ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年07月17日 07時00分 UPDATE

回転手ブレも補正 世界初、ソニーの新「ハンディカム」で

縦・横方向に加え、回転方向の手ブレも補正する世界初の機能を搭載した「ハンディカム」新製品をソニーが発売する。

[ITmedia]

 ソニーは、デジタルハイビジョンカメラ「ハンディカム」シリーズの新製品2機種を8月10日に発売する。手ブレ補正機能で縦と横方向のブレに加え、世界で初めて回転方向のブレ補正にも対応したのが特徴。走る子どもを追いかけながらの撮影などでも安定した映像を撮影できるという。

photo 「HDR-CX520V」(左)と「HDR-CX500V」

 発売するのは、64Gバイトメモリ内蔵の「HDR-CX520V」と32Gバイトメモリ内蔵の「HDR-CX500V」。オープン価格で、実売予想価格はCX-520Vが13万円前後、CX500Vが11万円前後。

photo

 アクティブモード時に3方向の手ブレ補正に対応したのが特徴。縦方向と横方向のブレに対する光学式補正に加え、画像処理エンジン「BIONZ」の信号処理による回転方向の補正が可能という。

 感度を高めたCMOSセンサー「Exmor R」(動画撮影時は有効415万画素)と、12倍ズームレンズを搭載する。内蔵メモリに加え、メモリースティックスロットも備える。サイズは62(幅)×65(高さ)×125(奥行き)ミリ、撮影時の重さは約450グラム。

関連キーワード

ソニー | ハンディカム | 手ブレ補正 | Exmor


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.