ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「朝日新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「朝日新聞」に関する情報が集まったページです。

朝日新聞社の見解は:
広告表現の責任は誰に? 朝日新聞に掲載された「がん治療」の書籍広告に「科学的根拠ない」と批判広がる
朝日新聞にがんの治療法を紹介する書籍の広告が掲載された。広告内容に専門家から「科学的根拠ない」という批判が広がった。広告表現の責任は?(2019/11/15)

朝日新聞「十分な検討行うべきだった」 専門家から指摘が相次いだ『ガンの新しい治療法』書籍広告について見解示す
広告の内容について、専門家から「科学的根拠がない」など指摘が相次いでいました。(2019/11/14)

公取委、Cookie利用を規制へ 「規制いらない」経団連は反発
公正取引委員会がCookieの利用を規制する方向で検討に入ったと朝日新聞が報じ、Twitter上で話題になっている。公正取引委員会はCookieを含めた個人に関するデータの規制を検討しているが、経団連は「新たな規制は必要ない」と反対している。(2019/10/29)

JASRAC、ネットで物議醸す「音楽教室に潜入調査」報道にコメント 「違法ではないと認識」
JASRACが音楽教室に、職員を約2年間通わせて“潜入調査”していたと、朝日新聞デジタルが7月7日付で報じた。著作権料徴収の正当性をめぐる裁判で、JASRACは、潜入調査した職員の供述を証拠資料にする考え。(2019/7/8)

朝日新聞に“透かし”入り「君の名は。」広告掲載 すごい頑張って1人部屋の中で撮影してみた様子がこちら
腕がつる。(2019/6/30)

動画メディア「bouncy」、朝日新聞社にViibarが譲渡
Viibarが、動画メディア「bouncy」の事業を7月12日付で朝日新聞社に譲渡する。今後は成長領域であるB2B動画事業に経営資源を集中する。朝日新聞社は、2017年から運営する動画メディア「Moovoo」とbouncyを一体的に運営していく。(2019/6/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「コインチェック流出、犯人はロシア系か」 朝日新聞スクープは本当なのか
朝日新聞がコインチェック事件に関して、北朝鮮ではなく「ロシア系による犯行の可能性がある」とする記事を出した。この検証は本当なのか。筆者のこれまでの取材から、北朝鮮のサイバー攻撃の特徴と変化を解説する。(2019/6/20)

「誰が頼んだ」違法ダウンロード対象拡大、人気漫画家も懸念
文化審議会で、違法ダウンロード対象拡大の方針が了承されたと朝日新聞が報道。このニュースを受け、違法ダウンロードの被害者であるはずの人気漫画家からも異論が出ている。(2019/2/13)

むつ市の窓口「マスクなし対応」にネットで批判の声 担当者「必要な人はマスク着用している」と弁明
朝日新聞の記事をきっかけに、青森県むつ市が窓口職員への「マスク非推奨」施策がネットで批判を浴びています。実態を市の担当者に詳しく取材しました。(2019/2/6)

新幹線から見える“謎の看板”「727」、自社Wikipediaのスクショを新聞広告に 「説明するのに手っ取り早い」
化粧品メーカーのセブンツーセブンが1月7日、自社Wikipediaのスクリーンショットを朝日新聞朝刊の広告として掲載した。(2019/1/7)

金融商品取引法違反容疑:
日産のカルロス・ゴーン会長、逮捕か 報酬過少申告の疑いで 一部報道
東京地検特捜部が日産自動車のカルロス・ゴーン会長を任意同行したと『朝日新聞デジタル』が報道。報酬を億単位で過少申告した疑いで、容疑が固まり次第逮捕する方針という。(2018/11/19)

朝日新聞、慰安婦問題訂正記事に「検索回避タグ」設定 「確認漏れだった」と謝罪
検索回避タグを設定して記事の体裁をチェックしていたという。(2018/9/12)

「高校野球の戦評記事」書く“AI記者” 朝日新聞社など開発
朝日新聞社とみんかぶが、高校野球の戦評記事をAI(人工知能)で自動生成するシステムを共同開発した。電子スコアブックに入力したデータを基に文章化する。(2018/8/16)

夏の甲子園の全試合、スマホアプリで視聴可能に 朝日新聞などライブ配信
朝日新聞社が朝日放送テレビと共同で、「第100回全国高校野球選手権記念大会」の全試合をライブ中継。運動通信社のスポーツメディア「SPORTS BULL」のスマホアプリなどで無料で視聴できるようにする。(2018/7/31)

Kindleストアに「自衛隊イラク日報」電子書籍版が登場 個人ユーザーが出版、データは朝日新聞から抽出……これはアリ!?
と思ったら記事を書いている最中に消えてしまった……。(2018/4/26)

「『NAVERまとめ』に無断転載しないで」朝日新聞など7社が申し入れ LINE、34万件を削除
「NAVERまとめ」に無断転載されていた、朝日新聞社など報道7社の写真・画像34万件が削除された。7社の申し入れにLINEが対応した。(2018/4/26)

朝日新聞、就活生に「リクルートスーツで来ていただく必要ありません」と宣言 SNSでは賛否両論
真面目なイメージの会社が呼びかけるとインパクトがあります。(2018/4/3)

スピン経済の歩き方:
それでもやっぱり、サンフランシスコと「姉妹都市」を解消してはいけない
サンフランシスコ市が「慰安婦」像の設置を承認したことで、大阪市長が姉妹都市解消の手続きに入ることを表明した。これを受け朝日新聞は「ちょっと待ってほしい」「冷静に」などと書いたことで、ネット上ではちょっとしたお祭り騒ぎに。本コラムの筆者、窪田氏はこの事態をどのように見ているのかというと……。(2017/11/28)

「Yahoo!ショッピング」検索結果順位について説明を変更 朝日が「広告料払えば検索上位に」と報道
朝日新聞が「どの商品が広告料によって上位にきているのか見分けがつかない」と報じていた。(2017/6/28)

「棋譜」に著作権はある? 「無断中継」なぜNG? 朝日新聞に聞いた
「朝日杯の棋譜中継は権利の侵害に当たります」――「朝日杯」の棋譜を無断で中継したYouTuberに対して、朝日新聞社がこんな要請をして物議をかもしている。どんな権利が侵害されたと考えているのか、朝日に聞いた。(2017/6/22)

朝日新聞、機械学習ベンチャーと自然言語処理で共同研究
AIへの取り組みを強化する。(2017/5/15)

日本市場のニーズに合ったコンセプト開発:
朝日新聞社と集英社、DACがコンテンツマーケティングサービスを提供開始
朝日新聞社と集英社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの3社は5月10日からコンテンツマーケティング支援サービス「TJ BRAND STUDIO」の提供を開始した。(2017/5/12)

「今夜、一緒に歌ってください」 THE YELLOW MONKEYが朝日新聞朝刊に名曲「JAM」の歌詞一面広告
なんて粋なの……(号泣)。(2016/12/31)

「SMAP大応援プロジェクト」朝日新聞朝刊に8ページのぶち抜き応援メッセージ公告掲載 隠しメッセージも存在
SMAPの皆さんにもきっと届いているはず。(2016/12/30)

「SMAP大応援プロジェクト」12月30日の朝日新聞朝刊に1万人分のメッセージ 「見開きどころじゃない」規模で掲載
「私たちはこれからも応援し続けます」(2016/12/28)

紙面いっぱいに黄昏時の糸守町 「君の名は。」1000万人突破で新ビジュアル広告、朝日新聞に掲載
瀧くんが三葉の手に何かしている……!(2016/10/14)

桐山零が朝日新聞に登場だと……? 「3月のライオン」1話・2話が夕刊にまるごと掲載
夕刊の紙面に登場。アニメは10月8日スタート。(2016/9/29)

「群馬県の市職員が格闘ゲーム世界大会で優勝」と虚偽の記事掲載 上毛新聞・朝日新聞が謝罪
上毛新聞と朝日新聞はそれぞれ、「群馬県太田市の男性臨時職員が格闘ゲームの世界大会で優勝した」との記事が事実ではなかったとし、Webサイトから記事を削除して謝罪した。(2016/9/28)

三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を一般向けに発行か
三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を一般ユーザー向けに発行すると、朝日新聞デジタルが伝えた。(2016/6/10)

二松學舍大学が「夏目漱石アンドロイド」作製、大阪大学 石黒教授と共同で
二松學舍大学が、大阪大学 石黒浩教授ならびに夏目房之介氏、朝日新聞社と協力して二松學舍に縁の深い夏目漱石のアンドロイド作製に着手する。(2016/6/8)

第1弾は東京・杉並で:
朝日新聞とサムライト、地域特化の折り込みチラシとWeb広告をワンストップで提供
朝日新聞社と傘下のサムライトは、東京・杉並の地域情報に特化したWebサイト「すぎなみLOVERS」を立ち上げ、共同で運営すると発表した。(2016/5/20)

新聞やデジタルの既存広告商品にコンテンツマーケティング事業を追加:
朝日新聞社がサムライトの全株を取得、オウンドメディア分野に本格進出
朝日新聞社は、企業のオウンドメディア支援を手掛けるサムライトの全株式を取得してグループ会社化することを発表した。(2016/4/14)

写真展:
朝日新聞出版写真部写真展「THE TIME PEOPLE SHARED」
(2016/3/9)

「『脱再販』は意図していない」 筑摩書房、朝日新聞の記事に抗議
筑摩書房は、Amazon.co.jpが行う本の値引き販売に同社のみが参加したと伝えた朝日新聞の報道に抗議した。(2015/12/25)

筑摩書房、朝日新聞記事に「看過できぬ」と抗議 「Amazonの値引きに1社だけ参加」報道に立場は逆だと主張
Amazon.co.jpの値引き販売に、出版社のなかで筑摩書房だけが参加したという報道に抗議。(2015/12/25)

App Town 教育:
3人のヒロインが朝日新聞の「天声人語」を読み上げる学習アプリ「聞かせて天声人語」
朝日新聞社は、朝日新聞に掲載された「天声人語」を3人のヒロインが読み上げる学習アプリ「聞かせて天声人語」をリリースした。(2015/10/15)

朝日新聞「天声人語」を萌えキャラが読み上げる公式アプリ「聞かせて天声人語」登場
朝日新聞社のコラム「天声人語」を萌えキャラが読み上げるアプリ「聞かせて天声人語」が公開された。(2015/10/14)

朝日新聞さん何やってるんですか! 萌えキャラが「天声人語」を読み上げてくれるアプリ「聞かせて天声人語」爆誕
コラムにちなんだクイズに正解するとキャラが成長する謎要素もあります。(2015/10/14)

「下町ロケット2」連載スタート! ドラマ化と単行本出版が同時進行するプロジェクトが始動
朝日新聞、TBS、小学館のコラボプロジェクト。(2015/10/8)

Google、モバイルWeb高速化のオープンイニシアチブ「AMP」立ち上げ Twitterや大手メディアが参加
Googleが、モバイルでのWebページ読み込み高速化を目指す「Accelerated Mobile Pages(AMP)」を立ち上げ、「AMP HTML」をオープンソースで公開した。イニシアチブにはTwitter、Pinterestの他、BBCや朝日新聞など世界のパブリッシャー大手が多数参加している。(2015/10/8)

作者を当ててサイン本をゲット 三省堂書店の「誰本(だれぼん)」第3弾
9月18日に発売する朝日新聞出版のアンソロジー集『「いじめ」をめぐる物語』から出題。(2015/9/7)

「asahi.com」95年当時のトップページを再現 Netscape 1.x推奨、HTML 3.0ベース
朝日新聞社のニュースサイトが20周年を迎えたことを記念し、オープンした95年当時の「asahi.com」を再現したサイトが公開。「Netscape 1.x」の使用を推奨している。(2015/8/10)

「ア・バオア・クー陥落」「一年戦争終結へ」の見出しが踊る 「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」発行へ
特派員が巡洋艦に乗艦して要塞攻略を取材していたようです。(2015/8/5)

朝日新聞、記者のTwitter投稿めぐり謝罪 ナチス旗掲げるデモ写真に「安倍政権支持者」
朝日新聞は不適切なツイートを投稿した記者を「公認記者」から外す措置を取る。(2015/8/5)

もし朝日新聞が機動戦士ガンダムの「一年戦争」終結を記事にしたら
8月6日、「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」が発行される。一面には「ア・バオア・クー陥落」の文字が。(2015/8/5)

朝日新聞、特別編集委員のTwitter投稿を「不適切」と謝罪 公認アカウントから外す措置
朝日新聞は、特別編集委員がTwitterに不適切な投稿をしたとして謝罪。社名を名乗ってTwitterを利用できる「公認記者」から外すという。(2015/8/5)

朝日新聞がベンチャー支援プログラム 提携・出資も視野に
朝日新聞社がベンチャー支援プログラムをスタート。専門家によるアドバイスやプロモーション支援などを提供するほか、朝日新聞グループとの提携や出資を視野に入れる。(2015/7/22)

朝日新聞子会社に不正アクセス 個人情報流出の可能性は「調査中」
朝日新聞社の子会社「朝日トップス」は、同社のコンピュータシステムが海外から不正アクセスを受けたと発表した。個人情報が流出した可能性があるか調査している。(2015/2/19)

幅広い謎の人脈、「第14回MMD杯」に小林幸子さんが選考委員として参加 朝日新聞記者や探偵小説家も
ゲーミングPCブランド、G-Tuneのキャラクター「TUNEちゃん」、「エアーマンが倒せない」などの作詞、作曲などで知られる、せらみかるさんなど7人が選考委員として参加します。(2015/2/13)

朝日新聞社のPC17台がウイルス感染 電子メールなど一部情報が流出
同社では不正アクセスの可能性もあるとみて調査を進めているそうです。(2015/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。