ニュース
» 2009年07月13日 20時34分 UPDATE

MySpaceアーティストが“CD配信” 在庫いらずでアルバム販売

MySpace登録アーティストの楽曲データをネット配信し、購入者が自分のPCでCDにできるサービスが始まった。アーティスト発掘にもつなげる。

[小笠原由依,ITmedia]
photo マイスペースの大蘿淳司社長とポニーキャニオンの桐畑敏春社長

 マイスペースとポニーキャニオンは7月13日、MySpaceに登録したアーティストが、有料で“CD配信”できるサービス「myspaceCD」を始めた。楽曲データをネット配信し、購入者が自分のPCでCD-Rに書き込んで音楽CD(CD-DA)を作る仕組みだ。

 アーティストは、初期費用や在庫なしでCDを販売できる。CD販売で人気が出たアーティストは、ポニーキャニオンがプロデビューを支援するなど、アーティストの発掘にもつなげる。


photo myspaceCD 購入はInternet Explorer 6.0以上か、Safari 1.3.2以上/3.2以上でのみ可能

 ポニーキャニオンとヴィジョネアが開発した「CDクッキー」の技術を採用した。CDを販売したいアーティストは、販売登録をした上で、楽曲ファイルをアップロードし、ジャケット画像やレーベル画像を登録すれば、約2週間後に販売をスタートできる。

 販売価格は、300〜1万円の間でアーティストが設定。手数料50%とサービスの基本使用料(100枚までが販売価格の25%、101枚以上なら無料)を引いた分が、アーティストの取り分になる。

 複数の楽曲を収録した高音質なアルバムを販売でき、曲間の秒数や曲ごとの音量の差も再現可能。ジャケットなどで世界観も伝えられるため、圧縮音源・1曲ずつの販売が基本となっているネット配信と異なり、制作者の意図が伝わりやすいとしている。

 決済は、クレジットカード払いとPayPalに対応し、海外からでも購入しやすくした。「日本のアーティストに対する海外ファンの期待も高まっている。日本のパッケージを世界に発信するのが、アマチュアアーティストの成功の道の1つになっていくのではないか」と、マイスペースの大蘿淳司社長は期待を込める。

 今後1年間で、登録アーティスト2000組突破と、CD売り上げ1億円が目標だ。

優秀なアーティストはプロデビュー支援も

 アーティストの発掘にも生かす。販売登録された楽曲は、ポニーキャニオングループのディレクターやプロデューサーがすべて試聴。優秀な楽曲やアルバムは特設サイトでレコメンドしたり、アーティストに直接連絡を取ってアドバイスをする。

 myspaceCDで販売した楽曲がヒットすれば、実店舗での販売も検討。ポニーキャニオングループがプロデビューもサポートする。「日本版MySpaceはこれまで、アーティスト自身が自らのプロフィールを作成し、人を呼び込むセルフプロモーションの場だったが、今回の取り組みで、人を育てる場になる」(大蘿社長)

 ポニーキャニオンの桐畑敏春社長は、「今の時代は、メーカー側から送り出すだけでなく、ユーザー側から新しいアーティストが生まれてくる。マイスペースと協力し、アマチュアアーティストの発掘、マネジメント、プロモーション、楽曲のディストリビューションを行っていきたい」と話していた。

関連キーワード

MySpace | ポニーキャニオン | 発掘


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -