ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「寿司」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

その全貌を明らかにする:
スシローが次世代型店舗オープン 効率化目指す“すごい”テクノロジーの全容に迫る
スシローがテクノロジーを駆使した次世代型店舗をオープンする。作業の効率化と客の満足度向上の両立を狙う。どのようなテクノロジーが導入されているのか?(2019/6/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
郊外型で成長してきたスシローが“首都侵攻”を本格化させる。都内はすしざんまいなどのチェーンが群雄割拠の状態。東京を舞台にした再編は起きるか?(2019/6/25)

イオンリテール、環境配慮の国際認証商品を拡大 魚介類、半分以上切り替え
2020年までに、販売するすしの半分以上について、環境に配慮した方法で調達されたことを示す国際認証を取得した原料にするという。(2019/6/24)

かっぱ寿司の食べ放題、ランチとディナータイムも解禁 全店舗に拡大
事前のWeb・アプリからの予約が必要です。(2019/6/18)

資本業務提携を解消:
スシローと元気寿司の経営統合が“破談” 別々の道を歩むと決意
「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス。元気寿司との経営統合を進めてきたが、“破談”となった。経営戦略の違いなどが鮮明になったことが原因。(2019/6/18)

3つのコースから選ぶ:
かっぱ寿司が食べ放題を全店舗で実施 時間帯も拡大
かっぱ寿司が食べ放題を全店で実施。対象とする時間も平日の午前11時30分〜午後2時と午後5時〜8時に拡大。競合との差別化になるか。(2019/6/18)

リスクを背負える人が欲しい:
くら寿司が年収1000万を出しても幹部候補生を採りたい理由
くら寿司が2020年春入社の新卒採用で年収1000万を提示して幹部候補生を募集している。その狙いは?(2019/6/5)

おかしくなったサラリーマン、ヤバい寿司を握る スーツやiPhoneで握り寿司を作るストップモーション動画がヤバい
※絶対に真似しないでください。(2019/6/1)

「天然マグロ」の品質、AIが判定 職人の目利きと約85%一致
電通など3社が、AIの画像解析技術によって冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を発表。水産加工業者がマグロの検品業務に使用したところ、判定結果の約85%が職人と一致した。高評価と判断したマグロをすし屋に出品した結果、客の約89%から高評価を得た。(2019/5/30)

くら寿司バイトの不適切動画投稿は「友達困らせるため」
回転ずしチェーン「くら寿司」の店舗で撮影した不適切な動画をインターネット上に投稿したとして、当時のアルバイト従業員の少年3人が大阪府警に偽計業務妨害容疑で書類送検された事件で、少年の1人が、動画を撮影した少年と仲が悪くなったため「困らせようと思って動画を投稿した」と供述していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/5/30)

北海道だけで1位のネタも:
スシローの人気ランキングを分析 「東西で違う1位」「エリア別の意外な売れ筋」
全国に521店舗を展開している回転寿司大手スシローで最も売れている商品は何か? 東西で違う1位のネタや、地域別に異なる売れ筋ランキングを紹介する(2019/5/29)

お前もSUSHIに変えてやろうか! 古坂大魔王が三重高校ダンス部とコラボしたスシソングの新作MVが妙な中毒感
みんなSUSHIになる。(2019/5/24)

山手線を攻めるキャンペーンも:
スシローが“首都侵攻作戦”を高らかに宣言 激化する東京の寿司戦争
回転寿司チェーンの“王者”スシローが都心進出を強化する。顧客に向けたキャンペーンも打ち出した。東京都内の寿司チェーン間の競争が激化しそうだ。(2019/5/13)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

PR:ついに駄菓子もすしになる時代が到来 元気寿司で「ベビースターラーメン」のコラボメニューが登場
ベビースターラーメンがすし、スイーツ、茶わん蒸しなどに。(2019/4/15)

ぜったい、あまい スシロー「とろっとプリンどら焼き」&「抹茶すぎるパフェ」が甘党を誘惑している
すし屋スイーツの進化系。(2019/4/9)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

「メルペイ」にクーポン機能 セブン-イレブンのおにぎりが11円 ガストやはま寿司も
「メルペイ」にクーポン機能が追加。第1弾は「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で、対象商品をよりお得に購入できる。今後「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで利用できるクーポンを配布していく予定だ。(2019/3/29)

水曜インタビュー劇場(ふぞろい公演):
“売れない魚”の寿司が、なぜ20年も売れ続けているのか
魚のサイズが小さかったり、見た目が悪かったり――。さまざまな理由で市場に出荷されない「未利用魚」を積極的に仕入れ、宅配寿司のネタにしているところがある。しかも、20年も売れ続けていて……。(2019/3/20)

地方の漁協とタッグ:
復調の兆し見せる「かっぱ寿司」、春商戦で何を仕掛ける?
「かっぱ寿司」運営元のカッパ・クリエイトが2019年春の商品戦略を発表。富山市の漁協と連携し、「白エビ」をネタに使ったすしを期間限定で提供する。サイドメニューやデザートも拡充する。(2019/3/6)

回転レーンの土台は活用:
「回転しない寿司」路線から6年 元気寿司が思い知った“意外な効果”
大手すしチェーンの元気寿司が「脱・回転」路線を打ち出している。回転レーンをやめて、注文された商品のみを特急レーンで提供。国内の152店のうち122店を「脱・回転」させた結果、思わぬ効果が生まれた。(2019/3/4)

牛角、フレッシュネスバーガー、かっぱ寿司でも「PayPay」が利用可能に
コロワイドは、同社が運営する全店舗へスマホ決済サービス「PayPay」を順次導入すると発表。「牛角」「フレッシュネスバーガー」「かっぱ寿司」など50ブランド・2485店舗を対象とする。一部のブランドでは「PayPay」で支払うとお得に食事を楽しめるキャンペーンを行う。(2019/3/1)

ガリとわさびをお好みで:
和食料理人が考案 「くらバーガー」を食べて分かった商品開発の狙い
くら寿司がハンバーガーを開発した。3月1日から発売する。実際に食べてみながら商品開発の狙いを聞いた。(2019/3/1)

くら寿司、国産天然魚100%使用の「KURA BURGER」発売 構想から5年の歳月をかけた本気のハンバーガー
もはやサイドメニューの域を超えた本気メニュー。(2019/2/25)

若者の情弱化:
第二次バカッター合戦到来! バカ発見器再発動の責任は誰か
くら寿司、すき家、セブン-イレブン、そしてバーミヤン……。2013年くらいに続発したバカッター事件(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)と同じような行為が、ここ最近再びニュースになっています。久々のバカ発見器発動を企業リスクの視点で見てみましょう。(2019/2/14)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

くら寿司、不適切動画の従業員2人に刑事、民事での法的措置へ 信用回復と不適切動画続出に一石投じるため
くらコーポレーションが対応を発表。(2019/2/9)

くら寿司、“不適切動画”拡散で謝罪 アルバイト店員がごみ箱へ捨てた食材をまな板へ戻す様子が拡散
法的に厳粛な対応を進めるとしています。(2019/2/6)

ラブホの壁一面に寿司、照明にも寿司、床にも寿司 奇抜な寿司コンセプトの部屋に「逆に行きたい」の声
なぜこんな部屋が……? 経営するSARAグループ担当者に取材しました。(2019/2/6)

スシロー、2月5日・6日に約500店一斉休業 従業員の声受け 全国進出後に初の取り組み
より働きやすい環境作りの一環としています。(2019/2/4)

寿司職人の狂気再び! 『将太の寿司』全話無料公開を漫画サイト「スキマ」が再開 笹寿司の悪行と春を迎えよう
連載終了から18年、「職人たちの現実離れした行動が面白い」とネットでプチブームを起こした『将太の寿司』の無料公開が、再び。(2019/2/1)

「義理」でなく「ブリ」 くら寿司、チョコ入り飼料で育った「チョコぶり」をバレンタインに提供
カカオポリフェノールの抗酸化作用で、切り身の鮮度を維持しやすいのだそうです。(2019/1/24)

くら寿司公式Webマンガ「回転むてん丸」が絵柄に反してガチ過ぎると話題 「虚淵みたいな展開」「後半すごい心が死んでいく」
読んでくれ。(2019/1/23)

「広告費換算」は曲者:
ZOZOざんまいは採算とれたのか
普通なら忌避する炎上行為を自ら起こす人たちがいます。ZOZOタウン・前澤社長の「100万円あげますキャンペーン」や、毎年恒例でマグロ初競り最高値更新をした「すしざんまい」など、その採算を考えましょう。(2019/1/18)

どういうことなの……(困惑) お寿司が超速でサーキットを駆け抜ける謎のレースゲームが「疾走感すごい」と話題に
イキがいいねェ。(2019/1/15)

ガシャポン、回転寿司、メダルゲーム…… 大人も欲しがる『幼稚園』の付録はどうやって作られているのか
発売後、たったの1週間で完売も。(2019/1/10)

中トロ、バフンウニなども投入:
かっぱ寿司の冬商戦、「寒ブリ3貫100円」で挽回へ
かっぱ寿司が12月20日から、100円メニューを強化する施策「イチ押しネタシリーズ」を始める。第1弾は3貫セットで100円の「霜降り寒ぶり三昧」。客足の落ち込みに歯止めをかける狙い。(2018/12/18)

モバイル決済おトク情報(iD編):ドラッグストアや寿司店で使うと抽選で2000〜3000円をキャッシュバック!
モバイル決済のキャンペーンをまとめる短期集中連載。今回はNTTドコモの決済プラットフォーム「iD(アイディー)」に関するキャンペーンをまとめた。(2018/12/14)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
“ロボットで自動化”に潜むリスク 全店舗でPepper導入の「はま寿司」が乗り越えた苦労とは?
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。前例のない新規プロジェクトを実現できた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/12)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
前例ない“Pepperの接客” はま寿司のキーマンは「新規プロジェクト」で社長をどう説得したか
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。来店客の案内をロボットに任せることに決めた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/11)

スシローは“きのこ派”だったんです? 「きのこの山」盛り盛りのキャラメルパフェがスシローに登場
たけのこへの恨み晴らさでおくべきか……(2018/12/5)

驚異の需要予測システム:
回転すしの廃棄率は? くら寿司が「3%」に抑えられるワケ
大手回転すしチェーンではたくさんのすしがレーン上を回転している。くら寿司では「廃棄率3%」を達成している。廃棄を減らす鍵である需要予想システムとは?(2018/12/5)

スシローカフェ部と大学サークル「ochas」がコラボ スシロー初となるカップケーキは見た目も重視
スシローカフェ部の新作は、ふわふわ滑らかーなカップケーキ。(2018/12/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ライバルと明暗 栄華を誇った「小僧寿し」だけが大きく苦戦した理由
かつて2300店超を誇った「小僧寿し」だが、近年は回転すしや持ち帰りすしチェーンの猛追で苦戦していた。同じ持ち帰りのチェーンが踏みとどまってるのになぜ小僧寿しだけ苦戦しているのか。(2018/12/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り
高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

こんなかわいい飯テロ見たことない 羊毛フェルトで作った“おすし”が「かわいい&おいしそう」と話題に
食べちゃいたいぐらいかわいい。(2018/11/10)

寿司専門チャットbot「寿司職人AIガリオ」、カヤックが公開
カヤックが「寿司を極めた」というAI(人工知能)チャットbot「寿司職人AIガリオ<Gario>」を公開した。LINEでガリオと「友だち」になると会話できる。(2018/11/9)

PR:回転寿司の弱点はまさかの「回ること」だった! 「回転しない寿司」を始めた5大回転寿司チェーンの元気寿司を君は知っているか
「回転しないけど回転寿司より便利」という未来。(2018/11/9)

物流ルート変更が……:
鮮魚「水揚げ当日到着」、実は翌日 チムニーに措置命令
刺身と寿司に使う魚が水揚げ当日か翌日に到着したものだとうたっていたのに、実際には水揚げの翌日か翌々日に到着していたものだったとして、消費者庁がチムニーに措置命令。(2018/11/7)

スシローの秋スイーツは「ハロウィーン」! アイスプリンパフェとカタラーナでかぼちゃを満喫
回転すしでもハロウィーンを感じられる!(2018/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。