ニュース
» 2009年07月24日 12時25分 UPDATE

まぐろ? いいえ、こんにゃくです 酢飯に乗せて“こんにゃく寿司”に

まぐろの赤身のような色つや、形のこんにゃくを、シーフードショーで試食した。味はついていないが、まぐろを食べているような錯覚を覚えた。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 「まぐろの赤身風こんにゃく」

 まぐろの赤身そっくりなこんにゃくが、「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」(東京ビッグサイト、7月24日まで)で展示されており、酢飯に載せた“こんにゃく寿司”の試食もできる。

 こんにゃくの製造販売などを行うニシムラフーズ(福岡県宇美町)が開発した、すし用のこんにゃく。天然着色料で赤色に染め、刺身のような形に整えた。


 「こんにゃくのくさみは限界まで取り去り、さわやかさを残した」(担当者)という。えぐみが出るのを避けるため、まぐろの味は付けていない。

 握ったすし飯の上に乗せると、本物のまぐろのすしと見分けがつかないほど。醤油をつけて試食すると、歯ごたえはこんにゃくっぽかったが、さっぱりした味で酢飯とよく合い、赤身のすしを食べているような錯覚を覚えた。

 カロリーも少ない。マグロの赤身が100グラムあたり125キロカロリーあるが、こんにゃくは7キロカロリーで済むという。

 「若者にもこんにゃくを楽しんで食べてもらいたい」と開発した。業務用として9月に発売する予定だ。「レストランや回転寿司などで『ヘルシーずし』として取り入れてもらいたい」という。家庭用の商品も開発中だ。

 同社は、くじらの尾びれ「おばいけ」風のこんにゃくも開発。食感はこりこりしており、まぐろ風こんにゃくとは全く違う。「食感が本物そっくりだという評価をいただいている」という。

関連キーワード

寿司 | 東京ビッグサイト | カロリー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -