ITmedia NEWS > 製品動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年04月02日 20時11分 公開

朝日新聞社、長文を要約するAPIを無償公開 500字→200字に圧縮、重要事項の自動抽出も

朝日新聞社が指定した字数や割合に長文を要約する「長文要約生成API」を開発。評価用途に限り、無償で利用できる。会議の議事録や、採用活動で受け付けるエントリーシートの速読に役立てられるという。

[ITmedia]

 朝日新聞社は4月2日、指定した字数や割合に長文を要約する「長文要約生成API」を開発したと発表した。評価用途に限り、無償で利用できる。会議の議事録や、採用活動で受け付けるエントリーシートの速読などに役立てられるという。

photo 「長文要約生成API」

 長文要約モデルに同社の過去30年分の記事データなどを学習させたという。文の内容から自動で見出しなどを生成する別のAPIとも組み合わせた。APIキーを取得すればデモサイト上で試せる他、直接APIにリクエストを送ることもできる。

photo 主な機能

 例えば、約500字の長文を200字に圧縮したり、文単位に分解して一文30字以内に要約したりできる。重要事項を自動で抽出した上で圧縮することも可能だ。

photo 要約例

 開発した同社のメディア研究開発センターは2021年4月に社内組織の統合で発足。同センターは「新聞社ならではの豊富なテキストや写真、音声などの資源を活用し、自然言語処理や画像処理などの先端技術の研究・開発を進めていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.