ニュース
» 2009年07月01日 16時00分 UPDATE

朝日新聞、CNET Japanを事業継承 9月1日から運営へ

朝日新聞社が9月1日以降、CNET JapanやZDNet Japanを運営する。シーネットのメディア事業を会社分割し、新会社の株式を朝日新聞社が取得するという形で調整しているという。

[ITmedia]
画像 左から朝日新聞社の大西弘美デジタルメディア本部長、同社の和気靖デジタルメディア担当、CBS Interactiveインターナショナル部門責任者のアダム・パワー氏、シーネットの神野恵美社長

 朝日新聞社と米CBSのWeb部門でIT情報サイト「CNET」などを運営するCBS Interactiveは7月1日、「CNET Japan」などの事業を朝日新聞社が継承することで合意したと発表した。同サイトなどは9月1日以降、朝日新聞社が運営する。

 朝日新聞社はCBS Interactiveの日本法人・シーネットネットワークスジャパンのメディア事業を継承。「CNET」「ZDNet」などに関するライセンスを結ぶ。CNET Japanや「ZDNet Japan」、ゲーム情報サイト「GameSpot Japan」、鉄道関連情報サイト「鉄道コム」などの日本語サイトを継承する。

 事業継承の具体的な形は「最終調整中」(朝日新聞社の和気靖デジタルメディア担当)だが、シーネットの事業のうち、CBSの日本拠点としての事業を除くメディア事業(記者や営業担当者など約50人)を会社分割し、新会社の株式を朝日新聞社が取得するという形を検討。朝日新聞社の投資額は非公開だが、「シーネットの実績や実力、発展性を踏まえ、相応の評価で合意した」(和気氏)という。

 CNET Japanなどのサイトは「9月1日以降も今と同じ形で続ける」(和気氏)予定。朝日新聞社が運営するニュースサイト「asahi.com」や、団塊世代向け情報サイト「どらく」などとの連携も図っていく。

 CNET JapanやZDNet Japanのビジネスも現状通り、広告主体で展開する。シーネットのWeb広告営業部隊と朝日新聞社の新聞広告営業部隊が連携し、新しい広告商品の開発も検討。シーネットが行ってきたIT関連イベントなどの事業も、両社でシナジーが出る形で続けていきたいという。

 朝日新聞社とCBS Interactiveは、Web事業分野でのパートナーシップを築き、協業の可能性を検討する。CBSのコンテンツを朝日新聞社のサイトで配信したり、朝日新聞社やCNET JapanのコンテンツをCBSの英語サイトや中国語サイトを通じて世界に配信するといったことも検討していく。

関連キーワード

朝日新聞 | CBS | ニュースサイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -