ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月14日 12時04分 UPDATE

Windows 7の完成は7月後半の見込み

Windows 7のRTM(製造工程向けリリース)ビルドが流出したとのうわさを受け、Microsoftは、まだRTMには至っていないと説明した。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月13日、Windows 7のRTM(製造工程向けリリース)は7月後半になるとの見通しを明らかにした。

 同OSのRTMビルド(完成版)が流出したとうわさされていることを受け、同社はWindows公式ブログで、Windows 7は完成に近づいてはいるが、まだRTMではないと説明した。同OSは多言語展開のため、RTMに到達するにはすべての言語版を完成させる必要があるという。RTMは7月後半になる見込みだと同社は述べている。

 RTMに到達した後、MSDNおよびTechNet会員は数週間後にWindows 7の正式版をダウンロードでき、ボリュームライセンス顧客は9月1日から入手できる。一般ユーザーは10月22日から購入可能で、同日にはWindows 7を搭載したPCも発売される。

 またRTM後、リリース候補版(RC)は2010年6月1日まで利用できる。ただし3月1日からリブートプロセスが始まる(β版と同様に、2時間おきにシャットダウンされるようになるとみられる)。RCからRTMへの直接アップグレードはできず、クリーンインストールが必要になる。

関連キーワード

Windows 7 | Microsoft


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.