ニュース
» 2009年05月29日 08時59分 UPDATE

音楽の海賊版に対抗か:MP3ファイルを破壊するマルウェア発見

感染すると「海賊行為をやめろ」というメッセージが出て、システム上にあるMP3ファイルを破壊してしまう。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosは、音楽の海賊版阻止を狙ったとみられるマルウェアを見つけたと報告した。「不況で音楽の海賊版の増加が伝えられているが、こんなやり方がうまくいくはずはない」と釘を刺している。

 問題のマルウェアは、インドネシアのSamsonsというバンドの楽曲「Naluri Lelaki」を利用。ファイルにはWinampのアイコンが付いており、一見普通のMP3ファイルに見える。

 しかしユーザーがこのファイルをクリックすると、WinLogon関連のレジストリの一部を書き換えてしまい、以後コンピュータにログオンするたびに、インドネシア語で「海賊行為をやめろ、二度とMP3を使うな」というメッセージが表示されるようになる。さらに、コンピュータ上にあるすべてのMP3ファイルに感染し、破壊してしまうという。

 このマルウェアはインドネシアの幼稚なスクリプトキディが作成したらしいとSophosは解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

マルウェア | MP3 | 海賊版 | Sophos


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -