ニュース
» 2009年07月07日 15時26分 UPDATE

ねとらぼ:七夕でTwitterにも“短冊”が 不況反映? 切実すぎる願いも

七夕の7月7日、ハッシュタグ「#tanzaku」を利用した「Twitter短冊」がはやっている。不況を反映してか、切実な願いも多い。

[ITmedia]
photo 「#tanzaku」の検索結果

 「収入源が途絶えませんように」「就職活動がうまくいきますように」――7月7日の七夕にちなみ、Twitter上の“短冊”に、多くのユーザーが願い事を書き込んでいる。

 もちろん本物の短冊ではなく、「ハッシュタグ」の仕組みを利用した“Twitter短冊”だ。ハッシュタグは、発言に特別な「タグ」を付けることで、同じテーマについての発言をユーザーを横断して集め、一覧表示するための仕組み。タグは「#」+「半角英数字」で設定する。

 短冊のハッシュタグは「#tanzaku」。Twitter検索で「#tanzaku」と検索し、投稿された内容を見てみると、願いの多くは切実だ。

 不況を反映してか、「会社がつぶれませんように」「願い事が思い浮かぶぐらい生活に余裕がでますように」「来年も生活が無事回っていますように」など、勤める会社や生活の行く末を案ずる願いが目立つ。

 ダイエットに関する願いも多い。「腰回りがやせますように」「デブが治りますように」や「体重が一割減りますように」とこれもまた切実だ。

 「#sasa」というハッシュタグもあり、#tanzakuと同じように使われている。#tanzakuも#sasaも、Twitterユーザーの「@frog88」さんが7月6日に、「明日七夕か! 願い事を書くハッシュタグないのかな? #sasa みたいな」と発言したことから始まったようだ。

photo 「みんなの願いがかないますように」

 Twitterから一部の願いを抽出し、文字に色を付けて下から上に流して見せるサイト「みんなの願いがかないますように」も登場するなど、“Twitter七夕”が盛り上がっている。

関連キーワード

Twitter | タグ | 七夕


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -