ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲食店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!レストラン・ファミレス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でレストラン・ファミレス関連の質問をチェック
質問!カフェ・喫茶店→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でカフェ・喫茶店関連の質問をチェック
「飲食店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

飲食店予約サービス「PayPayグルメ」10月27日に開始 最大1000円相当のクーポン配布も
ヤフーは、10月27日に飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を提供開始。公開を記念して予約するたびに使える最大1000円相当クーポンを配布し、登録者数の合計に応じてクーポンが最大6枚増加する事前キャンペーンも行う。(2021/10/13)

出発進行!:
西武新宿駅で職業体験 新宿プリンスホテル利用の子どもが対象
新宿プリンスホテルは10月11日、4〜12歳の子どもが駅員の仕事を体験できる宿泊プラン、レストランプランを発売した。実施は10月30日〜11月23日の特定日。(2021/10/13)

伊勢エビの脱皮をAIで検知、おいしい時期逃さず 夜間の「水槽見張り」から解放
飲食店向けの店舗管理サービスを手掛けるEBILABが、カメラの映像を基にAIで伊勢エビの脱皮を検知する技術を開発した。周期が不規則で予測困難な一方、脱皮直後が最もおいしいとされる伊勢エビの監視にAIを活用し、職人の負担を減らすという。(2021/10/7)

非認証店「不平等」不満の声 コロナ認証制度
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された大阪、京都、兵庫では、酒類提供の条件面で優遇される「認証店」への登録を求めて、飲食店から各府県への申請が殺到している。自治体によっては、要件をクリアしているか確認する現地調査まで約1カ月待たされるケースもあり、非認証店からは「不平等だ」と不満の声が上がっている。(2021/10/7)

新日常の先? 配膳ロボとAIで飲食店の「宿命」回避
飲食業などは基本的に人を集めなければ成り立たないビジネスだ。密や接触という「宿命」を、ロボット技術やAIを駆使して解消する動きが出てきた。背景にあるのは、コロナ禍で強まった「安全・安心」志向がこの先も後退しないという見方だ。(2021/10/7)

最大約5cm離れても高精度に検知:
タッチレス操作の静電ホバータッチディスプレイ
シャープは、画面に直接触れなくても操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を開発した。飲食店での注文用端末、商業施設などにおける案内表示板など、非接触での操作が求められる用途に向ける。(2021/10/7)

伊フィレンツェ、米ロサンゼルスに続き世界3店舗目:
グッチ、東京・銀座にイタリアンレストランをオープン 日本オリジナルメニューも
グッチが東京・銀座にイタリアンレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」をオープンすると発表した。レストラン開設は同社発祥の地である伊フィレンツェ、米ロサンゼルスの高級住宅地ビバリーヒルズに続き3店舗目。(2021/10/5)

感染予防策に300万円超の店舗も:
「緊急事態」半年ぶり全面解除、飲食店に“期待と深い傷”
新型コロナウイルス緊急事態宣言と蔓延防止等重点措置が1日、約半年ぶりに全面解除された。飲食店の夜間の営業時間や酒類の提供制限も段階的に緩和され、飲食店関係者からは期待の声も出るが、大きな収益源を失っていたこれまでの傷も深いという。(2021/10/1)

先行き不透明感も:
酒の注文2倍・ホテル予約は100件以上、動きが鈍いのは? 「緊急事態」解除の沖縄
新型コロナウイルス緊急事態宣言が9月30日に解除され、休業していた多くの飲食店が10月1日から営業を再開する見込みだ。(2021/10/2)

サラダ専門店:
キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く
“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。(2021/9/24)

漁港から15分 「空飛ぶカツオ」ドローン直送
釣れたてのカツオを、ドローンで漁港からレストランに直送する実証実験を、ソフトバンクが「ケンケン鰹」のブランドで知られる産地、和歌山県すさみ町で実施した。実用化に向けては法整備などの課題もあるが、関係者は「漁業の流通スタイルが変わる」と期待を寄せる。(2021/9/21)

「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
初日とはいえ、なかなか厳しそう。(2021/9/18)

ヤフー、「PayPay」ブランドの飲食店予約サービス「PayPayグルメ」 今秋開始
 ヤフーは9月15日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」ブランドを冠した新しい飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を今秋開始すると発表した。「PayPay」と連携したPayPayクーポンの掲載や独自キャンペーン、リピーター獲得などコロナ禍で厳しい飲食業界を支援する取り込みを狙う。(2021/9/16)

飲食店予約サービス「PayPayグルメ」今秋開始 PayPayで事前決済、ボーナス付与も
ヤフーは、新しい飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を今秋開始。初期導入費や固定費は無料で、飲食店の無断キャンセルの抑止を支援。ユーザーには人数や利用したコースに応じたPayPayボーナスや、独自のクーポンを付与する。(2021/9/15)

三木谷氏の「新経連」 若者への接種促進などを要望
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める新経済連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に関する提言をとりまとめた。若者へのワクチン接種を加速し、都道府県をまたぐ移動やイベントへの観客制限、飲食店への規制を撤廃するよう求めた。(2021/9/13)

飲食店での「マジで悲しくなる」出来事描いた漫画に共感続々 「これは飯が不味くなる」「これで行かなくなった」
食べてる方は店内の声が結構耳に入ってきちゃうんですよね……。(2021/9/13)

ガッキー起用で“ぬくもり”表現:
アサヒ、28年ぶりに「アサヒ生ビール」復活 11月には黒生も
アサヒビールは9月8日、飲食店で樽生のみ展開している「アサヒ生ビール」の缶を同14日から全国で発売すると発表した。(2021/9/8)

直撃すると:
サイゼリヤが「マスク強制?」 ネットで賛否
コロナ禍によって飲食店が厳しい状況下での営業を迫られるなか、イタリアンレストランチェーンのサイゼリヤが「マスク着用は強制と明言した」との情報がネット上で広がり、賛否分かれて議論になっている。そもそもマスク強制は本当なのか。同社を直撃した。(2021/9/6)

永夏子、小池徹平&息子2人と“特別なレストラン”で誕生日ディナー 朝起きると壁にガーランド
意外な場所で“外食”を体験。(2021/9/2)

500億円市場 急拡大するクラウドファンディングの光と影
新型コロナウイルス禍で苦境にあえぐ中小企業や飲食店が増える中、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」が急拡大している。金融機関の融資よりも資金集めのハードルは低く、従来なら挑戦できなかったようなプロジェクトが実現可能になった。一方で、企画者の説明が不十分だったり、見通しの甘さによって計画が実行できなかったりといったトラブルも後を絶たない。(2021/9/1)

500億円市場 急拡大する「クラファン」の光と影
新型コロナウイルス禍で苦境にあえぐ中小企業や飲食店が増える中、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」(CF)が急拡大している。金融機関の融資よりも資金集めのハードルは低く、従来なら挑戦できなかったようなプロジェクトが実現可能になった。一方で、企画者の説明が不十分だったり、見通しの甘さによって計画が実行できなかったりといったトラブルも後を絶たない。(2021/8/31)

USJに「鬼滅の刃」コラボレストラン “柱”のメニューが食べられる「藤の花の食事処」など
「牛鍋弁当」をアレンジしたメニューも。(2021/8/30)

Facebook日本版に「レストラン予約機能」 飲食店ページに「予約」ボタン表示
Facebook日本版に「レストラン予約機能」追加。飲食店は、自身のページに「席を予約する」ボタンを表示できる。(2021/8/26)

「551蓬莱」や「ぎょうざの満洲」の繁盛の秘密は? ビジネスの工夫を探る新書『強くてうまい! ローカル飲食チェーン』発売
ローカルチェーンならではの戦略が分かる1冊。(2021/8/25)

30以上の専門店が出店:
ビバホーム、大阪府堺市に大型商業施設「ビバモール美原南インター」を開業
ビバホームは9月4日、大阪府堺市に「ビバモール美原南インター」第1期をオープンする。「生活に密着した新しい商店街」をコンセプトに、ホームセンター「スーパービバホーム」やペットショップ、薬局、飲食店など30を超える専門店で構成する。(2021/8/22)

緊急事態宣言中のお盆休み 飲食店の来店人数、前週比3割増
 飲食店向け予約顧客管理システムの開発、提供などを行うTableCheck(東京都中央区)が、8月15日までの全国飲食店約5200店舗の来店データを集計した。(2021/8/17)

東京商工リサーチ調べ:
ファミレス運営11社の店舗数、コロナ禍で793店減少 「都心部の見直しは避けられない」
東京商工リサーチの調査によると、レストランを運営する上場主要11社の2021年3月末時点の店舗数は8322店で、20年12月末から3カ月間で115店減少したことが分かった。(2021/8/16)

自覚を欠く行動:
テレ朝の五輪担当が打ち上げで飲酒、店外に転落して入院
テレビ朝日は10日、東京都内の飲食店で8日夜に飲酒した同社スポーツ局の社員が退店の際に店外に転落し、足を負傷して緊急搬送されたと発表した。(2021/8/11)

「飲食店でお酒が提供できない為、一升瓶のお酒が売れません!!」醸造会社が窮状訴え 農家にも影響する問題を詳しく聞いた
(2021/8/7)

少女がレストランでアロハシャツ姿のサンタさんを発見!? 2人の出会いとすてきな交流に心が温まる
すてきなエピソード。(2021/8/6)

画像をAIが解析:
ぐるなび、ライブカメラで混雑状況が分かる実証実験 飲食店への送客拡大狙う
ぐるなび(東京都千代田区)は、商業施設の飲食エリアをAIカメラで可視化する「飲食店LIVEカメラ」の実証実験を開始すると発表した。隣席との間隔や店内のスペースが広く、ゆったりしているお店を選びたいというニーズに対応する。(2021/8/5)

隠し扉の奥にハウルみたいな映画の世界 カルシファーが飛び出しそうな長野のレストランが話題、運営者に狙いを聞いた
インディ・ジョーンズを思わせる、遺跡風のバーも。(2021/8/5)

ワクチン接種浸透で客足増え:
酒類提供する飲食店の本音 過料覚悟も「売り上げ好調」
4回目の新型コロナウイルス緊急事態宣言下でも、国や東京都の要請に従わず午後8時以降の営業や酒類提供を継続する飲食店が増えている。(2021/7/21)

苦境に悲鳴:
「いい加減にして」 飲食業界は悲鳴、埼玉で重点措置拡大
新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、埼玉県は20日、蔓延(まんえん)防止等重点措置の対象地域を見直し、さいたま、川口の2市から、川越、所沢、朝霞、志木、和光、富士見の各市などを加えた計20市町に拡大した。(2021/7/21)

7月15日から販売:
大王製紙、紙製のハンガーやマドラーを販売 脱プラ需要に応える
紙製のハンガーやマドラーが誕生した。飲食店やアパレルなどの脱プラ需要に応える狙いがある。(2021/7/15)

麻生財務相「普通に考えておかしい」 金融機関働きかけ問題で
西村康稔経済再生担当相が8日示し、その後撤回した新型コロナウイルス対策で金融機関から飲食店に順守を働きかけてもらうとした方針について、麻生太郎財務・金融担当相は13日の閣議後会見で「(金融庁として)事業者への迅速かつ柔軟な融資をお願いしてきた。融資を止めろというような話は普通に考えておかしい。『ほっとけ』といった」と明らかにした。(2021/7/13)

スピン経済の歩き方:
真面目に運営していても、「飲食店」だけが叩かれるシンプルな理由
4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店がまた攻撃されている。西村康稔経済再生相からは、まるで「反社」扱いされたわけだが、なぜ飲食店はここまで叩かれるのか。背景にあるのは……。(2021/7/13)

最新ロボットはどこまで人の代わりになる? キーワードは“親しみやすさ”? 新人記者が体験してみた
コロナ禍もあり、飲食店の配膳ロボットや、コンビニの商品棚を遠隔操作で陳列するロボットなどの導入が進んでいる。新人記者が触れ合って感じた、最新ロボットが人の代わりに働く上での工夫点などを紹介する。(2021/7/13)

金融機関への情報提供は撤回も:
4度目の緊急事態宣言、飲食店が恐れる“新たな制裁案”とは
東京都で12日、4回目の緊急事態宣言が発令されたが、酒類を提供する飲食店に対する休業要請に応じない飲食店への「制裁」が厳しさを増している。取引金融機関への情報提供こそ撤回されたものの……。(2021/7/12)

7月13日から:
ローソン、餃子の王将とのコラボ商品を販売 コロナで苦しむ飲食店救う
ローソンが餃子の王将とのコラボ商品を販売すると発表した。7月13日からで唐揚げ重とチャーハンの2種類だ。ローソンでは2020年10月からコロナ禍で苦しむ飲食店とのコラボを進めている。(2021/7/9)

東京で4度目の緊急事態:
五輪無観客で900億円が水の泡 飲食&観光業、復調気配も消えた
政府は8日夕、東京都に4度目の新型コロナウイルス緊急事態宣言を12日から発令することを決める。都が当初見込んでいた五輪のチケット収入はパーになりそうだが、酒類を提供する飲食業や、復調の兆しもあった観光業への打撃はより深刻だ。(2021/7/8)

納得できない:
「生活犠牲にしてオリンピックやるのか」緊急事態の延長、観光業界から驚きと不満
沖縄に出している緊急事態宣言について、政府は8月22日まで再延長する方針を固めた。このことに対し、観光業界や、飲食業界からは「納得できない」「国民の生活より東京五輪を優先している」などと憤る声が上がった。(2021/7/8)

特措法に基づく:
東京都、時短命令違反4店に過料25万円 全国初
東京都は6日、今年1月から3月にかけての新型コロナウイルスをめぐる緊急事態宣言発令中に、新型コロナ特別措置法に基づく営業時間短縮命令に従わなかった飲食店4店の運営会社4社に対し、裁判所が25万円の過料を決定したと発表した。(2021/7/6)

グルメサイトで飲食店の感染対策を”採点” 7月中にも導入
西村康稔経済再生担当相が、飲食店が新型コロナウイルスの感染対策を適切に講じているかを、大手グルメサイトを通じて利用者から情報収集するシステムを導入することを明らかにした。「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」の協力を得て、7月中にも開始する方針。(2021/7/5)

減収84社、増収10社:
上場外食企業の総売上、約9000億円減 増収した企業は?
コロナ禍の酒類提供禁止や時短営業など多くの制限をかけられた飲食店。帝国データバンクが発表した調査によると、2020年度の上場外食企業の総売り上げは19年度比約9000億円のマイナスとなったことが分かった。逆にコロナ禍で増収した企業もあるという。明暗を分けた要因は?(2021/7/1)

群馬県・邑楽町がデジタル通貨 子供1人に3000円の食事券
 群馬県邑楽町(おうらまち)は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。(2021/7/1)

群馬・邑楽町がデジタル通貨 子供1人に3千円の食事券
群馬県邑楽町は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するIT企業「トラストバンク」(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。(2021/6/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

自治体で基準まちま:
首都圏、酒類提供「再停止」も 「抜け駆けしたもの勝ち」状態
東京都の新型コロナ感染がリバウンド状態となるなか、政府から飲食店の酒類提供を再停止する案が出ている。各自治体は人数や時間制限を行っているが、要請に従わない事業者も多く、「抜け駆けしたもの勝ち」の状態だという。(2021/6/28)

近所の飲食店が、1週間夕食を作る!:
「料理がツラい」 子育て奮闘中のライオン社員が作った新サービスが、愛されるワケ
ライオンは今年2月、LINEで1週間の夕食作りを近所の飲食店に依頼できるテークアウトサービス「ご近所シェフトモ」をスタートした。サービスを起案したのは、子育てと仕事の両立に励む社内起業家の、廣岡茜さん。サービスが生まれた背景や、テークアウトに特化した理由などを聞いた。(2021/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。