円滑に行えるようになります。そこで韓国のPCTが開発しているのが、ピンを使って点字を上下に動かして表示できる“点字タブレット”です。(2020/5/6)

ライブハウス、映画館、書店、劇場……窮地に立つ文化施設 「民間で支援しよう」に残る問題点とは?
文化施設に継続的な公的資金援助を!(2020/4/28)

全国書店ネットワーク「e-hon」4月9日〜5月6日限定で送料無料に! 緊急事態宣言による休業店舗が増加したことから
全ての注文の送料を期間限定で無料に。(2020/4/11)

配信サイトのPVは10倍に──新型コロナで漫画無料公開、秋田書店が狙う“脱・漫画離れ”
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が全国の学校に休校を要請したことを受け、出版各社が漫画をネットで無料公開している。読者獲得の追い風となったのか、秋田書店などに反響や今後の取り組みを聞いた。(2020/3/18)

本棚に現れた“深夜だけ開いている古書店”の「ジオラマ付きブックスタンド」が幻想的 「ずっと見ていたい」と話題に
本好きにはたまらない作品……!(2020/3/14)

「週刊少年チャンピオン」もネットで公開 臨時休校受け、出版各社が無料配信
秋田書店が「週刊少年チャンピオン」のバックナンバーの無料配信を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校で、外出を控えている子ども向けに、出版社が相次いでコンテンツを無料公開している。(2020/3/4)

「尊みが振り切れる」「好き」 “同級生で近所の本屋の娘”との14年間を描いた漫画がグッと来る
10歳から24歳までの壮大なラブロマンス。(2020/2/24)

米書店チェーン、“多様性企画”で古典文学の表紙絵を黒人に置き換え ネットでの批判を受け販売停止
キャンペーンの意図と受け手の解釈が食い違ったようです。(2020/2/10)

アプリでは分からない「時刻表」の魅力
今も書店に行くと「時刻表」が売られています。スマホで簡単に乗り換え検索できるのに、なぜでしょう。実は、時刻表にはアプリに負けない実用性と魅力があります。(2020/2/9)

高橋書店が分析:
高まる「4月始まり手帳」のニーズ なぜ「1月始まり」を買わないのか
「4月始まり手帳」のニーズが高まっている。高橋書店の刊行点数は右肩上がりで増えている。背景にあるのは?(2020/1/30)

アイスキャンディーやオルガンにそっくり! 大阪の「街の本屋さん」オリジナルのブックカバーに「かわいい」「欲しい」の声
本屋さんに足を運びたくなる。(2020/1/15)

多すぎる蔵書を手放すために開いた「わたし書店」 やってきたのは…… 本がもたらす出会いを描いた漫画に引き込まれる
温かい絵柄とストーリーがほっこりさせる。(2019/12/27)

集英社の新たな電子書店「ゼブラック」オープン 週ジャン・ヤンジャン・りぼんなどの作品がラインアップ
将来的には『週刊少年ジャンプ』『ジャンプ SQ.』『ウルトラジャンプ』の定期購読も可能に。(2019/12/9)

スピン経済の歩き方:
「コンビニの書店強化」が大コケすると思う、これだけの理由
コンビニが客と本を結びつける場になるのではないか、と注目を集めている。店内の書店棚を充実させたり、書店との一体型店舗を始めたり、大手3社はさまざまな取り組みを始めているが、本当にうまくいくのか。筆者の窪田氏は否定的な見方をしていて……。(2019/11/26)

PayPay、ebookjapanの電子書籍購入で最大20%還元のキャンペーン
PayPayは、12月26日から電子書籍販売サイト「ebookjapan」で最大20%のボーナスを付与する「年末年始は電子書籍で最大20%戻ってくる!」キャンペーンを開催。2020年1月の「いつもどこかでワクワクペイペイ」として行う。(2019/11/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
予期せぬ本と出会うには、AmazonやSNSより、やっぱり本屋
元文学少女の血が騒ぐ。(2019/11/21)

「タイムトラベル専門書店」がクラウドファンディングに成功 ホーキング博士の実験「タイムトラベラーのパーティ」開催へ
パーティの招待状を、タイムトラベラーへ閉会後に出す実験を試みます。(2019/11/13)

ジュンク堂のお泊まり企画「ドローン飛ばしてみる」 深夜の書店でドローンが舞う
普段はできないことをする大人の遊び。(2019/10/27)

ファンブック『星のカービィファン』創刊 第1号の付録はカービィ&ワドルディの限定フィギュア
ちょっと本屋さん行ってくる。(2019/10/4)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

書店で働く人の悩み、トップは?
あなたはなぜ書店員になったのですか? 書店で働く男女に聞いたところ「本を読むのが好き」と答えた人が最も多く、次いで「本に囲まれて働いてみたかった」。書店で働いていて、悩みを尋ねたところ……。出版流通学院調べ。(2019/9/29)

9月27日開業「COREDO室町テラス」:
“日本×台湾”の書店が面白い「誠品生活日本橋」 交流を生み出す仕掛けとは
三井不動産は9月27日、東京・日本橋の商業施設「COREDO室町テラス」をオープンする。書店を中心とした台湾発のライフスタイル提案型店舗「誠品生活」が日本初出店。多様な人やモノが集まる街・日本橋の象徴の一つとなりそうだ。(2019/9/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。