ニュース
» 2009年05月13日 18時18分 UPDATE

Twitterの設定変更で苦情殺到 見直しへ

Twitterがリプライ機能の設定に加えた変更に、多くのユーザーが苦情を訴えた。

[ITmedia]

 Twitterはユーザーからの苦情を受け、加えたばかりの設定変更を考え直すことにした。

 同社は5月12日、リプライ機能の設定に変更を加えた。この機能は、Twitter上でユーザー同士がメッセージをやりとりできるもので、メッセージはほかのTwitterユーザーも閲覧できる。

 デフォルトでは、ユーザーは自分がフォローしているユーザー同士のリプライを閲覧できるようになっており、オプションで、自分がフォローしているユーザーと、フォローしていないユーザーとのやりとりも読むことができた。

 だがTwitterは12日の変更で、このオプションを「混乱をまねきがち」だとして廃止した。廃止の理由について、「自分がフォローしていない人に送られたリプライを表示することで、一方通行でかつ部分的なメッセージを見ることを望む人は多くない」と説明している。

 だが多くのユーザーがこの変更に不満を持ち、苦情を訴えた。#fixrepliesチャンネルには多数のユーザーが不満を書き込み、同チャンネルは「流行のトピック」のトップになっている。

ah_reply.jpg

 Twitterのエバン・ウィリアムズCEOはこうした苦情を受け、「別の選択肢を検討している」と自身のTwitterページで明らかにした。

関連キーワード

Twitter | クレーム・苦情


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -