ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年06月24日 08時52分 UPDATE

MySpace、海外拠点も再編 日本は影響なし

MySpaceは一部の海外拠点を閉鎖し、従業員を3分の1に削減するが、合弁事業である日本のMySpaceには影響はない。

[ITmedia]

 米大手ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のMySpaceは6月23日、米国外の事業の再編計画を発表した。一部海外拠点を閉鎖し、従業員を削減する。

 この計画では、米国外の従業員450人を約150人に削減し、少なくとも4カ所の海外拠点を閉鎖する。ロンドン、ベルリン、シドニーを海外の主要拠点とし、アルゼンチン、ブラジル、インド、ロシアなどにある拠点の存続を検討する。ただし、中国企業が運営するMySpace China、合弁事業である日本のマイスペースジャパンは再編計画の影響を受けないという。

 同社は既に米国の従業員の削減を発表しており、国外に関しても「米国と同様に、従業員が増えすぎて、現在の市場の状況では持続が難しいことが明らかになった」とオーウェン・バン・ナッタCEOは述べている。

関連キーワード

MySpace | 閉鎖 | 再編 | SNS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.