ニュース
» 2009年06月23日 09時15分 UPDATE

Kodak、コダクロームフィルムの販売を終了 74年の歴史に幕

1935年に登場したスチール写真用カラーフィルム「KODACHROME Film」が今年で販売終了となる。

[ITmedia]

 米Eastman Kodakは6月22日、74年の歴史を持つスチール写真用カラーフィルム「KODACHROME Flim」を今年で販売終了すると発表した。

 同社はその理由として、写真家が新しいKodakフィルムやデジタルイメージング技術へと目を向けるようになり、KODACHROME Filmの売り上げが大幅に減少したためと説明している。現在、KODACHROME Filmの売り上げは、Kodakのスチール写真用フィルムの総売上のうち1%にも満たないという。またKODACHROME Filmは製造も現像も複雑で、現在は世界に1カ所しか現像所がない。このような状況も需要減につながったとしている。

 KODACHROME Filmは1935年に発売され、世界で初めて商業的に成功したカラーフィルムになったという。Kodakは「KODACHROME Filmは象徴的な製品であり、イメージング技術におけるKodakの長年のリーダーシップの証し」だとし、「販売終了は難しい決断だった」と述べている。

 Kodakは、現在の販売ペースで推移した場合、KODACHROME Filmの供給は秋の初めまで続けられると見込んでいる。唯一の現像所であるカンザス州のDwayne's Photoでは2010年まで現像を受け付ける。

 Kodakは最後のKODACHROME Filmロールをジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館に寄贈する。

関連キーワード

Kodak | 写真 | 銀塩カメラ/銀塩写真


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -